エコフィールの補助金制度とは? 導入ポイント・購入方法などご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エコフィールは、省エネ給湯器の1つで、排ガスの中にある熱を再利用する石油給湯器です。省エネ・エコ化が注目されている中、エコフィールを導入する家庭も増えてきました。しかし、エコフィールは導入費用が従来の給湯器よりも高く、断念する方も多いのが現実です。そこで、ぜひ利用してほしいのが、各自治体が設けている「補助金制度」となります。導入費用を抑えるポイントの1つともいえるでしょう。本記事では、エコフィールの基礎知識から選び方・補助金・購入方法について説明します。

  1. エコフィールの基礎知識
  2. エコフィールの種類・機能について
  3. エコフィールの選び方
  4. エコフィールの補助金について
  5. エコフィールの購入方法
  6. エコフィールに関してよくある質問

この記事を読むことで、エコフィールの補助金について知ることができます。導入・買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。


1.エコフィールの基礎知識

まずは、エコフィールがどのような給湯器なのか基礎知識を身につけていきましょう。

1-1.どういうものか

エコフィールは、排ガスの中にある熱を回収して再利用する新しい石油給湯器です。従来の石油給湯器よりも熱効率が高いため、灯油の使用量を節約することができます。給湯器の熱源は、石油・電気・ガスの3種類です。電気を燃料としたものは「エコキュート」、ガスを燃料としたものは「エコジョーズ」と呼ばれています。エコフィールを含めたこれらの給湯器は、次世代の省エネ・エコ給湯器です。

1-2.仕組み

従来の石油給湯器は、冷たい水を熱交換器で温めてお湯をつくっていました。お湯を沸かすときには、200℃の排熱が発生しますが、それをそのまま捨てていたのです。一方、エコフィールは、冷たい水を2次熱交換器で加熱した後、発生した排熱を1次交換器でさらに過熱します。つまり、従来の石油給湯器が捨てている排熱を再利用する仕組みです。

1-3.メリット・デメリット

エコフィール最大のメリットは、高い熱交換率です。200℃の排熱を再利用しているため、従来の熱効率よりも約12%アップしています。熱効率が高くなると、省エネルギーでお湯を沸かすことができ、灯油代が節約できるでしょう。また、従来の排気温度は約200℃ですが、エコフィールは約60℃と140℃も違いがあります。二酸化炭素の排出量も減少するので地球にやさしい給湯器です。
デメリットは、本体価格が高く初期費用がかかる点でしょう。従来型の石油給湯器は約12万円で購入できますが、エコフィールは約20万円かかります。

1-4.ほかの給湯器との違い

熱交換率・排気温度などさまざまな違いがありますが、ほかの給湯器の大きな違いは「熱源」です。エコフィールの熱源は石油で、灯油を使用してお湯を沸かすボイラーの1種となります。電気給湯器は深夜電気を、ガス給湯器はプロパンガス・都市ガスを使用する種類です。

1-5.熱交換率について

エコフィールの大きな特徴となる熱交換率は、第2次熱交換器と第1次熱交換器の2つが大きなポイントです。一般的な給湯器には、熱交換器が必ずついています。しかし、熱交換器が2つあるのはエコフィール最大の特徴です。2つの熱交換器を使用しているからこそ、排気ガスが蓄えている約200℃の熱を利用して、水を温めることができます。エネルギーの無駄を省いているのです。

1-6.灯油の節約量について

従来型の石油給湯器は、1年に約627リットルの灯油を使用するといわれています。一方、エコフィールの使用量は約548リットルです。年間に約79リットルの灯油を節約することができます。その分だけ、灯油にかかるお金も節約可能です。