浴室の排水つまりを簡単に解消する方法は?排水トラブルの対策について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

家の中でもリラックスできる場所になるのが「浴室」です。浴室が快適ではなくなるとストレスがたまってしまうでしょう。特に、排水口のつまりには注意しておかなければなりません。排水が悪くなれば浴室が使いづらくなってしまいます。

そこで、排水口のつまりを簡単にとる方法や流れが悪い・排水がつまる原因、排水口トラブルの対策について詳しく説明しましょう。排水口のつまりを簡単にとりたい、排水が悪いと感じている人はぜひ参考にしてください。

  1. 排水口のつまりを簡単にとる方法
  2. 流れが悪い・排水がつまる原因
  3. 排水口トラブルの対策

1.排水口のつまりを簡単にとる方法

毎日使うお風呂場だからこそ、快適な空間にしておきたいものです。排水が悪くなればなるほど、水の流れがスムーズにいかなくなります。やがて掃除しにくく、汚れがたまってしまうでしょう。もし、排水口がつまったときは次の方法を試してください。

1‐1.汚れを落とす「重曹」や「クエン酸」を利用する

さまざまな汚れやシミを落としてくれると言われている「重曹」や「クエン酸」は効果的です。浴槽にこびりついている汚れだけでなく、排水口のつまりもとることができます。重曹またはクエン酸どちらか1つを利用しても良いです。より効果を高めるなら混ぜることをおすすめします。重曹とクエン酸を混ぜたものを排水口に流してください。そして、何分間が放置しておきましょう。放置しておくと自然とつまりが解消します。

特に、排水口の中が石けんカス、アルカリ性の汚れでたまっている場合は重曹+クエン酸が効果的です。スーパーマーケットや薬局で簡単に手に入るでしょう。重曹とクエン酸はほかの掃除にも使えるので1つ持っておけばとても便利なアイテムです。

1‐2.水酸化ナトリウム配合のトイレ用洗剤

重曹やクエン酸のほかに、水酸化ナトリウムが入っている「トイレ用洗剤」も効果的です。ほとんどのトイレ用洗剤には水酸化ナトリウムが入っています。水酸化ナトリウムは排水口の中にあるぬめりや汚れを落とす力を持っているのです。

また、トイレ用洗剤はほとんどの家庭にあるものなので新しく買う必要もありません。排水口に流しこむだけで効果を発揮します。掃除が面倒に感じる人でも簡単につまりが解消できるでしょう。ただし、水酸化ナトリウムが入っているトイレ用洗剤は注意が必要です。重曹やクエン酸などと混ぜてしまえば、毒となる塩素が発生してしまいます。よって、事前に混ぜてはいけないものをしっかり確認しておきましょう。そして、使用する際は必ず換気を心がけてくださいね。

1‐3.頑固な汚れや固形物の場合

場合によってはトイレ用洗剤や重曹・クエン酸ではつまりがとれないこともあります。排水口に誤って固形物を落としてしまうケースはあるでしょう。固形物が排水口に入ってしまった場合、無理にとり出そうとしてはいけません。手がはさまる、ケガをする恐れがあります。無理をせず、専門の業者に依頼したほうが安全です。排水に問題がなくても固形物の放置は絶対にやめてください。放置すればするほど工事する際に費用が高くついてしまいます。

また、頑固な汚れがついている場合も専門の業者に依頼したほうが効率的でしょう。自分で対処したほうが良いのか、それとも業者に見てもらうのか判断してください。

トイレ用洗剤で排水口のつまりを直すこともできるんですね。
はい。しかし、洗剤を使ってもつまりが解消しない場合は、業者に依頼しましょう。

2.流れが悪い・排水がつまる原因

2‐1.石けんカスやシャンプーなどの汚れ

流れが悪くなる、排水がつまる原因は一体何なのでしょうか。つまりを解消するには原因をハッキリ把握しておかなければなりません。お風呂の排水口がつまる原因は主に“石けんカス”や“シャンプー・リンスなどの汚れ”です。石けんやシャンプー・リンスは毎日使うものになります。だからこそ、少しずつ汚れがたまってしまうのです。

よって、お風呂の排水口は定期的に掃除することがポイントになります。早く汚れを落とさなければ余計落としにくくなってしまうでしょう。「流れが悪くなったかな」と思ったときは、自分の目で排水口を確認してみてください。

2‐2.気をつけておきたい髪の毛

石けんやシャンプー・リンスの汚れと同時に多い原因が“髪の毛”です。特に、ロングヘア―の人や家族の人数が多い家庭では流れる髪の毛の量が非常に多くなります。お風呂の排水口があっという間に髪の毛で埋まってしまうでしょう。髪の毛が多くなればなるほど絡まりやすく、水の流れが悪くなってしまいます。

さらに、髪の毛によってほかのゴミや石けんカスもたまりやすくなるので注意しなければなりません。髪の毛のせいで皮脂や石けんカスなどがたまる、悪循環ができてしまいます。そして、悪い臭いもただよってくるでしょう。悪循環から抜け出すためにも、排水口を定期的にチェックしてくださいね。

排水口がつまる原因は1つではないのですね。
はい。髪の毛や石けんかすなど、いろいろなものがつまりの原因になります。

3.排水口トラブルの対策

3‐1.排水口のつまりを落としやすくするポイント

排水口のつまりが頻繁に起きる人は、掃除するときに工夫をしてください。排水口がつまる原因を把握しておけば、事前に対策ができるでしょう。対策はもちろん大切です。けれども、掃除をするときの工夫が排水口トラブルの対策につながります。

そこで、おすすめしたいのが排水口を洗い流すときの“お湯”です。つい冷水で流してしまいがちですが、お湯で洗い流しましょう。お風呂の排水口につまりがちな皮脂汚れなどはお湯のほうが落としやすいです。しかし、熱すぎるお湯は逆効果になります。熱すぎず、ぬるま湯程度の温度で洗い流してください。

また、使用した湯船のお湯を使う人は多いでしょう。けれども、湯船にはたくさんの皮脂や汚れが浮いています。できれば、新しいお湯を使って掃除をしてください。

3‐2.日ごろからできる排水口のつまり対策

排水口のつまりを防ぐには日ごろの行いが大切になります。最も効果的な対策は“定期的なお手入れ”と“日々のお手入れ”になるでしょう。基本的にお風呂は毎日使った後掃除するものです。浴槽や浴室の床だけでなく、排水口もしっかり確認していきましょう。

毎日自分の目で確認しておけば、つまりが悪くなって逆流することもありません。汚れやつまりの状態を確認して、少しでも異変があれば掃除することが大切です。日々のお手入れでは排水口にたまっている皮脂の汚れや髪の毛をとっていきましょう。そして、定期的なお手入れでは徹底的に汚れをとりのぞいてください。

たとえば、使用済みの歯ブラシを使ってぬめりをとる、トイレ用洗剤や重曹を使ってつまりをとるなど日々のお手入れよりも徹底しましょう。最初は大変に感じるでしょうが、毎日の積み重ねが大切です。できるだけ毎日続けていけば、排水口のつまりも少なくなります。

自分でできトラブル対策もあるんですね。
はい。つまりの予防は、ぜひ実践してください。

まとめ

排水口のつまりを簡単にとる方法や流れが悪い・排水がつまる原因、排水口トラブルの対策について説明しました。まずは、排水口がつまる原因を知ることが大切です。原因を把握して効果的な方法でつまりをとってください。皮脂汚れや髪の毛によるつまりは、自宅にある「重曹」、「クエン酸」、「トイレ用洗剤」などで簡単にとりのぞくことができます。しかし、固形物や頑固な汚れは難しいです。無理につまりをとろうとはせず、専門の業者に依頼したほうが安心でしょう。

そして、つまりが解消した後はこまめに排水口のチェックをしてください。日々のお手入れと定期的にする入念な掃除でつまりにくい環境にしていきましょう。