浴槽を徹底的に掃除する方法とは?実は見えない部分が汚れているかも

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

冬になると熱いお風呂が楽しみ、という方も多いでしょう。
しかし、お風呂は家の中でも最も汚れやすいものです。
しかも、掃除を怠るほど汚れは落ちにくくなるでしょう。
そこで、今回は浴槽の掃除の仕方をご紹介します。
浴槽の形によっては、見えない部分に汚れがたまることもあるのです。
今回は、そのような部分の掃除方法もご紹介します。
毎日掃除をしてもなぜかカビの臭いがしたり羽虫などが発生したりする場合は、見えない部分に汚れがたまっているかもしれません。
ぜひこの記事を参考にして、浴槽をピカピカにしてください。

目次

  1. なぜ、お風呂は汚れやすいの?
  2. 毎日掃除をしているのに浴室がカビ臭い。その理由とは?
  3. 浴槽の下やエプロンの掃除方法とは?
  4. おわりに

1.なぜ、お風呂は汚れやすいの?

お風呂は、家の中で一番湿気がたまりやすい場所です。
湿気がたまると、カビもはえやすいでしょう。
また、体や髪を洗う石けんやシャンプーはカビの栄養になるものもたっぷりと入っているのです。
さらに、水滴が浴槽につきっぱなしになっていると、その後が水アカとなって白くなります。
そのうえ、体を洗って汚れたお湯をきれいに流しきらないとぬめり発生するでしょう。
トイレや洗面所も同じような水や湿気由来の汚れがつきやすいですが、浴室の場合は面積が大きいので汚れも目立ちやすいのです。

2.浴室を汚れにくくする方法とは?

浴槽は毎日掃除をすれば、汚れません。
しかし、仕事などで忙しい場合は、毎日掃除をするのは難しいでしょう。
この項では、浴槽が汚れにくくする工夫をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

2-1.お風呂に入ったら、お湯を抜いて水を流す

浴槽にお湯をはっている時間が長いほど、湿気もひどくなります。
お湯からはゆげが立ち上っていますから、それが壁や床につくと水滴となって
カビの原因になるでしょう。
ですから、お風呂に入り終ったらできるだけ早く浴槽をからにしてください。
翌日に洗濯などで残り湯を使う場合は、ふたをしてゆげの発生を抑えましょう。
また、お湯をはらったら冷水でざっと浴槽や壁を流しておくとカビの防止になります。

2-2.必ず浴槽の外で体を洗う

浴槽の中で体をこするとお湯が汚れて、浴槽自体にもこびりつきます。
ですから、必ず浴槽の外で体を洗いましょう。
それだけでもだいぶ汚れ具合が違います。
また、お風呂からあがった後は、必ず髪の毛などを取りのぞいておきましょう。
髪の毛は汚れが絡みつくと、排水口がつまったりします。
ですから、髪の毛を取りのぞくだけでも汚れ具合が変わってくるでしょう。

2-3.換気扇を回し、浴室全体を乾燥させる

湿気が無くなっただけでも、浴室は汚れにくくなります。
ですから、お風呂から出たら必ず換気扇を回しておきましょう。
また、窓がある場合は開けておくと、だいぶ湿気が逃げてくれます。
さらに、体をぬぐったバスタオルで浴室の湿気も拭き取ると、さらに効果的でしょう。
ぬれたバスタオルは、そのまま洗濯機に入れればよいのです。
また、体を洗ったタオルで浴室の湿気をぬぐってもよいでしょう。

3.毎日掃除をしているのに浴室がカビ臭い。その理由とは?

毎日掃除をしているのに、なんだか浴室からカビの臭いがする。
と悩んでいる方もいるでしょう。
現在の浴室はほとんどユニットバスですが、実は見えない部分に汚れがたまっている場合があります。
それは、浴槽の「エプロン」と呼ばれる場所です。
ユニットバスとは、あらかじめ工場で防水性の高い床、壁、天井などを作っておき、建築現場でそれらを組み立てて浴室を作る工法。
ですから、浴槽は備え付けた後で「エプロン」と呼ばれる部品で前面をカバーします。
つまり、床に固定されているように見えるユニットバスの前面は、取り外し可能なのです。
ですから、その裏側はカビや汚れの温床になっているかもしれません。
浴室は毎日掃除をしてきれいなのにカビの臭いがするという場合は、エプロンの裏側や浴槽の下を確かめてみましょう。

4.浴槽の下やエプロンの掃除方法とは?

では、浴槽のエプロンの内側や床はどのように掃除をすればよいのでしょうか?
この項では、その方法をご紹介します。

4-1.エプロンの外し方

浴槽のエプロンは、メーカーによって外し方が異なります。
ですから、まずは説明書を見てください。
また、動画で外し方を説明しているものもあります。
メーカーが同じならば、参考に捨てもよいでしょう。
ただし、浴槽のエプロンというのは、基本的に外さない部品です。
ですから、ものによってはかなりしっかりと取りつけられているものもあるでしょう。
外し方はあっているのに硬くて外れないという場合は、無理をしてはいけません。

4-2.エプロンの洗い方

エプロンは、カビや汚れなどでかなり汚くなっていることが多いでしょう。
ですから、汚れをかき落とせるスポンジにお風呂用の洗剤をつけて、ゴシゴシと洗いましょう。
浴槽の部品の一部ですから、丸洗いしてかまいません。
また、カビがひどい場合はカビ取り剤をつけてしばらく置いておきましょう。
それだけで、かなりきれいになるはずです。

4-3.浴槽の下を掃除する方法

エプロンを外した浴槽の下も、かなり汚れているはずです。
しかし、浴槽がありますから手で掃除するのも難しいでしょう。
この場合は、「浴槽の下の汚れを落とす洗剤」などを利用してください。
ネット通販などで購入できます。
これを浴槽の下にまいてシャワーで水をかけると、汚れを溶かし落してくれるのです。
また、高圧洗浄機を持っている方は、それで浴槽の下を掃除してもよいでしょう。

4-4.クリーニング業者に任せる

浴槽のエプロンが硬くて外れないという場合や、外してみたら汚れがひどかったという場合は、クリーニング業者に清掃を依頼しましょう。
特に、浴室全体にカビの臭いや古い水の臭いが漂っている場合は、かなりひどく汚れている可能性が高いです。
しろうとが一生懸命掃除をしても、できることには限度があるでしょう。
浴槽の掃除は、たいていの業者が1万円前後で引き受けてくれます。
ですから、「臭いがひどくてがまんできない」という場合や、「大掃除だから徹底的に掃除をしたい」という場合は、業者に清掃を依頼してみてください。
業者によっては、複数の場所の清掃を依頼すると割引してくれることもあります。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、浴槽の掃除方法をご紹介しました。
まとめると

  • 浴室は湿気や水などが原因の汚れがつきやすい場所である。
  • 入浴したらお湯を抜き、水を流して換気扇をかけるだけでも汚れがつきにくくなる。
  • 浴室の壁や浴槽についた水滴をぬぐっておくとさらに効果的。
  • 浴槽の前部分を覆っているエプロンの下に、汚れやカビがたまっていることもある。
  • 定期的にエプロンを外して内側や浴槽の下を掃除しよう。

ということです。
浴室によっては乾燥機能がついているものもあります。
そのような浴室は、ぜひ乾燥機能を使いましょう。
カビや水アカが発生しにくくなります。
また、エプロンを外す場合は無理やり外してはいけません。
壊れてしまいます。
なお、賃貸住宅の場合は大家さんや管理会社に報告すると、清掃業者が来てくれる場合があるでしょう。
もし、毎日掃除をしているのにカビの臭いや虫が発生するという場合は、一度エプロンを外してみてください。