浴室にミストサウナが欲しい人必見!効果と費用はどのくらい?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ミストサウナの効果はどのようなものなのでしょうか。
健康や美肌作りのために、浴室にミストサウナを設置する方法があります。
後付けリフォームを検討している人も多いのではないでしょうか。
特にお肌の状態が気になる女性は、ミストサウナに興味がある人も多いと思います。

  • ミストサウナの美容効果を知りたい
  • 種類やリフォームにかかる価格は?
  • メリットだけじゃなくデメリットもあるのか?

そんな人たちに、ミストサウナの魅力をまとめてみました。


1.ミストサウナとは

サウナと聞くと銭湯にあるような灼熱(しゃくねつ)の中を耐えるものをイメージする人も多いでしょう。
しかし、ミストサウナはそういったものとは全く違います。
まずは、ミストサウナとはどのようなものなのかをご紹介しましょう。

1-1.ミストサウナとは

ミストサウナは、機器に内蔵してあるノズルから、約60度の温水が霧となって噴射する仕組みになっています。
銭湯にあるようなサウナは「ドライサウナ」で、温度が高く湿度が低いのが特徴です。
人によっては刺激が強すぎて、体に負担をかけてしまうこともあるでしょう。
ミストサウナは、温度が低く湿度が高いのが特徴。
温度による刺激や喉の渇きも少なく、息苦しさを感じることもありません。
清潔でやさしい霧が全身を包み込み、楽に汗をかくことができるでしょう。
ミストサウナが噴射する水の粒は「霧雨と霧の中間くらいの大きさ」と考えると分かりやすいと思います。

1-2.ミストサウナの効果

では、ミストサウナの効果にはどのようなものがあるのでしょうか。
まずは、発汗作用です。
ミストサウナを入浴時に10分間浴びるだけで、発汗に有効と言われています。
通常入浴の発汗量と比べて約1.5倍以上という調査結果が出ているのです。
現代人は体温調節機能が低下しており、体はいつも乾燥気味。
汗をかかないでいると体温調節の機能はさらに弱まり、体内の老廃物が出にくくなってしまいます。
ミストサウナを使うことで、汗をかくことを日常的なものにすることができるのです。
また、ミストサウナには洗浄機能もあります。
発汗により毛穴が開くことで、皮膚の汚れや老廃物、古い角質も一緒に出て行くことになるでしょう。
細かなミストによってその老廃物が浮き上がり、取り除いてくれるのです。
男性の方も、老廃物をきれいに洗い流すことで、気になる顔の脂をスッキリすることができるでしょう。
ほかにも、保湿作用があります。
発汗によって内部にも水分が補給され、みずみずしい素肌を作り出すことができるのです。
汗と一緒に分泌した皮脂が天然のクリームのような膜を作り、肌の乾燥を防いでくれるでしょう。

2.ミストサウナの種類

ミストサウナには「マイクロミスト」と「スプラッシュミスト」の2種類があります。
マイクロミストは霧が非常に細かく、浴室で本を読んでいてもぬれにくいのが特徴です。
「ミストを浴びている」という感覚はほとんどないでしょう。
一方のスプラッシュミストは、マイクロミストよりも水の粒が大きく、霧雨が降り注ぐようなイメージ。
微細なミストをしっかり浴びて、爽やかな気分になれます。
「たっぷり汗をかきたい」「本を読みながら長時間ミストを利用したい」というときはマイクロミストを利用するとよいでしょう。
「水滴をしっかり浴びたい」「爽やかさを味わいたい」というときは、スプラッシュミストがおすすめです。

3.ミストサウナのメリット・デメリット

では、ミストサウナにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
ご自宅に取り入れる前に、じっくり考える上でぜひ参考にしてみてください。

3-1.体への負担を減らすことができる

お湯に肩まで浸(つ)かって入浴する全身浴は、水圧によって体の末端から内蔵までを圧迫します。
そのため、心臓や呼吸器系に負担がかかってしまうのです。
ミストサウナはお湯に浸(つ)からないため、血圧や脈拍の変動が少なく、体への負担を少なく済ませることができます。

3-2.リフレッシュ効果がある

ミストサウナには、気持ちが落ち着く効果もあります。
自律神経の1つである交感神経には気持ちを高める作用があり、副交感神経には気持ちが落ち着く効果があるのです。
この2つの神経を刺激する温度はそれぞれ違い、ミストサウナで温度調節することで働きかけることができるでしょう。

3-3.浴槽への介助が不要

介助が必要な家族がいる場合は、ミストサウナの導入によって介助が楽になります。
介護用のミストシャワーを利用することで、ミストの効果により浴槽に入らなくても体を清潔に保つことができるのです。
家族の介護負担を減らすことができるでしょう。

3-4.デメリットは衛生面と費用

ミストサウナを使用すると浴室全体にお湯の粒子が広がるため、水滴が付着してカビが発生しやすい環境になります。
この点がミストサウナのデメリットと言えるでしょう。
カビの発生を回避するためには、換気をよくすることが最も効果的です。
しかし、最近は1つの機能として乾燥機能が付いているタイプが多くなっているため、そこまで気にする必要はないでしょう。
また、ミストサウナを設置するためには、ガス給湯器も一緒に導入する必要があります。
そのため、その分の費用が高く付いてしまうというデメリットもあるでしょう。

4.ミストサウナの設置にかかる費用と注意点

自宅の浴室に設置できるミストサウナには、天井に取り付けるビルトインタイプと、壁面などに取り付けるタイプのものがあります。
いずれも価格は本体だけで約4~30万円前後。
さらに、取り付けにかかる費用がプラスになるでしょう。

4-1.天井に取り付けるタイプ

浴室のユニットバスを交換リフォームするときであれば、浴室換気乾燥機とミストサウナが1台になった天井埋め込み型がおすすめです。
取り付けが簡単で浴室内がスッキリするでしょう。
このタイプの機種でも、半日~1日程度のリフォーム工事で設置することが可能です。

4-2.壁に取り付けるタイプ

すでに浴室リフォームは終わってしまった、もしくはリフォームの予定はないという場合は、簡単に後付け可能なミストサウナユニットがよいでしょう。
浴室暖房乾燥機とミストサウナが一体になった壁掛け型のものもあります。
熱源機とセットで使用することになるでしょう。

4-3.設置時の注意点

ミストサウナの機種によっては、ユニットバス専用など、設置場所や浴室構造によって制約がある場合も。
また、浴室内や脱衣室に湿気が発生する原因になる場合もあるため、入浴後は「換気扇を付ける」「浴室内を拭く」などの注意が必要です。
ただし、ミストサウナに浴室乾燥機脳が付いているものであれば、単独タイプのものよりも浴室内の湿気がこもりにくくなります。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
自宅の浴室にミストサウナを設置すればいつでもサウナの気持ちよさを味わうことができます。
美容や健康によいのはもちろん、リフレッシュ効果によって日ごろのストレスを発散することもできるでしょう。
ミストサウナの魅力を知って、ぜひリフォームを検討してみてください。