お風呂にかかるガス代や水道代を節約する方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

疲れきった体を癒やすのに、お風呂は大変効果的です。毎日の入浴が楽しみという方も多いと思います。しかし、その反面「お風呂にかかる光熱費が心配」という方もいるでしょう。

そこで今回は、お風呂やシャワーにかかるガス代や水道代についてご説明します。いったいどちらの方がお得なのでしょうか?また、ガス代や水道代をできるだけ節約する方法もご紹介します。これからひとり暮らしをするので節約術を知りたいという方や、光熱費を少しでも減らしたいという方は必見ですよ。

  1. お風呂やシャワーにかかる料金は?
  2. お風呂とシャワー、結局どっちがお得なの?
  3. 節約グッズも時と場合によりけり?
  4. お風呂にかかるガス代・水道代を節約する方法
  5. 光熱費が安いプランがあるって本当?

1.お風呂やシャワーにかかる料金は?

お風呂やシャワーを使うとかかる料金は2つあります。

ひとつはガス代か電気代。もうひとつは水道代です。お風呂を沸かすのに電気代?と思われる方もいるかもしれません。オール電化住宅や、深夜電気温水器などでお湯を沸かす場合はガス代ではなく電気代がかかります。浴槽は小さいものでも200リットルは入るでしょう。

また、シャワーを15分浴びると約180リットルの水を消費するといわれています。

2.お風呂とシャワー、結局どっちがお得なの?

節約の方法を紹介するサイトや雑誌の記事などで、よく話題になるのが「お風呂とシャワーはどちらがお得か?」ということ。実は、この問題はいまだに結論が出ていません。ご家庭の数だけお風呂事情は違います。年頃の女性がたくさんいるご家庭では、どうしても使うお湯の量も多くなるでしょう。

また、よく体を動かす人が多い家だと、1日何度もお風呂に入るというケースもあります。ですから、お風呂とシャワーはどちらがお得かというのは一概にいえません。でも、目安はあります。ひとり暮らしで、入浴がいつも15分以内という場合は、シャワーの方がお得でしょう。15分以内ならば、浴槽にお湯をためるよりも少ない湯量しかかかりません。

逆に家族が多くて、全員がお風呂に入るのに2時間以上かかるという場合は、浴槽にお湯をためたほうがお得です。ですから、「絶対にシャワー(お風呂)がお得」という考え方ではなく、時と場合で使い分けることが大切になります。

3.節約グッズも時と場合によりけり?

節水シャワーヘッドや、浴槽に水入りのペットボトルを沈めるなどお風呂にかかる光熱費を節約する方法はたくさんあります。節約術の中では実践しやすいものが多いので、あれもこれも試したい、という方もいるでしょう。しかし、入浴はリラックスタイムでもあります。

あまり節約にばかり力を注ぐと、落ち着いて入浴できません。光熱費をできるだけ節約しようという気持ちは大切です。でも、ストレス解消のためと思えば少しだけお金がかかってもよいと思いませんか?

特に、ご家族で生活している場合は家族の意見も聞いて節約法を実践してください。「勢いよく出るシャワーを浴びるのが最高」という人もいるのです。家族全員が納得して節約に取り組めば、効果も出やすいでしょう。

4.お風呂にかかるガス代・水道代を節約する方法

では、お風呂にかかる光熱費を節約するにはどのような方法が効果的なのでしょうか?この項では、その中でも実践しやすいものをご紹介します。

4-1.入浴は続けて行う

入浴時間が家族でバラバラだと、光熱費が余計にかかりやすいです。特に、冬は浴槽のお湯も冷めやすく入るたびに追い炊きをしなくてはならなくなります。そんなことをすれば、光熱費はうなぎのぼりですね。ですから、可能な限り風呂は続けて入りましょう。そうすれば、浴室内も温まっているのでシャワーを止めても寒くありません。

4-2.季節によって給湯器の温度を変える

夏はぬるめのお風呂が気持ちよく、冬はその反対です。ですから、1年中同じ温度のお風呂に入るのではなく、季節によって設定温度を変えましょう。そうすれば、季節によって光熱費が安くなります。また、真夏の日中ならば冷水のシャワーも気持ちがよいです。

4-3.お湯の保温シートを利用する

冬は、浴槽のお湯が冷めやすい季節です。そんなときはお湯の保温シートを使いましょう。これをお湯の上に敷いておくと追い炊きの回数が減ります。

4-4.シャワーは最後に一気に浴びる

浴槽のお湯を使って髪や体を洗うのは限度があります。ですから、シャワーを浴びるときは顔や体、髪を洗って最後に一気にシャワーで流しましょう。そうすれば、シャワーを浴びる時間が大幅に節約できます。子どもを複数いれる場合は、子どもをすべて洗ってからシャワーをかけましょう。

4-5.給湯器を見直す

給湯器を変えると光熱費が一気に下がる場合があります。特に、長年使っている場合は給湯器自体が劣化して、お湯を沸かす際に余計なエネルギーがかかっているかもしれません。

また、エコジョーズやエコキュートといった最新式の給湯器にすると、光熱費がぐっと安くなる場合があります。長年同じ給湯器を使っているという場合や大規模なリフォームを計画している場合は、ぜひ給湯器も見直してみましょう。

4-6.お湯は定期的に換えよう

節約のために、浴槽のお湯を捨てずに沸かし直して入り続ける人もいるでしょう。家族の人数が少なければ、それでもかまいません。しかし、家族が3人以上の場合はもったいなくても毎日お湯を換えた方がよいですね。今は、お湯をきれいにしてくれる錠剤などもありますが、それでも限度があります。

また、子どもは新陳代謝が激しいので毎日たくさんの老廃物が出るのです。ですから、子どもが入ったお湯は大人が入ったお湯よりも汚れやすいでしょう。残り湯は洗濯や掃除に使えば無駄になりません。入浴の目的は体を清潔にすることでもあります。節約のために、本末転倒にならないようにしてください。

5.光熱費が安いプランがあるって本当?

電気会社、ガス会社によっては、家に特定の装備をつけるとガス代や電気代が安いプランに加入できます。深夜電気温水器やガス床暖房がその代表例ですね。ガス代や電気代は地域によって大きく異なります。ですから、ご家庭にそのような装備が備えつけられる余裕があるのなら、利用するのもひとつの方法でしょう。

マンションでは、標準装備にガス床暖房などがあり、自動的に安いプランに加入できるようになっているところも多いです。家を建てる際は参考にするとよいでしょう。

おわりに

今回はお風呂にかかる光熱費を節約する方法についてご説明しました。まとめると

  • シャワーかお風呂かどちらが得か、とは一概に判断できない。
  • 節約グッズは家族全員の同意を得てから使おう。
  • 入浴は連続して行うとよい
  • ​季節によって給湯の温度を変えよう。
  • 給湯器自体も見直してみよう。

ということです。

今は浴室自体の設備も進化して、光熱費をあまり使わない仕様になっています。ですから、築年数がたった家の場合は浴室自体のリフォームも視野にいれるとよいでしょう。

光熱費は頑張れば節約できてしまうところですから、夢中になる人もいるかもしれません。しかし、頑張っても1年間で数千円節約できれば良いほうです。ですから、ほかの場所でも節約できるか考えてみましょう。

お風呂の時間を限界まで短くして年間2千円の光熱費が節約できたとしても、ほかで1万円散財したのでは努力が無駄になってしまいます。また、1日何度もシャワーを浴びる人がいる場合は、冷水シャワーも季節によっては行ってもらうようにすると、ガス代や電気代が節約できるでしょう。