50度洗いで野菜が生き返るって本当?正しいやり方と注意点

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

以前話題になった野菜や果物の「50度洗い」について覚えていますか?
50度のお湯で洗うことで、レタスなどの野菜や果物、お肉や魚までもが驚くほどおいしくなる、という調理法です。
お湯で洗うだけで食材がおいしくなるのですから、まるで魔法のような話でしょう。
しかし、実際に50度洗いによって野菜が新鮮になったり、肉や魚のうまみが増したりするのです。

  • 50度洗いの効果を知りたい
  • 50度洗いをする時間と正しいやり方とは?
  • どのような効果があるのか?

そんな疑問にお答えしましょう。


1.50度洗いとは

50度洗いとは具体的にどのようなものなのでしょうか。
メリットとデメリットをご紹介します。

1-1.50度洗いとは

「50度洗い」とは、もともとスチーミング調理技術研究会代表の平山一政さんが発見した調理法です。
言葉のとおり、食材を50度前後のお湯で洗うこと。
50度のお湯に入れるとヒートショックという現象が起こり、葉っぱの表面にある気孔が開き、細胞に水分を取り込むことができるのです。
そのため、食材がみずみずしく蘇(よみがえ)ります。
特に葉物野菜は収穫した時点から鮮度の低下が進行しており、見た目以上に水分が不足しているのです。
50度洗いによって水分をしっかり細胞内に取り込むことで、茎や根からの吸水以上に、確実に鮮度を上げることができるでしょう。
50度だと食材が煮えてしまうこともなく、水分が吸収されて味や食感がよくなります。
50度洗いは野菜や果物だけではなく、肉や魚にも効果的。
酸化した油や汚れも取り除くことができ、煮込み料理をするときに出るアクの量も減らすことができます。

1-2.鮮度がよくなる

前述したとおり、野菜や果物は50度のお湯で洗うことで気孔が開き、水分を吸収する力が蘇(よみがえ)ります。
その結果、みずみずしさを取り戻すことができるのです。
また、食材の劣化をすすめる酸化物や菌は、50度で洗うことで減少します。
そのため、長く保存できるようになるのです。
花なども50度洗いすることで長持ちする、ということが分かっています。

1-3.うまみや甘みが増える

野菜はもともと「えぐみ」や「渋み」「苦み」などを備えています。
50度で洗うとこういった部分が取り除かれ、アクや臭みの原因を消すことができるのです。
また、酸化物質を洗い流すことで酸素の活動が活発になるため、食材を一番おいしい状態にすることができます。
そして、うまみとともに甘みが増えることになるのです。

1-4.汚れが落ちやすくなる

50度は食材を傷めずに洗いやすい温度でもあります。
野菜や果物などをスーパーで購入すると薬品がかかっているものばかり。
調理する前に洗うのは当然のことですがお湯で洗うことで薬品や虫も洗い流しやすくなるのです。

12