浴室の床はどう掃除する? 汚れの種類を知って適した掃除と予防を!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

浴室の床をどうやって掃除するべきか、お困りではありませんか? 一日の疲れや汚れを落とす場所である浴室は、常に清潔にしておきたいものです。汚れが目立つ浴室では、ゆっくりと快適なバスタイムを過ごすことができませんよね。しかし、浴室の床は汚れやすく、きれいな状態を維持するためには掃除や汚れ予防のコツを知っておくことが必要です。この記事では、浴室の床が汚れる原因やおすすめの掃除方法、汚れを予防する方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 浴室の床の汚れについて
  2. 浴室の床を掃除する方法
  3. 浴室の床の汚れを予防するには
  4. 浴室の床の汚れに関するよくある質問

この記事を読むことで、浴室の床を常にきれいな状態にする方法が分かるはずです。ぜひ参考にして、悩みを解決してください。


1.浴室の床の汚れについて

まずは、浴室の床が汚れる原因や汚れやすい床材などをご紹介します。

1-1.汚れやすい箇所

浴室の床は、洗い流した体の汚れや、シャンプー・入浴剤などが残りやすい場所です。そのため、こまめに掃除をしなければ汚れがたまってしまいます。特に汚れやすいのは、溝になっている部分やフチの部分です。簡単な掃除では汚れが落ちないため、いつの間にか汚れが蓄積して頑固な黒ずみ汚れなどの原因になります。

1-2.汚れる原因

浴室の床が汚れる原因には、以下のようなものがあります。

  • 石けんやシャンプーの成分
  • 皮脂や垢(あか)などの脂汚れ
  • カビ
  • 水垢(みずあか)

1-3.汚れの成分や種類

汚れの成分によって適切な掃除方法は変わってきます。水垢(みずあか)はアルカリ性、人の皮脂汚れは弱酸性、石けんカスは酸性です。つまり、浴室の床にはさまざまな種類の汚れが付着しているということになります。また、こういった汚れはカビの栄養源となるため、塩素系の洗剤を使用する必要もあるのです。

1-4.床材について

浴室の床材には、樹脂床材やカラリ床・タイル床材・木製床材などがあります。床材の種類によって付着しやすい汚れや適した掃除方法があるため、事前に特徴を確認しておきましょう。

  • 樹脂床材:耐水性に優れており、掃除がしやすい。水はけのよい加工が施されているものもある
  • カラリ床:乾くのが速く、カビが生えにくい。汚れがたまってくると乾燥に時間がかかるようになる
  • タイル床材:目地に水分が残りやすく乾きにくい。大判タイルは掃除がしやすいためおすすめ
  • 木製床材:乾きにくく、木の腐敗やぬめりの発生が多い。防水・防カビ加工されたものもある

2.浴室の床を掃除する方法

浴室の床を掃除するにあたって、方法や注意点をまとめました。

2-1.材質を確認しよう

使用する洗剤や掃除用具によっては、床が傷ついたり変色したりする可能性もあります。床の材質を確認した上で、適した掃除方法を選択しましょう。特に、塩素系洗剤を使用すると床材によっては傷みや変色の原因になるため、注意してください。

2-2.用意するもの

浴室の床を掃除する際に、用意するべきものは以下のとおりです。

  • スポンジやブラシ
  • 重曹
  • クエン酸
  • お風呂用中性洗剤
  • カビ取り用塩素系洗剤
  • ラップ
  • ゴム手袋
  • ゴーグル
  • 雑巾

2-3.掃除の方法やポイント・流れ

掃除の方法や流れ、押さえておくべきポイントをご紹介します。

2-3-1.基本は「毎日掃除」

基本的に、お風呂は毎日掃除をするのが理想的です。目に見える汚れがなくても、蓄積すればどんどん落ちにくくなります。できれば、最後にお風呂を使った人が掃除も済ませてしまうとよいでしょう。最も汚れが落ちやすいため、簡単な掃除で済みます。

2-3-2.ポイントは「汚れ別の掃除」

浴室の床にはさまざまな種類の汚れが付着しています。汚れの性質に合った掃除をしましょう。ポイントは以下のとおりです。

  • 皮脂汚れやぬめりなど酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使用する
  • 水垢(みずあか)はアルカリ性の汚れなので酸性の洗剤を使用する

アルカリ性の洗剤としておすすめなのが、重曹です。1リットルの水を鍋で沸かし、大さじ4~5杯の重曹を少しずつ入れてください。ただし、沸騰した水に重曹を一気に入れると二酸化炭素が噴いてしまうため気をつけましょう。重曹が溶けるまで沸騰させ、冷ましてからスプレーボトルに入れてください。浴室の床一面にスプレーし、数時間放置した後でブラシを使ってこすります。
水垢(みずあか)を落とすための酸性洗剤には、クエン酸を使用しましょう。水200ミリリットルに小さじ1杯のクエン酸を溶かし、スプレーボトルに入れたものを水垢(みずあか)に吹きかけてください。ラップでパックして数時間放置するとさらに効果的です。

2-4.カビについて

黒カビにはクエン酸と重曹を併用する方法がおすすめです。クエン酸スプレーを吹きかけた上から、重曹を粉のままふりかけると発砲します。この泡には高い洗浄効果があり、かるい黒カビであれば除去可能です。頑固な黒カビに対しては、重曹と酸素系漂白剤を混ぜてペースト状にしたものを使いましょう。カビに塗ってラップでパックした状態で数時間放置してください。放置後、洗い流すときれいになります。この方法でも落ちないゴムパッキンなどの黒カビには、市販のカビ取り剤を使用しましょう。また、塩素系洗剤とクエン酸を混ぜると塩素ガスが発生して危険です。絶対に混ぜないようにしてください。

2-5.注意点

市販のカビ取り剤は強いアルカリ性です。皮膚に付着すると傷める原因になるため、使用する際は必ずゴム手袋を装着するなどしてください。目に入らないようにゴーグルを使用するのもおすすめです。衣服につくと色抜けしてしまうため、十分注意しましょう。また、クエン酸と混ぜると塩素ガスが発生します。この2つは絶対に併用しないようにしてください。

3.浴室の床の汚れを予防するには

浴室の床が汚れないように、普段からできる予防方法をご紹介しましょう。

3-1.予防方法

せっかくきれいに掃除した浴室の床が、すぐまた汚れてしまっては残念ですよね。ほんの少し意識すればきれいな状態を維持できるため、ぜひ試してみてください。

  • お風呂上がりに45℃以上のお湯をかける
  • 換気扇を回す
  • 入浴後すぐに掃除をする

3-2.気をつけることと注意点

浴室のカビ予防で最も大切なのは、天井の掃除です。実は、浴室の天井にカビが根づいていると、カビの胞子が室内に散ってしまいます。そのため、いくら床のカビを除去しても、天井にカビが存在している限り、またすぐに発生してしまうのです。月に1回程度、消毒用アルコールで湿らせたキッチンペーパーなどを使って天井を拭いておきましょう。床用ワイパーなどを使うと簡単に掃除可能です。

4.浴室の床の汚れに関するよくある質問

「浴室の床掃除について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.浴室にカビが発生しやすいのはなぜでしょうか?

A.カビが発生・繁殖する条件は、高温度・高湿度な環境です。さらに、浴室にはカビの栄養となる石けんカスや皮脂があるため、カビにとって好条件な環境といえます。

Q.カビが死滅するのは何度ですか?
A.50℃以上のお湯をかけることでカビ菌は死滅します。パッキン部分など頑固な黒カビがあるところには、長めにお湯をかけ続けてください。

Q.浴室の床にヘアカラーがついてしまいました。どうしたら落ちますか?
A.付着してすぐであれば水で洗い流すだけで落ちるはずです。時間がたってしまった場合は、塩素系漂白剤や徐光液をティッシュやコットンにしみこませ、汚れに貼りつけてください。

Q.浴室の床にあるピンク色のぬめりは何なのでしょうか?
A.「ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌で、空気中に存在します。水分がある場所に付着して増殖し、洗剤や乾燥に対する耐性が非常に強いのが特徴です。発見したら消毒用エタノールで除菌しましょう。

Q.防カビのためには、入浴後どのくらい換気扇を回すとよいですか?
A.24時間つけっぱなしにしておくのが最も効果的でしょう。換気扇は消費電力が低いため、つけっぱなしにしておいても1か月の電気代は数十円程度です。

まとめ

いかがでしたか? 浴室の床が汚れる原因や掃除方法・予防方法などをまとめてご紹介しました。最も清潔にしておきたい場所でありながら汚れやすい浴室は、工夫しだいできれいな状態を維持することが可能です。ぜひこの記事を参考にして、毎日の快適なバスタイムを手に入れてください。