温水洗浄便座(ウォシュレット)に交換したい! 人気機種や替え方は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

温水洗浄便座(ウォシュレット)を一度使い始めたらもう手放せなくなった、という方は多いでしょう。
今は、家庭だけでなく商業施設でもウォシュレット装備が標準になりつつあります。
そこで、今回はご家庭でウォシュレットを交換したり新しく付けたりする方法をご紹介しましょう。
温水洗浄便座は便器と一体化しているようなイメージがありますが、実は単独で取り換えが可能です。

  1. 温水洗浄便座を使うメリットや効果
  2. 温水洗浄便座の人気機種とは?
  3. 温水洗浄便座の取り付け方
  4. 温水洗浄便座の故障と寿命
  5. よくある質問

だからこそ、便器よりも早く寿命が来ることもありますし、新製品に取り換えるメリットも大きいのです。
この記事を読めば取り換え方から交換時期の目安まで分かりますよ。
温水洗浄便座の交換や取り付けを考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.温水洗浄便座を使うメリットや効果

まず始めに、温水洗浄便座とはどういうものかということをご紹介します。
毎日使っていても、いろいろと知らないこともあるのではないでしょうか?

1-1.温水洗浄便座とは?

温水洗浄便座とは、便器に取りつけて便座を温めたりお尻などを洗えたりする機能がついた機器のこと。
「ウォシュレット」という名前の方がなじみ深いという方も多いですが、これはTOTOの商品名です。
ちなみにTOTOと並んでトイレや浴槽の製造販売メーカーであるLinuxは、温水洗浄便座を「シャワートイレ」という商品名で販売しています。

1-2.温水洗浄便座の歴史

温水洗浄便座は、洋式便器の普及とともに発展していきました。
洋式トイレは座って用を足します。
夏場はよいのですが、冬場は冷たい思いをした方も多いことでしょう。
ですから、便座にかぶせるカバーも普及したのです。
しかし、トイレは汚れがつきやすいですから、カバーが不潔になりがち。
そこで、電気で便座を温める装置が開発されました。
その後、より清潔にトイレを使えるように温水洗浄機能がつき、現在の温水洗浄便座の形になったのです。

1-3.温水洗浄便座の進化

温水洗浄便座は、一見すると機能も効果も進化しつくしたように見えます。
しかし、毎年のように「より少ない水量と電気代」で便座を温め、体を清潔にできるような製品が開発されているのです。
このあたりは、冷蔵庫や洗濯機といった家電と同じでしょう。
また、人が近づくと自動的に便座が開閉したり、使用時にだけ通電して便座が温まったりする機能を備えている温水洗浄便座も発売されています。つまり、新しい製品の方がより便利に光熱費が安く使用できるのです。