エコジョーズのメリットとデメリット~ガス代を節約できるって本当?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エコジョーズのメリットとデメリットを考えてみましょう。
給湯器の買い替えを検討しているなら、エコジョーズについても知っておく必要があります。
「エコジョーズにするとガス代を節約できる」と言われているのはご存じでしょう。
その仕組みはどうなっているのか、知りたいと思いませんか?

  • エコジョーズにするべきか迷っている
  • エコジョーズにはどんなメリットとデメリットがあるのか?
  • 販売しているメーカーについて知りたい

この記事を参考にして、給湯器選びについてよく考えてみてください。


1.エコジョーズの仕組み

省エネに対する関心が高まっている現在、エコジョーズの普及が急激に広まっています。
エコジョーズとはどのようなものなのでしょうか。
その仕組みをご紹介します。

1-1.省エネ高効率給湯器

エコジョーズとは、省エネ高効率給湯器のこと。
従来のガス給湯器では、熱交換効率が80%でした。
しかし、エコジョーズの場合は95%まで向上しています。
つまり、従来の給湯器よりも少ないガスの量で、お湯を作ることができるのです。
エコジョーズでは、ガスの使用量を約13%削減できるということになります。

1-2.仕組みについて

従来の給湯器では、ガスで水を温めるときエネルギーを20%も無駄にしています。
約200度の熱をそのまま利用せずに排出しているのです。
エコジョーズでは、この200度という高い温度が持つ熱エネルギーを有効利用しています。
そして、20%の無駄を5%に減らしているのです。
なぜ、そのようなことができるのでしょうか。
従来の給湯器では、1次熱交換器だけでガスを燃焼し、水をお湯にしていました。
エコジョーズでは、1次熱交換器で1500度の熱を加え、2次熱交換器で200度の熱を利用して水を温めているのです。
このように、ガスのエネルギーを無駄なく利用できるように、水を2回温めることで効率を上げています。

1-3.エコキュートとの違いは?

「エコジョーズ」と並んで耳にすることの多い「エコキュート」について、その違いが分からないという人も多いでしょう。
同じようなものに思われがちですが、実は全く異なる機器なのです。
まず、大きく異なるのは使用する燃料。
ガスを使用してお湯を沸かすのがエコジョーズで、電気を使用してお湯を沸かすのがエコキュートです。
エコキュートは深夜の安い電力を利用してお湯を作り、作ったお湯を貯水タンクの中に貯(た)めておく仕組み。
そのため、貯水タンクを庭やベランダに設置する必要があります。
初期費用が高額であり、マンションに設置するには不向きな場合が多いでしょう。

12