必見! 浴室の嫌な臭いをとるコツとは!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

バスタイムは、身体や心の緊張感を解きほぐし、1日の疲れを癒(い)やしてくれるもの。最近では、半身浴による血行不良の改善など、健康面からも注目されています。
気持ち良い時間を過ごすためにも、浴室の清潔は常に心がけたいところですよね。
しかし、お風呂場は、水蒸気により湿気がたまりやすく、カビができやすいのが難点。放っておけば、カビ菌が繁殖して、臭いを発生することもあるでしょう。
そこで、この記事では、浴室が臭くなる原因とその対処法について解説していきます。

  1. お風呂の臭いの原因は?
  2. 臭いの元を断つ!その対処法とは?
  3. 浴室のキレイをキープ!悪臭予防対策

1. お風呂の臭いの原因は?

お風呂は私たちの身体を清潔に保つために入るもの。
しかし、その場所が汚れていたり、臭いが気になったりするようでは、本末転倒ですよね。
お風呂の臭いと一口にいっても、その種類は、いくつかに分かれます。ここでは、それぞれの臭いの特徴と原因について、解説していきましょう。

1-1. カビくさい

カビの臭いは、絵の具のような墨汁のような独特の「こもった臭い」が特徴です。常に暖かく多湿なお風呂場はカビにとって好条件!天井・タイル・浴槽などいたるところに繁殖します。

1-2. ドブ臭

ドブ臭とは公共の雨水や汚水が流れる水路をイメージした臭いのことです。特に、お風呂場のドブ臭は、生活排水による腐ったような異臭を放つもの。ドアを開けた時のムッと周囲を圧迫するような臭気は、排水溝の滑りが主な原因といえるでしょう。

1-3. 酸っぱい臭い

鼻にツンとくる酢のような「酸っぱい」臭い。この臭いの原因は、人の皮脂が酸化分解して発生した発酵臭から来ています。人間の皮膚にある常在菌が、湿気の多い場所で繁殖したために起きる現象です。

12