生理中のお風呂は大丈夫?生理中も安心・安全なお風呂の入り方を解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

生理中は、体を清潔に保(たも)ちたいだけでなく気分もさっぱりしたいもの。
今回は、生理中のお風呂の入り方について、ポイントや注意点をまとめてみました。

  1. 生理中はお風呂に入った方がいい?その理由は?
  2. 生理中の上手(じょうず)なお風呂の入り方
  3. 生理中にお風呂に入らない方が良い場合
  4. まとめ

生理中のお風呂の入り方を知りたい人は、ぜひ読んでくださいね。


1.生理中はお風呂に入った方がいい?その理由は?

生理中は、お風呂に入った方が良いのでしょうか。
ここでは、生理中でもお風呂に入るべきかについて理由を挙げながら解説していきます。

1-1.生理中のお風呂が禁止だったのは過去の話

昔は、生理中にお風呂に入ることは禁止だった時代がありました。
理由は、現在と比べて風呂場の清潔度が高くなかったから。
生理中にお風呂に入ると、風呂の椅子(いす)やお湯の中のばい菌が入りやすいという理由で禁止となったのです。
しかし、生理中のお風呂が禁止だったのはもう過去の話。
皆さんの家の風呂場は、昔より清潔だったりきれいなお湯を使い放題だったりするはずです。
生理中でも大きな問題が無い場合は、お風呂に入っても大丈夫でしょう。
むしろ、メリットが多いので積極的に入ることをおすすめします。

1-2.お風呂に入ると体を清潔にできる

生理中は、血で体が汚れています。
しかも、生理の血を放置するとどうしても不潔になりがち。
また、独特の臭(にお)いも気になるでしょう。
でも、生理中にお風呂に入ることで体に付いた生理の血を洗い流すことができます。
生理中のお風呂は、清潔の面でもおすすめなのです。

1-3.お風呂に入ると気分が楽になる

お風呂に入ることは、体が温めるだけでなく気分も楽になります。
生理中の女性は、どうしても気分が落ち込みやすくなるもの。
生理痛があったり、生理の出血量が多かったりすると、体の負担が大きいだけでなく気分も辛(つら)くなりますよね。
それに、お風呂に入ることで体を清潔にできることも、気持ちを楽にするでしょう。
女性は、自分の体が不潔なことに耐えられないことが多いですからね。
生理中でも、ぜひお風呂に入って気分をリフレッシュしてください。

12