お風呂場の窓を断熱したい! DIYで行うにはどんな方法があるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風呂場に窓があると、湿気がこもりにくく開放感がでます。そのため、風呂場に窓のついた家を作ったり物件を借りたりする人も多いことでしょう。しかし、風呂場に窓があると冬場は寒くなりやすい、という欠点もあります。
そこで、今回は風呂場の窓を断熱する方法を紹介しましょう。

  1. 風呂場の寒さと窓との関係
  2. 風呂場の寒さと健康の関係
  3. 風呂の窓を断熱する方法
  4. 浴室暖房機について
  5. 風呂場の寒さ対策に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、DIYで断熱をする方法もよく分かります。冬の風呂場が寒くて困っているという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.風呂場の寒さと窓との関係

風呂場は多くの場合、家の北側に位置しています。そのため、特に冬は日が当たりにくく室温が上がりにくいでしょう。また、窓があると、お湯で温まった浴室の暖気が窓から入る冷気で冷やされて下におりてくる「コールドドラフト現象」も起こります。さらに、窓枠に隙間があれば寒風も浴室内に入ってくるでしょう。そのため、窓のある浴室は無窓の浴室よりも、冬は寒くなりやすいのです。

2.風呂場の寒さと健康の関係

暖かい室内から急に寒い風呂場へ、そして温かい湯船の中へと移動すると、温度変化によって血圧が急激に変化し、体に負担がかかります。脳出血や心筋梗塞などの引き金になることも、珍しくありません。このような症状をヒートショックと言い、特に高齢者には注意が必要です。また、若い年代もヒートショックにより、失神して転倒する事故が起こる可能性もあるでしょう。

3.風呂の窓を断熱する方法

この項では、風呂場の窓を断熱する方法を解説します。DIYでどのくらいの効果が期待できるのでしょうか?

3-1.DIYで断熱する方法

こん包用緩衝材(通称:プチプチ)や、スタイロフォームという断熱効果の高い発泡スチロールを使えば、自分で断熱効果を高めることはできます。こん包用緩衝材は、両面テープなどを利用して窓に直接貼りましょう。それだけでも一定の断熱効果が得られます。また、スタイロフォームは窓枠の大きさを測り、それにすっぽりはまるようにカットして窓にはめ込んで使用しましょう。発泡スチロールですから、工作用のカッターで簡単に切れます。キリのようなもので穴をあけ、ひもを通せばはめ込むのも、取り出すのも簡単です。

3-2.窓枠に隙間がある場合

窓枠に隙間がある場合は、ホームセンターで販売されている、窓枠の隙間を防ぐテープやクッション材を使いましょう。m単位で売られているので、好みの長さに切って使ってください。しかし、あまり隙間がひどい場合は窓枠のリフォームを考えましょう。

3-3.注意点

こん包用緩衝材やスタイロフォームをつけっぱなしにしていると、窓や窓枠にカビが生える原因になります。ですから、貼りっぱなしにせず、お風呂を使い終わったら外しましょう。また、風呂場の窓が大きい場合は、DIYで断熱を行うにも限度があります。ですから、風呂場の窓が原因で冬は浴室内が寒くてたまらないという場合は、リフォームを検討しましょう。

4.浴室暖房機について

浴室暖房機とは、風呂場に取り付けて乾燥や暖房を行える器具のことです。現在は、最初から浴室乾燥・浴室暖房が設備として組み込まれている風呂場もあります。また、エアコンのように後付けも可能です。燃料は電気やガスで、電力会社やガス会社が盛んに宣伝しているものも多いでしょう。浴室暖房気をつけると、電気料金やガス料金が割引になることもあります。
なお、ガス浴室暖房機を利用したいという場合は、給湯器も専用のものが必要です。そのため、後付けでガス浴室暖房機を利用したいという場合は、給湯器から交換する必要があります。まだまだ給湯器が使える場合は、電気式の乾燥機を後付けした方がいいでしょう。一方、ガス給湯器が寿命を迎えて交換したいという場合は、ついでにガス浴室暖房機をつけるという方法もおすすめです。これならば、ガス料金の割引が適応できてガス代がお得になることもあります。ちなみに、ランニングコストは1時間当たり、ガスが93円、電気が99円とそれほど変わりません。浴室暖房を24時間つけっぱなしにすることはほとんどありませんから、後付けする場合は、工事費や浴室暖房の料金などで機種を選びましょう。なお、リフォームなどで新しく浴室暖房機を付ける場合は、ガス浴室暖房機の方が、暖房だけでなく乾燥や涼風といった機能もついていて便利です。

5.風呂場の寒さ対策に関するよくある質問

Q.ガス浴室暖房機と電気浴室暖房機を後付けする場合、どのくらい費用がかかりますか?
A.ガスの方は、給湯器込みで40万円前後、電気の場合は10万円前後です。電気の方がお得でしょう。

Q.風呂場の窓をふさいでしまうことはできますか?
A.できますが、工事が大がかりになるので2重窓にするなどして断熱対策をするほうがおすすめです。

Q.賃貸住宅の場合、浴室暖房を後付けすることはできますか?
A.賃貸の場合は勝手に工事をすることはできません。大家さんや管理会社の許可を得るか、別の方法でお風呂場を温めてください。

Q.寒冷地で浴室に窓をつける場合は、やはり2重窓にした方がいいでしょうか?
A.はい。寒冷地は夜間とても冷えます。お風呂場に窓をつける場合は2重窓にしないとお湯がすぐに冷める、窓枠が凍る等のデメリットが大きくなるでしょう。

Q.お風呂場を南向きに造れば、冷えにくくなりますか?
A.確かに冷えにくくはなりますが、その分家の間取りが使いにくくなってしまう可能性もあるでしょう。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は風呂場の窓の断熱方法を紹介しました。DIYでもある程度窓の断熱は可能ですが、冬はお風呂が震え上がるくらい寒くなるという場合は、浴室暖房機を入れるなど、本格的なリフォームを考えた方がいいでしょう。また、家を建てる場合は、お風呂に窓をつけるメリットとデメリットをよく考えてください。現在の換気扇は性能がよいので、無理に窓をつけなくても、カビが生えにくいお風呂場を造ることは十分にできます。特に、大きい窓は後からの断熱が難しいことを覚えておきましょう。