浴室乾燥機や浴室暖房を設置したい!!どんな種類や効果があるの!?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

天気が悪いと洗濯物がなかなか乾かなくて困る。
室内干しですっきりと洗濯物を乾かしたい。
このような悩みを抱えている方は多いでしょう。
そんなときに便利なのが浴室乾燥機。
新築の一戸建てやマンションには、浴室暖房とともに標準装備になりつつあります。
今回は、浴室乾燥機のメリットや取りつけ方、さらに活用方法などをご紹介しましょう。
実は、浴室乾燥機は単に洗濯物を浴室で乾かせるようになるだけではありません。
私たちの健康を守ってくれる機能もあるのです。

  1. 浴室乾燥機の機能や効果とは?
  2. 浴室乾燥機を取りつけたい、どこに依頼すればいいの?
  3. 浴室乾燥機の値段や工事費の相場とは?
  4. 浴室乾燥機のトラブルとは?
  5. 浴室乾燥機の寿命はどのくらい?
  6. 浴室乾燥機にかんするよくある質問

浴室乾燥機なんて必要ないと思っている人ほど、機能や効果が知らない、ということはよくあること。
ぜひこの記事を読んで浴室乾燥機の効果を知ってみてください。
そうすれば、設置に前向きになりますよ。


1.浴室乾燥機の機能や効果とは?

まず始めに、浴室乾燥機とはどのような設備なのか、ということをご紹介します。
ただ洗濯物が浴室で乾かせるだけではないのです。

1-1.浴室乾燥機の効果

浴室乾燥機は、給湯器を熱源として温風を浴室内に送り、洗濯物を乾かす設備機器です。
最近は洗濯機と乾燥機が一体になった製品も多いですが、それよりも多量の洗濯物を乾かせます。
また、防カビ、防臭効果のある乾燥機も増えてきているのです。

1-2.乾燥以外にできること

浴室乾燥機とはいうものの、その性能は乾燥だけではありません。
多くの製品が、「浴室暖房機」と一体化しています。
浴室は、家の中で最も温度差が激しくなりやすい場所です。
そのため、特に冬は高齢者が「ヒートショック現象」で、健康に深刻な悪影響を受けることも珍しくありません。
浴室に暖房がつけば、寒い冬でも快適に入浴ができるでしょう。
また、冷房や涼風も使える機器がほとんどです。
さらに、乾燥機は洗濯物を乾かすだけではありません。
浴室自体も乾かしてくれます。浴室の乾燥というと、換気扇や窓が一般的でした。
しかし、それでは入浴後の湿気はとりきれません。
特に、窓のないマンションやアパートの浴室だと、カビに悩まされるところも少なくないでしょう。
浴室乾燥機を設置すれば短時間で浴室を乾かし、カビやぬめりを防止できます。
さらに、最新の製品になるとミストサウナなどご家庭でエステが楽しめる機能などがついているものもあるのです。

1-3.浴室乾燥機の種類

浴室乾燥機は、給湯器が沸かしたお湯を使って温風を作ります。
そのため、給湯器がガスか電気かによって、乾燥機も種類が決まってくるのです。
ガス給湯器を使っているけれど、電気が動力源の乾燥機をつけたい、ということはできませんので注意しましょう。

1-4.浴室乾燥機の形

浴室乾燥機は、大きく分けて天井に埋め込む(ビルトイン)タイプ、天井につけるタイプ、壁につけるタイプの3種類があります。
ビルトインタイプは、天井裏に本体を設置しますので、天井がすっきりとするでしょう。
新築で浴室乾燥機が標準装備の家は、このタイプが設置されているところがほとんどです。
また、このタイプはトイレや脱衣所など複数の場所を換気できる機能がついています。
マンションは、浴室乾燥機1台で浴室の乾燥、冷暖房、換気、トイレ等の水回りの換気を賄っているところも多いでしょう。
そのほかのタイプは、リフォームで取りつけられることがほとんどです。
築年数がたった家の場合は、壁掛けタイプになることが多く、築年数が浅いけれど浴室乾燥機がついていないというところは天井につくタイプが選ばれやすい傾向にあります。

1-5.浴室乾燥機を製造、販売しているメーカーとは?

浴室乾燥機を製造、販売しているメーカーは、給湯器を販売しているメーカーとほぼ同じです。
つまり、ガスを動力源とした浴室乾燥機を製造販売しているのは、パロマやリンナイ。電気を動力源とした浴室乾燥機を販売しているのは三菱やパナソニックなど、家電メーカーです。
また、トイレのメーカーとして有名なTOTOも、電気浴室乾燥機を販売しています。