風呂場に出てくる虫を退治! チョウバエの発生原因と対策

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

気持ちよくお風呂に入ろうとしたとき、浴室を飛び回る小さな虫。よく見てみるとコバエだったことはないでしょうか。風呂場でハエが飛び回るのは、非常にうっとうしいものです。そこで、虫が出てきたときの駆除や対策方法を知っておきましょう。

  1. お風呂で出てくる虫「チョウバエ」とは
  2. チョウバエがどこから発生する?
  3. チョウバエの駆除方法
  4. チョウバエ発生の予防策
  5. まとめ

1.お風呂で出てくる虫「チョウバエ」とは

お風呂場に入ったとき、室内をブンブンと飛び回る虫がいます。その虫はどのような虫なのかチェックしておきましょう。

1-1.虫の正体

お風呂場に飛び回る虫は「チョウバエ」と言います。ハエよりも小さくて「コバエ」という風に言われることもあるでしょう。
このチョウバエは、体長1~4mほどしかない小さなハエです。洗面台や流し台など水回りに生息してガラスや壁に止まる習性があります。灰黒色で毛が密集しているのが特徴です。

1-2.チョウバエによる被害

チョウバエは集合住宅や飲食店、ビルの浄化槽、トイレの貯水槽など水回りの場所に生息します。
チョウバエが体に止まったり発生したりすることで直接的な被害はありません。しかし、お風呂に入っているときにブンブン飛び回れると気分を害するもの。また、直接的な危害はなくてもチョウバエが住んでいる場所は不衛生な場所です。そのため、菌などを運んでくる可能性があるので注意しましょう。
また、チョウバエの小さいものや幼虫が生殖器や消化器官、目などに入ってハエ症が起こることがあります。

1-3.ハエ症とは

ハエ症とは、ハエの卵や幼虫を体内に取り込んでしまう症状です。ハエや卵が体内に入り込むことで腹痛や下痢になります。
想像すると気持ち悪いですが体内を汚染されたり傷つけられたりすることはありません。すぐに治療しなくても便と共に出てしまいます。しかし、体の中に虫が侵入するというのは避けたいケースです。

12