ビルトインガスコンロは簡単に交換できる! 2つの項目で疑問を解消

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルトインガスコンロは周囲にすき間や段差がありません。キッチンと一体化しており、スペースを広々と使えて掃除も簡単です。製品によって利便性が異なるため、料理が好きな方は新製品の存在も気になると思います。「でも、新しく買ったら工事しないといけないの?」という疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか? 初めて購入したとき、寸法に合わせて選んだ方はなおのこと不安だと思います。そこで、今回はビルトインガスコンロの交換についてぎゅっと情報をまとめてみました。2017年1月の最新記事です。

  1. ビルトインガスコンロを交換する!
  2. ビルトインガスコンロの交換工事とは?
  3. ビルトインガスコンロの交換にかかわるよくある質問
  4. まとめ

記事は5分とかからず読むことができます。もちろん、押さえるべき情報は網羅していますので、順を追って見ていきましょう。ビルトインガスコンロの交換について不安が解消されます。


1.ビルトインガスコンロを交換する!

ほかの人はどんなタイミングでビルトインガスコンロを交換しているのでしょうか? 最初の項では、ビルトインガスコンロの選び方と併せて基本の情報を説明します。

1-1.交換するタイミングは?

  • 家族が増えた
  • キッチンを広く使いたい
  • コンロが故障したのを機に交換する

上記は一例ですが、ビルトインガスコンロを交換しようとするきっかけは人によってさまざまです。中でも故障は交換の最も良いタイミングでしょう。使用して年数が経(た)っていない場合は修理に出すのも良いですが、ぜひ一度新製品を見てから決めてください。ビルトインガスコンロは年々進化を続けており、自分が欲しかった機能を搭載したタイプが発売されている可能性があります。

1-2.ほかのコンロからの交換もできる?

コンロ台などを工事する必要がありますが、“IH”や“据え置き型のガスコンロ(旧式でも大丈夫です)”であってもビルトインガスコンロに交換可能です。

1-3.交換する機種の選び方

新しいビルトインガスコンロを選ぶときは、「なぜ交換しようと思ったか?」ということに着目し、求める機能を順に決めていきましょう。

  • 天板の材質はどうするか(ホーロー・ガラスコート・ガラストップ(1番人気)・アルミまたはステンレス)
  • 天板の幅は60cmか75cmか(ビルトインガスコンロのサイズはこの2種類です)
  • ゴトクの種類はステンレス、または標準タイプのホーローか
  • 火力はどうするか(“ダブル高火力”や“ダブルとろ火”など)
  • バーナーの口数は2口、または標準タイプの3口か

天板は価格で決めることもできます。上記で挙げたホーローが1番安く、カッコ内の右にいくにつれて高価です。また、忘れてはいけない機能が“グリルの特徴”となります。

  • 大きさはどうするか
  • 水あり、または水なしか
  • バーナーは片面、または両面か
  • 魚を自動で焼いてくれる“オートグリル機能”はいるか
  • フルオープンタイプか否か(グリル台をどのくらいまで引き出せるかの機能です)

ビルトインガスコンロは選ぶ基準が多くあり、魅力的な反面、迷ってしまうと思います。上位機能をすべて取り入れれば必然的に価格は跳ね上がるため、予算を決めている方は取捨選択して「本当に欲しい機能」で決めましょう。

12