ガスコンロやガステーブルの上手な選び方とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

料理をするのにガスコンロを使っているご家庭は多いでしょう。
ガスコンロはキッチンの中でも比較的消耗が早いです。
ですから、定期的に買い替えが必要になります。
では、ガスコンロやガステーブルはどのように選べばよいのでしょうか?
そこで、今回はガスコンロの選び方についてご紹介します。
ガスコンロやガステーブルにもいろいろな種類があるため、ガスの種類やキッチンの広さによってお勧めのものが変わってくるのです。
ガスコンロやガステーブルの交換を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

目次

  1. ガスコンロの種類とは?
  2. ガスコンロの寿命とは?
  3. ガスコンロの選び方とは?
  4. ガスコンロの処分方法は?
  5. ガスコンロの事故に注意しよう
  6. おわりに

1.ガスコンロの種類とは?

まず始めにガスコンロやガステーブルの種類をご紹介します。
キッチンによっては置ける種類が限られているところもあるのです。

1-1.ビルトインコンロ

システムキッチンの一部として組み込まれているガスコンロです。
作業台とガス台の間に段差がなく、掃除や調理器具の移動がスムーズに行えます。
キッチンの作業台の中に埋め込まれるように作られていますので、交換する際は専門の業者に依頼しなくてはなりません。

1-2.ガステーブル(テーブルコンロ)

こちらは、自分で据え付けることができるガスコンロです。
テーブルコンロやガステーブルと呼ばれることもあるでしょう。
2口くらいの小型のものが主流ですから、少人数のご家庭向きです。
また、ホームセンターや家電量販店などいろいろな場所で販売されています。

2.ガスコンロの寿命とは?

ガスコンロは通常10年~15年で寿命を迎えるといわれています。
ある日いきなり火がつかなくなったり、火はついても炎が不ぞろいだったりするでしょう。
調子の悪いコンロを無理に使っていると、不完全燃焼を起こしてガス漏れする危険もあります。
ですから、調子が悪くなったらできるだけ早く買い替えてください。
また、複数口のガスコンロはどれかひとつだけ調子が悪くなることも珍しくありません。
修理できるならばよいのですが、複数口のガスコンロをどれかひとつだけ交換することはできないのです。
ですから、ひとつでも壊れたら寿命と考えてください。

12