リフォーム前に必読!ビルトインコンロのメリット・デメリット

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

​いつまでも若々しく、健康でありたいというのは、誰しもが願うことです。
そんな健やかな身体を保つために必要とされるのは、十分な睡眠や適度な運動、そしてもう一つ、毎日のおいしい食事からとりいれる栄養などがあげられるでしょう。
元気の源をつくり出すのに欠かせない調理器具で、最近注目を浴びているのがビルトインコンロ。今日はこのキッチンの中でも主役級に重要なビルトインコンロについて、解説していきます。

  1. ビルトインコンロのメリット・デメリット
  2. ココをチェック!ビルトインコンロの選び方
  3. 必見!ビルトインコンロの設置条件
  4. ”ハーマン vs リンナイ” 消費者目線でメーカー徹底比較

1. ビルトインコンロのメリット・デメリット

近頃の台所といえば、スッキリ見た目もスマートなシステムキッチンが主流です。皿や鍋などをしまう収納や、野菜や肉など料理をする作業場など、動線がうまく計算された配置が特徴といえるでしょう。 
そんなシステムキッチンの中でも素材の持ち味を生かし、おいしい料理を作るために欠かせないのがビルトインコンロと呼ばれている調理器具。ここではビルトインコンロのメリットやデメリットについて解説していきましょう。

1-1. そもそも、ビルトインコンロって何?

ビルトインコンロの“ビルトイン“とは、英語の(built-in)をカタカナに変換した言葉です。その英語が意味するように、あらかじめコンロの設備がキッチンに造り付けとして組み込まれています。
従来のテーブルコンロのような隙間や段差がなく、スッキリとした見た目の美しさが特徴です。

1-2. いつでもキレイをキープ

コンロは、料理やお茶のたびに鍋ややかんを火にかけるなど、キッチンの中でも使用頻度が高いところです。そのため汚れやすく、定期的な掃除が必要な場所といえるでしょう。特に、こびりついた油などそのままにしていると、ちょっとやそっとでは落ちない頑固な汚れになりやすいので注意が必要です。
その点、ビルトインコンロなら、隙間や段差などのギャップが少ないので、サッと拭くだけでOK!毎日のお手入れが簡単です。

1-3. 安全、だから安心

ビルトインコンロ以外に、ガスコンロの人気を二分しているものとしてテーブルコンロがあげられます。
テーブルコンロは、ビルトインコンロと違い、テーブル台の上にガスコンロを置いて使うので、ガスの配管ホースが丸出しの状態です。そのため、毎日の家事の中でうっかり触れてしまい、不自然な形で、ホースが曲がってしまうことがあります。余分な負担がかかりつづけると、知らぬ間にガス漏れが生じる場合も。
その点、ビルトインコンロなら外側から見えないようにガス台の下などに配管ホースを設置するので、ガス漏れの心配もなく、安心です。

1-4.  ビルトインコンロのデメリットは何?

見た目もスマートなビルトインコンロですが、デメリットとも呼べる要素があります。たとえば、ビルトインコンロは、購入しても簡単に自分で取り付けることができません。
爆発の危険性があるガスを扱うため、取り付けには、所定の知識や技術を備えた資格が必要です。
ほかにも、テーブルコンロより価格が高いこともデメリットな条件としてあげられるでしょう。設置工事やガス配管の費用など、コンロの本体価格とは別にかかる場合もあり、テーブルコンロとの価格差が気になるところです。

12