【完全解説】電気温水器とは?電気温水器を購入したい人は必見です!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気温水器は、電気の力を使ってお湯を作ることができます。ガスや石油燃焼を伴うことが無い方式のため、環境を汚染しない点に注目が集まっているのでしょう。今回は、エコロジーの点でも期待できる電気温水器について、詳しく解説していきます

  1. 電気温水器の基礎知識を学ぼう
  2. 電気温水器について詳しく学ぼう
  3. 電気温水器とエコキュートについて詳しく解説
  4. 電気温水器のいろいろを知ろう
  5. 電気温水器の業者の選び方
  6. 電気温水器でよくある質問や疑問を解決しよう!

電気温水器について知りたい人や、購入を考えている人は、十分な知識を得ることができるでしょう。電気温水器の購入での失敗を防ぐためにも、ぜひ読んでくださいね。


1.電気温水器の基礎知識を学ぼう

まずは、電気温水器の基礎知識を学ぶことにしましょう。電気温水器について深く理解することで、購入時の失敗を防ぐことができますよ。

1-1.電気温水器の定義とは

電気温水器は、給湯器の一種。電気の力を利用して、お湯を沸(わ)かすことで、市シャワーやお風呂・キッチンでの使用が目的となります。給湯器の種類には、ほかにもガス給湯器や石油給湯器などもあるでしょう。しかし、現在は環境にやさしいエネルギー源に注目が集まっています。電気給湯器は今後も、注目を集めることは間違いないでしょう。

1-2.電気温水器を仕組み別に種類分けしよう

電気温水器を仕組み別で、種類分けしてみましょう。電気温水器には、大きく分けて2つの仕組みがあります。

1-2-1.貯湯(ちょとう)式の電気温水器

貯湯(ちょとう)式は、時間を指定してお湯を沸(わ)かすタイプの電気温水器です。今、人気のあるタイプと言えるでしょう。たとえば、電気代の安い夜間に指定してお湯を沸(わ)かしてタンクに保管しておくことができます。夜間に沸(わ)かしておくことで、いつでも使いたいときにお湯を使うことができるタイプと言えるでしょう。

1-2-2.瞬間式の電気温水器

瞬間式の電気温水器は、必要なときに必要な分だけお湯を沸(わ)かす方式になります。たとえば、冬場の洗面所用として、また、キッチンの洗いものをするときに向いているタイプと言えるでしょう。瞬間式の電気温水器は、少量のお湯が必要なときにおすすめのタイプです。

1-3.電気温水器を使用目的別に種類分けしよう

電気温水器を使用目的別で、種類分けをしてみましょう。使用目的別で分けた場合は、どのような種類があるのでしょうか。

1-3-1.給湯専用タイプの電気温水器

給湯専用タイプの電気温水器は、お湯を沸(わ)かす機能だけのタイプです。たとえば、最近の高機能タイプによくある追い炊(だ)き機能などは、付いていません。ごくシンプルなタイプなので、導入費用が安くなるというメリットがあります。

1-3-2.フルオートタイプの電気温水器

フルオートタイプの電気温水器は、スイッチひとつでお湯を沸(わ)かす・お湯を張る・保温ができます。また、湯温が規定以下に下がったときに追い炊(だ)きをするなどができる高機能タイプと言えるでしょう。忙しいご家庭には、フルオートタイプの電気温水器の導入が家事の手間を大きく省くことになります。なお、導入費用は高くなりますので承知しておいてください。

1-3-3.オートタイプの電気温水器

オートタイプの電気温水器は、お湯を沸(わ)かす・お湯を張(は)ることができるタイプになります。保温や追い炊(だ)き機能が付いていない点が、フルオートタイプとの違いと言えるでしょう。保温や追い炊(だ)き機能を省いた分だけ、フルオートタイプよりは低価格になる傾向があります。