入浴剤にはどんな効果があるの? 選び方とともに紹介します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

寒くなってくると、お風呂に入浴剤を入れてより温まろうという方も増えてくるでしょう。しかし、一口に「入浴剤」といってもいろいろな種類と効果があるのです。

そこで今回は、入浴剤の効果を種類別にご紹介しましょう。入浴剤の効果を知れば、選び方も分かってくるでしょう。もう、ずらりと並んだ入浴剤を前に悩むこともありません。

また、ご家庭にあるもので、入浴剤を作る方法もご紹介しましょう。どの入浴剤を選んでよいか迷うことが多いという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 入浴剤にはどんな種類があるの?
  2. 家にあるものが入浴剤の代わりになる
  3. 入浴剤は使用法を守ろう

1.入浴剤にはどんな種類があるの?

まず始めに、入浴剤の種類と効果をご紹介します。これを知れば、入浴剤の選び方も分かってくるでしょう。

1-1.無機塩類系入浴剤

入浴剤の代表格、バスクリンをはじめとするスタンダードな入浴剤です。主成分は硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、炭酸ナトリウムなど。湯あたりが柔らかくなり皮膚の表面のタンパク質と主成分が結合して膜をはることで、保温効果が高まります。温泉の元などもこの無機塩類系入浴剤に色や香りをつけたものです。冷え性の方や温泉気分を味わいたい方に、おすすめの入浴剤になります。

1-2.炭酸ガス系入浴剤

お湯に入れると、泡を出しながら溶けていく入浴剤です。炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム等とコハク酸、フマル酸、リンゴ酸などが主原料で、これらが血管を拡張させて血行を促進させます。ですから、血液のめぐりがよくなって手足の末端まで温まるのです。手足の先が冷えて困っているという方におすすめの入浴剤になります。

また、面白い形の入浴剤も販売されているので、プレゼントにもよいでしょう。

1-3.薬用植物系入浴剤

いわゆる「薬湯」になります。薬効成分の高い植物をそのままお湯に入れたり、成分を抽出して溶けやすい粉末にしたりした製品があるのです。入浴剤としての歴史は最も古く、保温効果だけでなく、けがや病気にも効果があるといわれています。

スーパー銭湯などでも、薬湯を売りにしているところが多いでしょう。みかんやリンゴなどの柑橘(かんきつ)類やワインなどのお酒をお湯に入れるのも一種の薬湯です。

また、独特の香りも気分をすっきりさせてくれるでしょう。持病のある方や皮膚に疾患のある方におすすめです。

1-4.酵素系入浴剤

最近、注目されて売り上げが伸びている入浴剤です。タンパク質分解酵素、パパイン、パンクレアチン等の酵素を配合した入浴剤で、毛穴の奥につまった皮脂汚れなどを分解して洗い流す効果があります。ですから、背中などのニキビを防止する効果もあるでしょう。

化粧品と同じ美容製品のコーナーで販売されていることも多いです。肌をもっときれいにしたい、という方におすすめでしょう。

1-5.スキンケア系入浴剤

保湿成分を多く含んだ入浴剤で、肌の保湿効果を高めてくれます。冬は、肌が乾燥しやすい季節です。肌が乾燥しすぎると、かゆみが出る人も多いでしょう。そのような方が使用すると、かゆみが起こりにくくなります。

また、肌がカサカサする人にも効果的でしょう。乾燥肌の方におすすめです。

1-6.その他

この他にも、バスソルトや発汗効果のある入浴剤などがあります。また、お湯にとろみを持たせる入浴剤などもあり、不思議な感触を楽しめるでしょう。さらに、暑い夏に使用する入浴剤には、ハッカなどの清涼感のある成分が含まれているものもあるのです。ハッカから抽出された「ハッカ油」には、皮膚に清涼感を覚えさせる効果があります。実際に温度を下げる効果などはありませんから、入浴剤に使われるのです。
 

2.家にあるものが入浴剤の代わりになる

さて、入浴剤の種類やそれぞれの効果については、お分かりいただけたと思います。より温まりたいのか、保湿したいのか、きれいになりたいのか、用途で選ぶと間違いがないでしょう。この項では、家にある物で入浴剤の代わりになるものをご紹介します。入浴剤が急に切れたときに試してみてください。

2-1.重曹

無機塩類系入浴剤には、重曹が含まれています。掃除に料理に大活躍する重曹ですが、お風呂に入れても肌がすべすべになり、保温効果があるでしょう。無味無臭なので、残り湯を洗濯に使っても問題ありません。カップ1くらいの重曹を浴槽に入れれば準備完了です。

2-2.日本酒やワイン

日本酒やワインをお風呂に入れると、炭酸ガス系入浴剤と同じように血管が広がって血行がよくなります。飲み残しの日本酒や、口に合わなかったワインなどを有効利用する方法としておすすめです。ただし、赤ワインを白い浴槽に入れると、色が落ちないことがあります。借家の場合は避けた方が無難でしょう。

また、お酒が飲めない人の場合は皮膚をお酒につけるだけでも、赤くなったりかゆみを持ったりします。心配な方は、お酒を少量入れたお湯を脱脂綿などにひたして、ひじの内側をぬぐってみてください。真っ赤になるようでしたら、お酒をお風呂に入れるのは避けましょう。

2-3.リンゴやみかんの皮

リンゴやみかんの皮をお湯に入れると、よい香りがします。リンゴやみかんの香りにはリラックス効果があるので、ストレスがたまっている場合などに効果的です。そのまま入れるより、半日ほど天日に干してから使用するとよいでしょう。ガーゼで袋を作って入れると、お湯も汚れません。

2-4.米ぬか

漬物用などで売られている米ぬかには、保湿効果があります。江戸時代は米ぬかで体を洗うのが一般的でした。米ぬかをガーゼの袋に入れて、体をこすったりお湯の中でもんだりしてみましょう。米ぬかの保湿成分がお肌をつるつるにしてくれます。ただし、米ぬかを直接浴槽に入れると排水口がつまってしまうので、注意してください。

3.入浴剤は使用法を守ろう

入浴剤は、浴槽のタイプによっては使えないものもあります。お湯が循環するタイプのものは、溶けにくいタイプの入浴剤だとつまってしまうでしょう。

また、バスソルトは溶けにくいので、排水溝がつまってしまう可能性があります。バスソルトを使う場合は、時間をかけて溶かしましょう。岩塩を浴槽に入れる方法もありますが、あまり大きくて重いものを浴槽に入れると壊れます。注意してください。

さらに、発汗効果のある入浴剤は、トウガラシに含まれているカプサイシンが入っていることが多いです。カプサイシンは刺激物で、肌の弱い方が触れるとかぶれる可能性があります。特に、小さい子どもは皮膚が薄いですから、家族で入浴するお風呂にこのような刺激物の入った入浴剤を入れないように注意しましょう。

また、お湯にとろみがつくタイプの入浴剤を入れすぎると、お湯がゼリー状になって流れにくくなります。必ず用量を守って使用してください。万が一浴槽の排水口がつまったら、すぐに修理を呼びましょう。排水が逆流してきたら厄介です。

おわりに

今回は、入浴剤の種類や効果、選び方についていろいろとご紹介しました。

まとめると

  • 入浴剤は種類によっても効果が違う
  • 保温効果の高いもの、保湿効果の高いもの、美容効果の高いものなどがあるので、用途に合わせて選ぼう
  • 身近にあるものも入浴剤代わりになる

ということです。

今は、ホームセンターやドラッグストアに行けばたくさんの入浴剤が並んでいます。ですから、数種類違うものを購入して順々に試してみるのもよいでしょう。ただし、小さい子どもは皮膚が薄いですから、入浴剤の刺激が強すぎる場合もあります。ですから、お子様がいるご家庭で、保温効果や保湿効果を高めたい場合は重曹や米ぬかを使ってみましょう。このふたつならば、元は食品です。ですから、刺激も少なくうっかり口に入っても安全でしょう。

また、発汗作用のある入浴剤は汗で体が冷えてしまいます。湯冷めしないように、お風呂から上がったらすぐに服を着て暖かくしましょう。