給湯器のオート・フルオートの違いは? 主な機能や選び方を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「給湯器を購入したいけど、オートとフルオートの違いがよく分からない」「オートとフルオートのどちらを選ぶべきか」とお悩みではありませんか。せっかく給湯器を購入するのなら、両者の違いをよく理解し、最適なものを選びたいですよね。

そこで今回は、給湯器のオートとフルオートの違いについて、詳しく解説します。

  1. 給湯器のオートとフルオートの違い
  2. 給湯器のオートとフルオートはどちらを選ぶ?
  3. 給湯器の交換や設置について
  4. 給湯器のオートとフルオートに関するよくある質問

この記事を読むことで、給湯器のオートとフルオートの違いや選び方がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。


1.給湯器のオートとフルオートの違い

最初に、給湯器のオートとフルオートについてそれぞれ見ていきましょう。

1-1.給湯器の主な機能

給湯器の主な機能には、以下のようなものがあります。給湯器があると、好きなタイミングで適温のお湯を使えるので便利です。

  • 給湯
  • 追い焚(だ)き
  • 保温
  • 足し湯
  • タイマー予約

1-2.オート機能とは?

オート機能とは、スイッチひとつで設定した温度・量のお湯を自動でお湯はりしてくれることです。設定した量でお湯はりが止まるので、無駄がなく安心できます。また、自動追い焚き・自動保温機能を設定しておけば、いつでも快適な温度のお風呂に入ることが可能です。お湯を足したいときは手動で操作することになります。

1-3.フルオート機能とは?

フルオート機能は、オート機能よりもさらに快適です。たとえば、お湯が少なくなった自動で足し湯をすることができ、いつでも一定の湯量で入浴できます。また、追い焚き配管自動洗浄機能があるので、追い焚き配管を掃除する手間が省け、いつでも清潔なお湯を使うことができるのも特徴です。また、水位変化により人が入浴したことを検知し、お湯が冷めていたら自動で温めてくれるなど、便利な機能がついています。

フルオートの方がより高機能なんですね。
はい。ライフスタイルや必要性によって選びましょう。

2.給湯器のオートとフルオートはどちらを選ぶ?

給湯器を選ぶときは、オートとフルオートの違いをよく理解しておく必要があります。

2-1.フルオートにはオートにはない3つの機能がある

フルオートとオートの違いは、以下のような3つの機能がついている点です。どちらを選ぶかについては、それぞれの機能が必要かどうかで決めましょう。

  • 自動で足し湯をする
  • 追い焚き配管自動洗浄機能がある
  • 水位検知による追い焚きができる

2-2.オートは費用を抑えたい場合におすすめ

費用を抑えながら高性能な給湯器が欲しいのなら、フルオートより1万円~安いオートがおすすめです。オートでも、自動湯はり・自動追い焚き・自動保温が利用できます。足し湯は手動ですが、特に問題ないと感じるならオートでも十分でしょう。また、自動で足し湯されない分、水道代の節約にもなるので光熱費が気になる場合にもおすすめです。家族の人数が少なく、追い焚きをほとんどしない場合にも向くでしょう。

2-3.大家族で頻繁に入浴するならフルオートがおすすめ

フルオートがおすすめなのは、以下のような場合です。

  • オート機能つきの給湯器に不満がある
  • 家族の人数が多く頻繁に入浴・追い焚きする
  • 感染症などの予防のため清潔なお湯を維持したい
  • 家事の手間を減らしたい
  • 初期費用がかかっても便利な機能を堪能したい
家族の人数も判断基準になるんですね。
はい。頻繁に追い焚きをする必要がある場合はフルオートの方が便利です。

3.給湯器の交換や設置について

給湯器の交換や設置は、信頼できる業者に依頼しましょう。

3-1.給湯器の交換業者を選ぶポイント

給湯器の交換業者は、以下のポイントを参考に選びましょう。

  • 給湯器の交換実績が豊富
  • 多数の給湯器を取りそろえている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルな価格設定
  • 希望の日時に設置工事してもらえる
  • スタッフが親身になって提案してくれる
  • 顧客からの評判がいい
  • トラブル発生時の対応能力が優れている
  • 保証やアフターサービスが充実している

なお、当給湯器設置・交換ガイドでも、多数の給湯器をリーズナブルな価格でご用意しております。お見積もりは無料ですからお気軽にご相談ください。

3-2.給湯器の設置費用はオート機能つきで10万円~が目安

給湯器の設置費用は、以下を参考にしてください。

  • オート機能つき:10万円程度~
  • フルオート機能つき:11~12万円程度~

ただし、実際には機種や設置条件などによって金額が大きく異なります。詳しくは、業者から見積もりをもらって確認してください。

3-3.悪質業者に注意すること

悪質業者に注意してください。悪質業者は、依頼していないのにいきなり訪問してきます。特に、高齢者や女性がひとりでいる時間帯は注意してください。たとえば、「給湯器の無料点検サービスをしている」と言い、家に上がり込もうとするでしょう。せっかくだからと点検してもらうと、なぜか有料だと言われたり高額な給湯器の交換契約を迫られたりするのです。悪質業者は単に高額な契約を取ることが目的なので、絶対に家に入れてはいけません。

給湯器の交換や設置は業者選びが大切なんですね。
はい。時間に余裕を持って選びましょう。

4.給湯器のオートとフルオートに関するよくある質問

最後に、給湯器のオートとフルオートに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.オートからフルオートにバージョンアップできる?
A.できません。フルオート機能が欲しいときは、給湯器を買い替えることになります。

Q.フルオートのほうが掃除の手間が省ける?
A.追い焚き配管洗浄機能がついている分、掃除は楽です。ただし、体を洗ってから浴槽に浸かるなど、お湯を汚さないように気をつけましょう。

Q.オートもフルオートも入浴剤を使用可能?
A.オート・フルオートに関係なく、給湯器の種類によって使用できない入浴剤があります。詳しくは、給湯器の使用説明書などを確認してください。

Q.フルオートにすれば故障しにくい?
A.オート・フルオートいずれも、故障しにくさには関係ありません。正しく使い、適切なお手入れを心がけることが大切です。

Q.乳幼児がいる家はフルオートが望ましいとされる理由は?
A.追い焚き配管自動洗浄機能によって、清潔なお湯を維持しやすいからです。清潔なお湯に入ることができれば、雑菌による感染症のリスクも軽減します。

まとめ

今回は、給湯器のオートとフルオートについて詳しく解説しました。オートとフルオートの違いは、自動足し湯機能・追い焚き配管洗浄機能・水位検知による自動追い焚きです。より高性能で快適なお風呂を求めるのなら、フルオート機能つきの給湯器をおすすめします。しかし、家族構成や使い方によっては、オート機能つきのもので十分なこともあるでしょう。どんな機種を選ぶといいのかは、信頼できる業者とよく相談して決めてください。