浴室の床はどう掃除する? 汚れの種類を知って適した掃除と予防を!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

浴室の床をどうやって掃除するべきか、お困りではありませんか? 一日の疲れや汚れを落とす場所である浴室は、常に清潔にしておきたいものです。汚れが目立つ浴室では、ゆっくりと快適なバスタイムを過ごすことができませんよね。しかし、浴室の床は汚れやすく、きれいな状態を維持するためには掃除や汚れ予防のコツを知っておくことが必要です。この記事では、浴室の床が汚れる原因やおすすめの掃除方法、汚れを予防する方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 浴室の床の汚れについて
  2. 浴室の床を掃除する方法
  3. 浴室の床の汚れを予防するには
  4. 浴室の床の汚れに関するよくある質問

この記事を読むことで、浴室の床を常にきれいな状態にする方法が分かるはずです。ぜひ参考にして、悩みを解決してください。


1.浴室の床の汚れについて

まずは、浴室の床が汚れる原因や汚れやすい床材などをご紹介します。

1-1.汚れやすい箇所

浴室の床は、洗い流した体の汚れや、シャンプー・入浴剤などが残りやすい場所です。そのため、こまめに掃除をしなければ汚れがたまってしまいます。特に汚れやすいのは、溝になっている部分やフチの部分です。簡単な掃除では汚れが落ちないため、いつの間にか汚れが蓄積して頑固な黒ずみ汚れなどの原因になります。

1-2.汚れる原因

浴室の床が汚れる原因には、以下のようなものがあります。

  • 石けんやシャンプーの成分
  • 皮脂や垢(あか)などの脂汚れ
  • カビ
  • 水垢(みずあか)

1-3.汚れの成分や種類

汚れの成分によって適切な掃除方法は変わってきます。水垢(みずあか)はアルカリ性、人の皮脂汚れは弱酸性、石けんカスは酸性です。つまり、浴室の床にはさまざまな種類の汚れが付着しているということになります。また、こういった汚れはカビの栄養源となるため、塩素系の洗剤を使用する必要もあるのです。

1-4.床材について

浴室の床材には、樹脂床材やカラリ床・タイル床材・木製床材などがあります。床材の種類によって付着しやすい汚れや適した掃除方法があるため、事前に特徴を確認しておきましょう。

  • 樹脂床材:耐水性に優れており、掃除がしやすい。水はけのよい加工が施されているものもある
  • カラリ床:乾くのが速く、カビが生えにくい。汚れがたまってくると乾燥に時間がかかるようになる
  • タイル床材:目地に水分が残りやすく乾きにくい。大判タイルは掃除がしやすいためおすすめ
  • 木製床材:乾きにくく、木の腐敗やぬめりの発生が多い。防水・防カビ加工されたものもある
12