エコジョーズの補助金制度を利用しよう! 制度や選び方など徹底解析

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電化製品のエコ化がすすんでいる今、給湯器においてもエコ給湯器と呼ばれている「エコジョーズ」が注目されています。エコジョーズは、少ないガス量で効率よくお湯沸かす給湯器です。省エネ性の高さや高効率の熱交換・節約・環境性など、さまざまな分野で優れています。しかし、設置費用や本体価格が高くて、なかなか一歩踏み切ることができない方も多いはずです。そんなときこそ、エコジョーズの補助金を利用してください。本記事では、エコジョーズの基礎知識や補助金・選び方・業者選びのポイントなどについて説明します。

  1. エコジョーズとは
  2. エコジョーズの特徴について
  3. エコジョーズの補助金について
  4. エコジョーズの選び方
  5. エコジョーズの業者の選び方
  6. エコジョーズに関してよくある質問

この記事を読むことで、エコジョーズの基礎知識や補助金について知ることができます。設置を検討している方は、導入前にぜひチェックしてください。


1.エコジョーズとは?

これからのスタンダード給湯器と言われているエコジョーズとは、一体どんな給湯器なのでしょうか。仕組みやエコキュートの違い、メリット・デメリット、最近の傾向について詳しく説明します。

1-1.特徴について

エコジョーズは、エコ給湯器の1つであり、潜熱回収型給湯器と呼ばれています。従来の給湯器は、熱交換を行う際にあまった熱をそのまま捨てていました。しかし、エコジョーズは排気として捨てられた熱を再び回収して再利用できます。その結果、無駄な熱を減らすことができ、熱効率が95%までアップしたのです。

1-2.仕組み

エコジョーズは、排気熱を上手に活用している給湯器です。仕組みは、2度の熱利用とお湯の流れ・ドレン中和器の3点が大きく関係しています。まず、送られてきた水は二次熱交換器で温められ、一次熱交換器でさらに加熱される流れです。二次熱交換器では、約200℃になった燃焼ガスの熱を再利用しており、一次熱交換器では約1,500℃で加熱しています。熱を再利用する際に、ドレン排水(凝縮水)が発生するため、中和器で酸性から中性にして排出する仕組みです。

1-3.エコキュートとの違い

エコ給湯器と呼ばれているものには、もう1つ「エコキュート」があります。エコキュートとエコジョーズはどちらともジャンルは同じですが、仕組みが異なるものです。エコキュートはCO2ヒートポンプ給湯器と呼ばれており、大気の熱を利用してお湯を沸かします。大気中から吸いこまれた熱を、空気熱交換器で自然冷媒が吸収し、水熱交換器でお湯にしているのです。エコジョーズはガスで温めていますが、エコキュートは自然冷媒を利用してお湯を沸かしています。

1-4.メリット・デメリット

エコジョーズのメリットと言えば、光熱費コストの削減です。高効率でお湯を沸かすことで、ガスの消費量が大幅に削減できます。ほかにも、従来型よりもCO2排出量12%削減・熱効率95%アップなどのメリットがあります。逆に、デメリットと言えば、初期費用が高額ということが挙げられるでしょう。エコジョーズやエコキュートといったエコ給湯器は、本体価格+取りつけ工事の合計費用が高めです。

1-5.最近の傾向

資源エネルギー庁の調査によると、国内の住宅・建築物部門のエネルギー消費量が増加傾向をであることがわかりました。1990~2011年の約20年間でおよそ33%の増加となっています。二酸化炭素排出量も増えているため、地球温暖化対策としては良くない傾向が続いているのです。だからこそ、エネルギー消費量や二酸化炭素の削減につながる、エコジョーズなどの住環境が注目されています。