重曹風呂の驚くべき効能とは?作り方と共にご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

料理だけでなく掃除にも大活躍の重曹。
常備しているご家庭も多いでしょう。
実は、重曹はお風呂に入れても効果があるのです。
そこで、今回は重曹風呂の効能や作り方、さらに注意点などをご紹介しましょう。
重曹は食品に使われるくらい無害なものです。
しかし、その反面使い方を間違えると、肌荒れを引き起こすケースもあるでしょう。
今回は、重曹で肌荒れを引き起こさない方法などもご紹介します。
重曹風呂に興味があるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 重曹とは?
  2. 重曹は入浴剤の主成分
  3. 重曹風呂のメリット
  4. 重曹風呂の効果とは?
  5. 重曹風呂の作り方
  6. 重曹風呂の注意点
  7. おわりに

1.重曹とは?

重曹とは、「炭酸水素ナトリウム」の商品名です。
通常は白い粉末で、お湯や水に溶かして使うことも多いでしょう。
重曹は天然の鉱物であり、私たちの生活に古くから使われてきました。
野菜のあくをとったり、食材に混ぜてふわふわサクサクとした食感を出すために使ったりする方は多いでしょう。
ちなみにベーキングパウダーも重曹です。
また、重曹にクエン酸を混ぜて水に溶かせば炭酸水ができあがります。
私たちが清涼飲料水として飲んでいる炭酸水の原料は重曹だったのです。
また、重曹はエコで安価な洗剤としても広く使われています。
重曹は弱アルカリ性ですから、皮脂汚れをはじめとする酸性の汚れがよく落ちるのです。
ですから、皮脂汚れが付きやすい床や壁、風呂の掃除などに使われています。
さらに、重曹は研磨効果もあるのでクレンザーの代わりにもなるのです。
そのため、キロ単位で家に常備しているという方も多いでしょう。