エコワンを導入したい!!どんなメリット・デメリットがあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エコワンとは聞きなれない言葉ですが、電気とガスのよいところを組み合わせてお湯を沸かすハイブリッド給湯器です。
家を新築したり水回りの大幅リフォームをしたりしたときに、勧められることが多いでしょう。
今回は、このエコワンのメリットやデメリットをご紹介します。
勧められるときはメリットしかいわれませんが、デメリットが全くないということはありません。
しっかりと把握して選択の参考にしましょう。
エコワンに興味がある方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. エコワンとは?
  2. エコワンのメリット・デメリットとは?
  3. エコワンの導入の仕方とは?
  4. エコワン以外の次世代型給湯器とは?
  5. 給湯器の交換はお早めに
  6. おわりに

1.エコワンとは?

エコワンとは、空気熱を利用するヒートポンプ式の電気給湯器「エコキュート」と次世代ガス湯沸かし器をドッキングさせた、ハイブリッドな給湯器です。
給湯器というのは、そもそも電気やガス、そして石油などを燃料にしてお湯を沸かし、家の各蛇口から給湯するシステム。
ですから、たくさんのお湯を使う家ほど光熱費が高くなります。
そのため、光熱費をより節約できる、お湯を沸かすときに外に排出される熱を再利用する給湯器が開発されました。
それが、エコキュートやエコジョーズです。
ちなみに、エコキュートは電気が燃料、エコジョーズはガスが燃料になります。
今はオール電化住宅も増えてきたので、エコキュートを選択する家も多くなりました。
しかし、エコキュートは電気が安くなる深夜にお湯を沸かして、給湯器内にためておくシステムです。
ですから、給湯器内のお湯が空っぽになってしまえばお湯が出なくなります。
エコワンはこのデメリットをガスの力で補う仕組みです。
電気で沸かしたお湯を給湯器内にためておくことは同じですが、お湯がたくさん使う場合はガスの力でお湯を沸かします。
ですから、お湯切れの心配がほぼありません。
また、電気で沸かしたお湯を低い温度で蓄えておき、使うときにガスの力で適温にします。
保温にかかる電気代が節約できるうえ、熱湯に近いお湯が蛇口から出る心配もありません。