風呂の排水のつまりの理由は何? スッキリ解消するコツを教えます!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風呂の排水がつまりやすいと、水が流れなくて困るだけでなく、雑菌やカビの温床となり不潔です。風呂の排水は、つまりが発生しないようにお手入れしましょう。そのためには、原因を正しく知り、適切な方法で掃除することが大切です。しかし、どんな原因でつまるのかよく分からないこともあるでしょう。そこで、今回は、風呂の排水のつまりをスッキリ解消するコツを詳しく解説します。

  1. 風呂の排水のつまりについて
  2. 風呂の排水のつまりを解消する方法
  3. 風呂の排水のつまりを予防する方法
  4. 風呂の排水のつまりに関するよくある質問

この記事を読むことで、風呂の排水のつまりの原因が分かり、適切な対処や掃除をすることができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。


1.風呂の排水のつまりについて

最初に、風呂の排水のつまりについて、解説します。

1-1.風呂の排水の仕組みについて

風呂は、毎日大量のお湯を消費するものです。使用後のお湯は、排水口から排水パイプをとおって下水に流れます。排水口と排水パイプの中間にあるのが、排水トラップです。排水トラップには、常に水がたまるようになっており、下水の臭いが風呂に上がってくるのを防ぐ効果があります。

1-2.風呂の排水がつまる原因

風呂の排水がつまるのは、蓄積した汚れが原因です。たとえば、垢(あか)・髪の毛・石けんカスなどがあります。また、詰め替え用シャンプーのふたや切れ端・カミソリなど、異物がつまっていることもあるものです。排水溝に流さないように注意しましょう。

1-3.風呂の排水がつまるとどうなるか

風呂の排水がつまると、以下のような状態になります。

  • 水が流れない
  • ゴボゴボと音がする
  • 排水溝付近を中心にカビやぬめりが発生する
  • 悪臭がする

2.風呂の排水のつまりを解消する方法

風呂の排水のつまりは、自分で解消できることもあります。対策法や注意点について詳しく解説しましょう。

2-1.風呂の排水のつまりを自分で対策する

風呂の排水のつまりを自分で解消するために必要なものと方法を、それぞれ解説します。

2-1-1.用意するもの

風呂の排水のつまりを直すためには、以下のものを用意すると便利です。

  • 重曹(じゅうそう)
  • クエン酸
  • 古い歯ブラシ
  • 手袋
  • マスク
  • 排水パイプ専用洗剤(特につまりがひどい場合)

2-1-2.解消方法

最初に、手袋とマスクをし、窓を開けて換気のいい状態にしてください。次に、排水のつまり具合を確認しましょう。少量のお湯を注(そそ)ぎ、どんな流れ方をするか観察するのです。空気がゴボゴボと音を立てて流れる場合は、一部がつまっている状態と判断できます。まったく流れない場合は、完全につまっている状態です。排水のふたを開け、内部の様子をチェックしましょう。ドロドロとした汚れや髪の毛がつまっていたら、取り除いてください。次に、重曹(じゅうそう)とクエン酸を流しいれ、少量のお湯を注(そそ)ぎます。30~60分程度放置した後にお湯で流してください。たびたびつまる場合、排水パイプ専用洗剤を使ってみましょう。

2-2.風呂の排水のつまりを自分で対策するときの注意点

風呂用洗剤を使うときは、酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜないでください。有毒ガスが発生して、大変危険です。洗剤を使うときは、必ず使用説明をよく読んでください。また、風呂の排水のつまりがひどく、自分では対応できないと判断した場合は、プロの清掃業者に依頼しましょう。無理やり掃除を続けると、排水部分が壊れてしまうことがあります。また、間違った掃除方法で行っている場合は、時間と労力の無駄になるものです。プロに依頼して、つまりの原因を調べてもらい、キレイにしてもらいましょう。

3.風呂の排水のつまりを予防する方法

風呂の排水のつまりを予防する方法について、詳しく解説します。

3-1.風呂の排水のつまりを予防する必要性と頻度について

風呂のつまりは、普段のお手入れと心がけで予防できます。常に予防を心がけましょう。予防法には、毎日行うものと1週間に1回程度行うもの・業者に依頼するものがあります。それぞれを適切に行うことで、ひどいつまりにならずに済むでしょう。

3-2.風呂の排水のつまりを予防する方法

風呂の排水のつまりを予防するための方法とコツを解説します。

3-2-1.排水をつまらせないための心がけ

排水のつまりで、最も多いものがシャンプー時の抜け毛です。特に、ロングヘアーだと抜け毛の量が多く、1回のシャンプーでも排水がつまることがあります。シャンプーの際には、こまめに手に絡んだ髪の毛を取り去り、排水口に流さないように気をつけましょう。また、入浴時には、排水がつまりそうなもの(カミソリ・ヘアーゴムなど)の置き場所にも注意してください。

3-2-2.日常の掃除で気をつけること

日常の掃除では、浴槽や床・鏡だけでなく、最後に排水口の掃除をしてください。こまめに掃除をしていれば、つまりの予防になります。風呂の掃除は、使用後できるだけ早く行いましょう。時間が経過するほどに、排水の汚れがヘドロ化してこびりつき、つまりの原因となります。

3-2-3.定期的なパイプ洗浄も必要

排水口付近は自分で掃除できても、排水パイプの洗浄は難しいものです。しかし、毎日使い続けていれば、排水パイプに汚れがこびりついてつまりが発生することもあります。1週間に1回程度、排水パイプ用洗浄剤を使用しキレイにすると効果的です。市販の洗浄剤を使ってもつまりが発生する場合は、排水パイプ内にこびりついた汚れや異物が存在する可能性があります。業者に依頼して、排水パイプ内部のチェックをしてもらいましょう。

3-3.風呂の排水のつまりを予防するときの注意点

風呂を使わなければ排水のつまりを予防できると考えるのは、間違いです。時間が経過すると、排水トラップの水に雑菌やカビが増殖する可能性があります。すると、排水がつまりやすくなるのです。また、悪臭や害虫発生の原因にもなります。定期的に水を流すほうが、つまりを予防できるのです。

4.風呂の排水のつまりに関するよくある質問

最後に、風呂の排水のつまりに関するよくある質問に回答します。それぞれ役に立つので参考にしてください。

Q.新築なのに排水のつまりが起こる理由は?
A.排水工事の問題である可能性が高いでしょう。たとえば、排水パイプが下水管とうまく接続できていない・設計ミスなどの理由で、流れにくくなっているのです。至急業者に相談して、チェックしてもらいましょう。業者の落ち度である場合は、無料で修理してもらえます。

Q.業者に依頼すれば今後つまりが発生しないのですか?
A.業者に排水のつまりの修理をしてもらっても、使い方しだいではすぐにつまることもあります。業者がいくらキレイにしても、髪の毛や垢(あか)などを流したままで放置すれば、つまるのです。普段からつまり予防に心がけ、キレイな状態を維持できるようにしましょう。

Q.髪の毛が排水に流れないためのアイデアは?
A.排水口に市販のゴミキャッチャーなどを使用すると効果的です。不織布などでできており、使用後は可燃ゴミとして捨てることができます。また、洗髪する前に髪の毛をとかして、抜け毛をできるだけ取り除いておきましょう。

Q.排水のつまりが起きやすい季節は?
A.特につまりが起きやすいのは、冬です。冬は、気温が下がり、油分が固まりやすくなります。すると、排水に油性の汚れ(皮脂など)が流れたときに、こびりつきやすくなるのです。冬場は、風呂を使った後に、お湯を排水に流してください。固まった汚れがやわらかくなり、つまりを防ぐことができます。

Q.排水のつまり修理を業者に依頼した場合の費用相場は?
A.修理費用5,000~8,000円に交通費などを足して、10,000円程度~が相場です。ただし、排水パイプの交換などが必要になる場合は、100,000円を超えることもあります。料金に関しては、事前に説明してもらい、納得してから依頼してください。なお、悪質な業者は、簡単に修理ができたにもかかわらず、法外に高い費用を請求することもあります。実績や評判を重視し、信頼できる業者に依頼すれば安心でしょう。

まとめ

今回は、風呂の排水のつまりについて詳しく解説しました。風呂の排水は、髪の毛や汚れなどで、つまりやすいものです。中には、自分で直せるものもあります。しかし、何をしても解消しない場合は、業者に依頼して原因を調べてもらいましょう。清潔で快適な風呂を保つためにも排水のつまりを解消し、適切な予防することが大切です。なお、最新式の風呂にリフォームすることで、排水のつまりだけでなくトータルに不満を解消することができます。つまりにくく手入れが楽な風呂になれば、快適です。たびたび風呂のつまりで困るようなら、リフォームも考えましょう。