エコジョーズのメリットとデメリット~ガス代を節約できるって本当?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エコジョーズのメリットとデメリットを考えてみましょう。
給湯器の買い替えを検討しているなら、エコジョーズについても知っておく必要があります。
「エコジョーズにするとガス代を節約できる」と言われているのはご存じでしょう。
その仕組みはどうなっているのか、知りたいと思いませんか?

  • エコジョーズにするべきか迷っている
  • エコジョーズにはどんなメリットとデメリットがあるのか?
  • 販売しているメーカーについて知りたい

この記事を参考にして、給湯器選びについてよく考えてみてください。


1.エコジョーズの仕組み

省エネに対する関心が高まっている現在、エコジョーズの普及が急激に広まっています。
エコジョーズとはどのようなものなのでしょうか。
その仕組みをご紹介します。

1-1.省エネ高効率給湯器

エコジョーズとは、省エネ高効率給湯器のこと。
従来のガス給湯器では、熱交換効率が80%でした。
しかし、エコジョーズの場合は95%まで向上しています。
つまり、従来の給湯器よりも少ないガスの量で、お湯を作ることができるのです。
エコジョーズでは、ガスの使用量を約13%削減できるということになります。

1-2.仕組みについて

従来の給湯器では、ガスで水を温めるときエネルギーを20%も無駄にしています。
約200度の熱をそのまま利用せずに排出しているのです。
エコジョーズでは、この200度という高い温度が持つ熱エネルギーを有効利用しています。
そして、20%の無駄を5%に減らしているのです。
なぜ、そのようなことができるのでしょうか。
従来の給湯器では、1次熱交換器だけでガスを燃焼し、水をお湯にしていました。
エコジョーズでは、1次熱交換器で1500度の熱を加え、2次熱交換器で200度の熱を利用して水を温めているのです。
このように、ガスのエネルギーを無駄なく利用できるように、水を2回温めることで効率を上げています。

1-3.エコキュートとの違いは?

「エコジョーズ」と並んで耳にすることの多い「エコキュート」について、その違いが分からないという人も多いでしょう。
同じようなものに思われがちですが、実は全く異なる機器なのです。
まず、大きく異なるのは使用する燃料。
ガスを使用してお湯を沸かすのがエコジョーズで、電気を使用してお湯を沸かすのがエコキュートです。
エコキュートは深夜の安い電力を利用してお湯を作り、作ったお湯を貯水タンクの中に貯(た)めておく仕組み。
そのため、貯水タンクを庭やベランダに設置する必要があります。
初期費用が高額であり、マンションに設置するには不向きな場合が多いでしょう。

2.エコジョーズのメリット・デメリット

エコジョーズにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
それぞれを把握した上で、導入すべきか検討してみてください。

2-1.メリット

エコジョーズではガスだけでなく廃熱を利用して水を温めるため、従来よりも効率よくお湯を沸かすことができます。
お湯を普通に沸かすだけでなく、追い炊きにかんしても廃熱を利用しているのです。
ガスエネルギーを無駄なく使えるのが、エコジョーズ最大のメリットと言えるのではないでしょうか。
ただし、エコジョーズは従来の給湯器に比べて初期費用が高くなります。
しかし、年間の光熱費で比較すると大幅に下げることができるのです。
従来の給湯器だと年間約83000円かかるガス代が、エコジョーズだと70000円にまで下げることができます。
トータルのコストで考えるとエコジョーズの方が絶対にお得というわけです。
さらに、エコジョーズは環境にも優しい給湯器。
従来の給湯器に比べて二酸化炭素排出量を約13%削減できるため、エコであることに間違いありません。

2-2.デメリット

エコジョーズにはメリットがたくさんありますが、実はデメリットもあるのです。
その1つが、設置費用が非常に高いという点。
確かに毎月のガス代は大きく節約できますが、その設置費用を取り戻せるのか、という問題があるでしょう。
また、機器内で発生した水を排出する必要があるため、排水経路が取れない場合は設置できないというデメリットもあるのです。
さらに、「ガスを使うこと自体が地球環境には問題があるのでは?」という疑問を持つ人も多くなっています。

3.エコジョーズを販売するメーカーと特徴

最後に、エコジョーズを販売している主なメーカーをご紹介します。
それぞれの特徴を知り、どこのエコジョーズを選ぶべきか検討してみてください。

3-1.リンナイ

国内給湯器メーカーの中でも最も知名度が高いリンナイ。
多くの家庭でリンナイの給湯器を使用しているのではないでしょうか。
リンナイが販売している給湯器は、消費電力を抑える機能がついているのが特徴的です。
消費電力を抑えたい人には、リンナイの給湯器がおすすめでしょう。

3-2.ノーリツ

知名度ではリンナイの方が上ですが、シェア率で言うとノーリツがトップです。
ノーリツの給湯器は熱効率が最も高いと言われており、コストパフォーマンスに優れています。
ガス代を安くしたい、お湯を沸かすだけでなく暖房も給湯器でまかないたいという人には、ノーリツがおすすめですよ。

3-3.パロマ

国内給湯器3大メーカーの1つであるパロマ。
若年層から高齢者まで、さまざまな年代が使いやすいという特徴を持っています。
また、細かい機能が多彩という面でも注目を集めているのです。
たとえば、給湯と追い炊き、暖房の3点がそろっているタイプなどもあります。
機能にこだわりたい人は、ぜひパロマの給湯器をチェックしてみてください。

3-4.メーカーの選び方

給湯器メーカーは上記でご紹介した以外にもたくさんあります。
しかし、正直言うとメーカーによる「性能の差」はあまりないのです。
問題は「何のために給湯器を使うか」ということ。
自分に合った給湯器を見つけるためには、その「目的」を明確にしておかなければなりません。
あとは、好みや家族の人数、ライフスタイルを考えて選ぶだけです。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
エコな給湯器として注目を集めているエコジョーズ。
その仕組みやメリット・デメリットをお分かりいただけましたでしょうか。
給湯器の買い替えを検討する際、エコジョーズを選択肢に入れる人は多いと思います。
本当に自分の家に合っているか、導入すべきか、じっくり検討してみてください。