エコウィルの仕組みはガスを使って発電給湯!経済性やメリットを解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

省エネ住宅が注目されている今、太陽光発電・パッシブ換気などを導入する住宅が増えています。近年話題を集めているのは、エコウィルというシステムです。
メディアでも取り上げられるようになり、エコウィルという言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか?環境に配慮され、ガスで発電して給湯する。何となくイメージされていても、具体的にどのようなシステムか知っている方は少ないはずです。
リフォームをきっかけにエコウィルの導入を検討されている方は、この記事を参考にしてみてください。

  1. エコウィルの特徴・仕組み
  2. エコウィルのメリット・デメリット
  3. まとめ

1.エコウィルの特徴・仕組み

エコウィルを導入する前に、特徴や仕組みを知っておくと安心です。

1-1.エコウィルとは? 

エコウィルは、ガスで発電して給湯暖房するシステムのこと。正式名称は、家庭用ガス発電給湯暖房システムです。エコウィルは、都市ガスとノーリツ・長府製作所が共同開発した給湯ユニット・本田技研工業の発電ユニットから構成されている給湯システムとされています。
都市ガスが自家発電した際に出る排熱でお湯を沸かし、給湯と暖房ができる家庭用ガスコージェネレーションシステムです。非常に効率良く電気とお湯を作り出す、エコロジーなシステムでしょう。

1-2.一石二鳥のシステム

エコウィルの特徴は、都市ガス1つのエネルギーで、電気と給湯2つのエネルギーを作り出すことができること。まさに、一石二鳥のシステムだといえるでしょう。
作り出した電気エネルギーは、床暖房・浴室暖房乾燥機・照明など幅広く利用できます。都市ガスの排熱エネルギーを無駄なく利用し、CO2削減にも大きく貢献しているシステムです。

1-3.エネファームとの違い

エネファームもエコロジーな発電システムです。エネファームと似たシステムですが、発電方法に違いがあります。ガスから取り出した水素が酸素と反応して電気を作るのがエネファーム。
エコウィルはガスを燃料にして稼働し、発電機を動かして電気を作り出します。本田技研工業が手がけていることから、自動車と似た発電方式を用いられているのです。

1-4.補助金制度

エコウィルを導入するにあたり、補助金や助成金を受けられるケースもあります。交付される金額は自治体により異なるため、事前に確認するといいでしょう。

12