浴槽を徹底的に掃除する方法とは?実は見えない部分が汚れているかも

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

冬になると熱いお風呂が楽しみ、という方も多いでしょう。
しかし、お風呂は家の中でも最も汚れやすいものです。
しかも、掃除を怠るほど汚れは落ちにくくなるでしょう。
そこで、今回は浴槽の掃除の仕方をご紹介します。
浴槽の形によっては、見えない部分に汚れがたまることもあるのです。
今回は、そのような部分の掃除方法もご紹介します。
毎日掃除をしてもなぜかカビの臭いがしたり羽虫などが発生したりする場合は、見えない部分に汚れがたまっているかもしれません。
ぜひこの記事を参考にして、浴槽をピカピカにしてください。

目次

  1. なぜ、お風呂は汚れやすいの?
  2. 毎日掃除をしているのに浴室がカビ臭い。その理由とは?
  3. 浴槽の下やエプロンの掃除方法とは?
  4. おわりに

1.なぜ、お風呂は汚れやすいの?

お風呂は、家の中で一番湿気がたまりやすい場所です。
湿気がたまると、カビもはえやすいでしょう。
また、体や髪を洗う石けんやシャンプーはカビの栄養になるものもたっぷりと入っているのです。
さらに、水滴が浴槽につきっぱなしになっていると、その後が水アカとなって白くなります。
そのうえ、体を洗って汚れたお湯をきれいに流しきらないとぬめり発生するでしょう。
トイレや洗面所も同じような水や湿気由来の汚れがつきやすいですが、浴室の場合は面積が大きいので汚れも目立ちやすいのです。

12