【注目】エコキュートの寿命が知りたい! 交換すべき故障内容とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器の中でも、最近、人気を集めているのが「エコキュート」です。省エネルギーで稼働するため、電気代節約や二酸化炭素発生量の減少が期待できます。従来の給湯器よりも効率的に使用できるので、「エコ給湯器」とも呼ばれているのです。しかし、エコキュートにも寿命があり、故障によって買い替えが必要になるケースもあるでしょう。そこで、本記事では、エコキュートの基礎知識から寿命・交換・選び方などについて説明します。

  1. エコキュートの基礎知識
  2. エコキュートの寿命について
  3. エコキュートの交換について
  4. エコキュートの選び方
  5. エコキュートに関してよくある質問

この記事を読むことで、エコキュートの寿命やよくある故障について知ることができます。気になっている方は、ぜひ参考にしてください。


1.エコキュートの基礎知識

まずは、エコキュートの特徴・メカニズムなどを説明していきましょう。

1-1.どんなものか・メカニズム

エコキュートとは、ヒートポンプと呼ばれる技術を取り入れた電気給湯器のことです。別名「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」とも呼ばれており、空気の熱を利用してお湯を沸かすことができます。自然冷媒とは、二酸化炭素(CO2)のことで、熱の受け渡し役です。大気中の熱をファンから取り込み冷媒=二酸化炭素に伝え、圧縮機で高温にし、その熱をさらに水に伝えてお湯を沸かします。

1-2.ほかの給湯器との違いについて

従来の電気給湯器は、電気だけでお湯を沸かします。一方、エコキュートはヒートポンプ技術を利用して、空気の熱でお湯を沸かす仕組みです。そのため、電気代を抑えることができます。一般的に、従来の電気給湯器は月々3,000円程度、エコキュートは月々1,000円程度と約3分の1の節約が可能です。

1-3.省エネ効果について

エコキュートの大きな魅力は、省エネ効果にあります。給湯のエネルギー消費量を約30%削減できるため、高い省エネ性が期待できるのです。2011年に発表された「日本冷媒空調工業会」と「電気事業連合会」の調査によると、エコキュート300万台による省エネ効果は、原油換算で年間約63万klもの削減となりました。ドラム缶で約315万本分の削減効果です。

1-4.種類・メーカーについて

エコキュートの種類は、フルオート・オート・給湯専用の3つに分かれています。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • フルオート:「ふろ自動」ボタン1つで、お湯はり・保温・たし湯すべてが自動
  • セミオート:スイッチ1つで、お湯はり・たし湯が自動(保温・追い焚きができない)
  • 給湯専用:蛇口から給湯するシンプルな給湯専用タイプ

また、エコキュートを製造している主なメーカーは、コロナ・ダイキン・東芝・日立・パナソニック・三菱電機などがあります。それぞれのエコキュートを比較して、適切な種類を選ぶとよいでしょう。

1-5.最近の傾向

省エネルギー・二酸化炭素の抑制など、電化製品もエコ化に注目が集まっています。そのため、エコ給湯器ともいわれるエコキュートを導入する方が増加しているのです。導入する際の初期費用は高めですが、電気代が安いのでランニングコストを考えると従来の給湯器よりもお得といえます。自治体によっては「補助金制度」を設けるなど、導入に積極的なところもあるようです。詳細は、【4-6.補助金について】で説明するのでぜひチェックしてください。