浴室乾燥機の電気代は安くできる!設置前に知っておきたい6つのこと

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「浴室乾燥機を設置したい」という人は多いと思います。どの家庭にもある洗濯物の悩み。「屋外に干すと花粉やPM2.5の影響が気になる」「部屋干しはしたくない」などの困りごとを解決するために、近年急速に普及してきているのが浴室乾燥機です。電気の力で温風や冷風を作り出し、浴室を乾燥した状態にするため、防カビ効果も絶大と言われています。このように、メリットは多くても気になるのは電気代ですよね。使い方によってはエアコン以上に電気代がかかってしまうため、上手な利用方法を知っておく必要があるでしょう。この記事では、浴室乾燥機のお得な使い方などをまとめてご紹介します。

  1. 浴室乾燥とは?
  2. 浴室乾燥機の解説
  3. 浴室乾燥の電気代はどのくらいなのか?
  4. 浴室乾燥のお得な使い方を紹介
  5. 浴室乾燥機の設置について
  6. 浴室乾燥の電気代にかんするよくある質問

この記事を読むことで、浴室乾燥機の電気代を節約する方法がわかります。便利な浴室乾燥機を賢く使いましょう。


1.浴室乾燥とは?

まずは、浴室乾燥についてご紹介します。そのメカニズムや目的はどうなっているのでしょうか。

1-1.通常の換気とは違う

浴室乾燥は、浴室内を換気する設備のことです。基本的な換気はもちろんのこと「乾燥」や「暖房」などの機能により、浴室内を乾燥した暖かい空気で満たし、洗濯物を干すスペースとして最適なものにします。その能力は換気扇よりはるかに上であり、設置することで洗濯物やカビなどの悩みをすべて解決できるでしょう。

1-2.メカニズムと機能

浴室乾燥機は熱源の違いによって2種類あります。一つは電気を熱源としたもので、本体内で作り出した熱によって乾燥や暖房を行うしくみです。特にヒートポンプ式は浴室以外の空間から空気を吸い込んで熱をためこむしくみになっており、省エネ対策としても有効的と言えます。もう一つはガス温水器を熱源とするタイプで、浴室外に設置した熱源機の中でお湯を循環して熱を作り出すものです。機能は主に「浴室乾燥」「洗濯乾燥」「浴室暖房」ですが、中には冷房機能が付いた商品もあり、夏場の浴室環境を快適なものにすることもできます。

1-3.目的

浴室乾燥の目的にはさまざまなものがあります。

  • 浴室乾燥機能で換気と乾燥を素早く行い、カビの発生を防ぐ
  • 天気や花粉の影響を気にせず洗濯物を干すことができる
  • 入浴前に浴室暖房のスイッチを入れておくことでヒートショックを予防できる

以上が、主な目的となるでしょう。何を求めるかによって、付いている機能を選択することになります。

1-4.最近の傾向

浴室乾燥機が設置されている家庭は、今や珍しくありません。最近は8割以上の新築マンションに設置されており、新築一戸建てでも半数の家庭が導入しているという調査結果です。今後、浴室乾燥機が生活の必需品になっていくことも十分考えられるでしょう。

2.浴室乾燥機の解説

浴室乾燥機の具体的な効果や種類、そのほかの機能について解説します。

2-1.効果

浴室乾燥機の効果はどの程度なのでしょうか。もちろん洗濯物の状態にもよりますが、浴室乾燥機を使って干したところ、4時間程度で完全に乾くという調査結果があります。通常、真夏の屋外でもない限り洗濯物が4時間で乾くということはまずないでしょう。そう考えると、浴室乾燥機の威力がいかに優れているかわかると思います。実際に、浴室乾燥機を設置した家庭のほとんどが「その効果に満足している」と答えているため、設置にはやはり大きなメリットがあるのではないでしょうか。

2-2.種類

浴室乾燥機には、熱源や設置方法、機能によってさまざまなタイプがあります。

2-2-1.熱源による種類

大きく分けると「電気式」と「ガス温水式」があります。電気式にはセラミックヒーターやグラファイトヒーター、ヒートポンプ式などがあり、近年はエネルギー効率のよさでヒートポンプ式が人気です。ガス温水式は電気式よりもランニングコストが抑えられると言われていますが、熱源機や配管設備が必要になるため、初期費用が高くなる傾向にあります。

2-2-2.設置方法による種類

形状で分類すると「天井埋め込みタイプ」と「天井付けタイプ」「壁掛けタイプ」があります。最近は薄型設計のものも増えてきているため、すっきりした浴室空間を確保できるという面で天井埋め込みタイプが人気です。このタイプだと24時間換気が可能な機種もあります。

2-2-3.搭載機能による種類

主な機能には「浴室換気」「浴室乾燥」「浴室暖房機能」「衣類乾燥機能」「涼風機能」などがあります。そのほかにも、メーカー独自の機能を持つタイプも登場しているため、ぜひチェックしてみてください。

2-3.メーカー紹介

浴室乾燥機は、主に給湯器の販売を行っているメーカーで取り扱っています。ノーリツやリンナイ、パナソニックを始め、TOTOや日立などの浴室乾燥機も人気です。どのメーカーからも省エネシステムを採用した商品が販売されており、電気代を節約しながら利用できるものが注目を集めています。

2-4.そのほかの機能

浴室乾燥機の主な機能は「換気」「乾燥」「暖房」「衣類乾燥」ですが、そのほかに注目を集めているのが「ミストサウナ機能」の付いた商品です。ミストサウナには発汗作用や保湿作用があり、リラックス効果だけでなく美肌効果も十分に期待できます。より快適なバスタイムになること間違いないでしょう。そのほかにも、カビ抑制機能や防臭機能の付いた浴室乾燥機なども人気を集めています。

3.浴室乾燥の電気代はどのくらいなのか?

では、気になる電気代について調べてみましょう。

3-1.消費電力と電気代

浴室乾燥機の消費電力は、ドライヤーとほぼ同じであると言われています。数値で言うと1,000W台になるため、その消費電力がいかに大きなものかおわかりいただけるでしょう。もちろん電力単価はメーカーによって異なりますが、年間の電気代を計算すると、どのメーカーの商品でも40,000~50,000円台になります。「浴室乾燥機を設置してから電気代が高くなった」という家庭も多いのではないでしょうか。

3-2.ガス式と電気式の比較

浴室乾燥機にはガス式と電気式がありますが、どちらが安く済むのでしょうか。電気式浴室乾燥機の場合、1時間あたりの電気代は20~50円という計算になります。ガス式は電気式よりも威力が大きいため、衣類が乾きやすいのが特徴です。そのガス代は1時間あたり約60円と言われており、ガス式の方が高いということになります。ただし、電気式の場合は省エネモードを上手に利用しないと電気代がガス代以上に高くなってしまうこともあるため注意が必要です。

3-3.洗濯機の乾燥機と比較

洗濯機の乾燥機と比較するとどうでしょうか。狭い空間の中で洗濯物に温風をあてて乾かす洗濯乾燥機と比べると、やはり浴室乾燥は電気代が高くなります。その差はなんと6倍以上と言われており、洗濯乾燥機の方が格段に安い電気代で利用できるというわけです。省エネなヒートポンプ乾燥の洗濯乾燥機だとさらに差がつきます。

3-4.洗濯乾燥機にないメリット

「安い電気代で洗濯物を乾かすことができるなら、洗濯乾燥機でよいのでは?」と思う人も多いでしょう。確かに、洗濯物を乾かすということだけを目的にしているならそうなります。しかし、浴室乾燥機の暖房機能により脱衣所と浴室との温度差を少なくすることは、特に小さなお子様や高齢者のいる家庭では大きな役割を果たすでしょう。また、24時間換気システムはシックハウス対策になり、ご家族の健康的な毎日を守ります。

4.浴室乾燥のお得な使い方を紹介

そんなメリットの多い浴室乾燥機を、電気代を抑えながら使う方法があります。ぜひ参考にしてみてください。

4-1.コストをかけない使い方とは?

コストを抑えて浴室乾燥機を利用する方法は以下のとおりです。

4-1-1.夜間電力を使用する

電気料金プランによっては、夜間の時間帯に電気代が安くなります。このプランを利用すると、夜間の電気代が日中よりも6~7割も安くなるということをご存じでしたか?この時間帯に浴室乾燥機を使って洗濯物を乾かすようにすれば、年間で10,000円程度の節約になります。

4-1-2.ほかの乾燥方法と併用する

浴室乾燥機だけでなく、ほかの乾燥方法と併用して洗濯物を乾かしてみましょう。たとえば、扇風機や除湿器、エアコンなど浴室乾燥機よりも電気代が安いものを併用することで、浴室乾燥機を使う時間を短くします。この方法だと全体的にかかる電気代を大きく節約できるでしょう。

4-1-3.仕上げ使用をする

使用時間を短くするという点では上記と同じですが、乾ききらなかった洗濯物の仕上げ乾燥として浴室乾燥機を使用する方法もおすすめです。「屋外で洗濯物を干していたら途中で雨が降ってきた」というケースも多いと思います。そんなときは浴室乾燥機でカラッと乾かしてしまいましょう。また、気温の高い日中は室内干しをして、仕上げに浴室乾燥機を使うことで、使用時間を短縮する方法もおすすめです。

4-1-4.こまめにフィルター掃除を!

浴室乾燥機のフィルターにほこりがたまってくると乾燥効率が落ちてしまいます。そのまま使い続けていると無駄な電力を消費することになるのです。フィルターの掃除は最低でも月に1回はするようにしてください。

4-2.オール電化について

オール電化の住宅では、深夜の電気料金を安く使える契約体系のものがほとんどです。一般的な従量電灯契約と比べると半額以下になるため、このしくみを利用して浴室乾燥機を活用するのが一番でしょう。夜洗濯をして就寝前に浴室に干し、浴室乾燥機のタイマー設定をしてから寝ると、朝にはすっかり洗濯物が乾いているということになります。オール電化を導入している家庭なら、浴室乾燥機をお得に使用することができるのです。

4-3.電気プランについて

通常、電気の契約プランには「重量電灯」と「時間帯別電灯」というものがあります。従量電灯契約とは、時間帯に関係なく、電気の使用量に応じて課金されるというものです。一方の時間帯別電灯はオール電化住宅に採用されるもので、午後11時から翌日午前7時までの電気料金が割安に設定されています。逆に日中の電気料金がやや割高になるため、生活スタイルに合わせて選択するようにしましょう。「夜間の安い電気料金を利用して浴室乾燥機を使いたい」という人は、電気プランの見直しをしてみるのも一つの手です。

5.浴室乾燥機の設置について

浴室乾燥機を設置するために知っておくべき料金や業者選びのポイントなどをご紹介します。

5-1.タイプ別料金を紹介

浴室乾燥機を設置するには、本体価格のほかに工事費がかかります。工事費は業者によって差があり、20,000円~40,000円が相場です。本体価格と工事費を合わせると、電気式が100,000円以内、ガス温水式が100,000円以上になると考えておいてください。商品のグレードによっては、全部で400,000円近くかかることもあるでしょう。天井タイプと壁掛けタイプとでは、本体価格に大きな差はありません。ただし、換気扇の開口部のサイズを調整する必要があるときや、天井の補強工事が発生する場合などは、費用が高額になるでしょう。

5-2.浴室乾燥機がおすすめなのはこんな家庭!

浴室乾燥機を設置するべきか迷っている人も多いでしょう。おすすめしたいのは以下のような家庭です。ぜひ参考にしてみてください。

  • 共働きで洗濯する時間帯が夜になることが多い
  • 屋外に洗濯物を干したくない
  • 室内干しをするスペースがない
  • 家族が大人数なので洗濯物の量が多い
  • 高齢者がいるので浴室の寒さが気になる

5-3.業者選びのポイント

業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 浴室乾燥機設置の実績が豊富である
  • 高い技術力を持つ作業員がいる
  • 事前に見積もりを出してくれる
  • 疑問点に対して的確に答えてくれる

このような業者は、良心的であると判断してよいでしょう。

5-4.アフターフォローについて

浴室乾燥機を設置した後でトラブルが発生することも考えられます。そのため、アフターフォローの充実した業者を選ぶことが大切です。「給湯器SHOP エコの店」では、10年間の無料工事保証をご用意しています。トラブルが起きたときには24時間365日対応していますので安心してお任せください。

5-5.注意点

業者から提示された見積書はすみずみまでチェックするようにしてください。わからない項目があるときは、すぐに質問するようにしましょう。料金にかんするトラブルは特に発生しやすいものです。インターネットでもその業者の口コミや評判などをチェックして、信頼できる業者かどうか確認することをおすすめします。

6.浴室乾燥機の電気代にかんするよくある質問

浴室乾燥機の電気代が気になるという人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

6-1.換気、乾燥、暖房、涼風では、どの機能の電気代が最も高いのですか?

A.乾燥と暖房は1時間に約30円、涼風は0.5円、換気は0.4円の電気代がかかります。乾燥と暖房が最も電気代が高くかかるため、工夫しながら使用する必要があるでしょう。

6-2.ヒートポンプ式の浴室乾燥機はなぜ電気代が安いのですか?

A.浴室以外の部屋の空気から回収した熱を使って乾燥や暖房に使っているためです。威力も強く、電気ヒーター式の半分の時間で洗濯物を乾かすことができます。

6-3.浴室乾燥機のミストサウナ機能は使うと息苦しくなりませんか?

A.銭湯などにあるドライサウナとは違い、低温で高湿度なため息苦しくなりません。お肌の乾燥対策にも効果があるためおすすめです。

6-4.壁掛けタイプの浴室乾燥機にはどのようなメリットがありますか?

A.既存の換気扇を外すか上から取り付ける後付けタイプのため、大がかりな工事が必要ないという点がメリットです。

6-5.浴室乾燥機の設置にかかる費用の相場を知るためにはどうしたらよいですか?

A.業者によって差があるため、事前に複数の業者に見積もりを依頼し、比較する方法があります。そうすることで、大まかな相場を知ることができるでしょう。

まとめ

浴室乾燥機の電気代について、年間どのくらいかかるのか、安く抑えるためにはどうしたらよいのかなどを詳しくまとめました。浴室乾燥機の需要は年々高まっており、今後マイホームを購入したりリフォームしたりする際には、設置を検討する人も多いと思います。浴室乾燥機があると生活がどのように快適なものになるのかを考え、気になる電気代についても悩みを解消してください。この記事を参考にして、お得に浴室乾燥機を使う方法があるということを知りましょう。