浴室の排水つまりを簡単にとる方法とは?排水トラブルの対策について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

家の中でもリラックスできる場所になるのが「浴室」です。
浴室が快適ではなくなるとストレスがたまってしまうでしょう。
特に、排水口のつまりには注意しておかなければなりません。
排水が悪くなれば浴室が使いづらくなってしまいます。
そこで、排水口のつまりを簡単にとる方法や流れが悪い・排水がつまる原因、排水口トラブルの対策について詳しく説明しましょう。
排水口のつまりを簡単にとりたい、排水が悪いと感じている人はぜひ参考にしてください。

  1. 排水口のつまりを簡単にとる方法
  2. 流れが悪い・排水がつまる原因
  3. 排水口トラブルの対策
  4. まとめ

1.排水口のつまりを簡単にとる方法

毎日使うお風呂場だからこそ、快適な空間にしておきたいものです。
排水が悪くなればなるほど、水の流れがスムーズにいかなくなります。やがて掃除しにくく、汚れがたまってしまうでしょう。
もし、排水口がつまったときは次の方法を試してください。

1‐1.汚れを落とす「重層」や「クエン酸」を利用する

さまざまな汚れやシミを落としてくれると言われている「重層」や「クエン酸」は効果的です。
浴槽にこびりついている汚れだけでなく、排水口のつまりもとることができます。
重層、またはクエン酸どちらか1つを利用しても良いです。より効果を高めるなら混ぜることをおすすめします。
重層とクエン酸を混ぜたものを排水口に流してください。そして、何分間が放置しておきましょう。放置しておくと自然とつまりが解消します。
特に、排水口の中が石けんカス、アルカリ性の汚れでたまっている場合は重層+クエン酸が効果的です。
近くのスーパーマーケットや薬局で簡単に手に入るでしょう。
重層とクエン酸はほかの掃除にも使えるので1つ持っておけばとても便利なアイテムです。

1‐2.水酸化ナトリウム配合のトイレ用洗剤

重層やクエン酸のほかに、水酸化ナトリウムが入っている「トイレ用洗剤」も効果的です。
ほとんどのトイレ用洗剤には水酸化ナトリウムが入っています。
水酸化ナトリウムは排水口の中にあるぬめりや汚れを落とす力を持っているのです。
また、トイレ用洗剤はほとんどの家庭にあるものなので新しく買う必要もありません。排水口に流しこむだけで効果を発揮します。
掃除が面倒に感じる人でも簡単につまりが解消できるでしょう。
ただし、水酸化ナトリウムが入っているトイレ用洗剤は注意が必要です。
重層やクエン酸などと混ぜてしまえば、毒となる塩素が発生してしまいます。よって、事前に混ぜてはいけないものをしっかり確認しておきましょう。
そして、使用する際は必ず換気を心がけてくださいね。

1‐3.頑固な汚れや固形物の場合

場合によってはトイレ用洗剤や重層・クエン酸ではつまりがとれないこともあります。排水口に誤って固形物を落としてしまうケースはあるでしょう。
固形物が排水口に入ってしまった場合、無理にとり出そうとしてはいけません。
手がはさまる、ケガをする恐れがあります。無理をせず、専門の業者に依頼したほうが安全です。
排水に問題がなくても固形物の放置は絶対にやめてください。
放置すればするほど工事する際に費用が高くついてしまいます。
また、頑固な汚れがついている場合も専門の業者に依頼したほうが効率的でしょう。
自分で対処したほうが良いのか、それとも業者に見てもらうのか判断してください。

12