【完全解説】電気温水器とは?電気温水器を購入したい人は必見です!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気温水器は、電気の力を使ってお湯を作ることができます。ガスや石油燃焼を伴うことが無い方式のため、環境を汚染しない点に注目が集まっているのでしょう。今回は、エコロジーの点でも期待できる電気温水器について、詳しく解説していきます

  1. 電気温水器の基礎知識を学ぼう
  2. 電気温水器について詳しく学ぼう
  3. 電気温水器とエコキュートについて詳しく解説
  4. 電気温水器のいろいろを知ろう
  5. 電気温水器の業者の選び方
  6. 電気温水器でよくある質問や疑問を解決しよう!

電気温水器について知りたい人や、購入を考えている人は、十分な知識を得ることができるでしょう。電気温水器の購入での失敗を防ぐためにも、ぜひ読んでくださいね。


1.電気温水器の基礎知識を学ぼう

まずは、電気温水器の基礎知識を学ぶことにしましょう。電気温水器について深く理解することで、購入時の失敗を防ぐことができますよ。

1-1.電気温水器の定義とは

電気温水器は、給湯器の一種。電気の力を利用して、お湯を沸(わ)かすことで、市シャワーやお風呂・キッチンでの使用が目的となります。給湯器の種類には、ほかにもガス給湯器や石油給湯器などもあるでしょう。しかし、現在は環境にやさしいエネルギー源に注目が集まっています。電気給湯器は今後も、注目を集めることは間違いないでしょう。

1-2.電気温水器を仕組み別に種類分けしよう

電気温水器を仕組み別で、種類分けしてみましょう。電気温水器には、大きく分けて2つの仕組みがあります。

1-2-1.貯湯(ちょとう)式の電気温水器

貯湯(ちょとう)式は、時間を指定してお湯を沸(わ)かすタイプの電気温水器です。今、人気のあるタイプと言えるでしょう。たとえば、電気代の安い夜間に指定してお湯を沸(わ)かしてタンクに保管しておくことができます。夜間に沸(わ)かしておくことで、いつでも使いたいときにお湯を使うことができるタイプと言えるでしょう。

1-2-2.瞬間式の電気温水器

瞬間式の電気温水器は、必要なときに必要な分だけお湯を沸(わ)かす方式になります。たとえば、冬場の洗面所用として、また、キッチンの洗いものをするときに向いているタイプと言えるでしょう。瞬間式の電気温水器は、少量のお湯が必要なときにおすすめのタイプです。

1-3.電気温水器を使用目的別に種類分けしよう

電気温水器を使用目的別で、種類分けをしてみましょう。使用目的別で分けた場合は、どのような種類があるのでしょうか。

1-3-1.給湯専用タイプの電気温水器

給湯専用タイプの電気温水器は、お湯を沸(わ)かす機能だけのタイプです。たとえば、最近の高機能タイプによくある追い炊(だ)き機能などは、付いていません。ごくシンプルなタイプなので、導入費用が安くなるというメリットがあります。

1-3-2.フルオートタイプの電気温水器

フルオートタイプの電気温水器は、スイッチひとつでお湯を沸(わ)かす・お湯を張る・保温ができます。また、湯温が規定以下に下がったときに追い炊(だ)きをするなどができる高機能タイプと言えるでしょう。忙しいご家庭には、フルオートタイプの電気温水器の導入が家事の手間を大きく省くことになります。なお、導入費用は高くなりますので承知しておいてください。

1-3-3.オートタイプの電気温水器

オートタイプの電気温水器は、お湯を沸(わ)かす・お湯を張(は)ることができるタイプになります。保温や追い炊(だ)き機能が付いていない点が、フルオートタイプとの違いと言えるでしょう。保温や追い炊(だ)き機能を省いた分だけ、フルオートタイプよりは低価格になる傾向があります。

2.電気温水器について詳しく学ぼう

では、電気温水器について詳しく学ぶことにしましょう。電気温水器を導入するメリットやデメリットのほかにも、メーカーや費用などさまざまな角度から解説をしますので参考にしてください。

2-1.電気温水器を導入するメリットとデメリット

電気温水器を導入するメリットとデメリットについて、両方とも確認しておきましょう。それぞれのポイントを確認して、実際に購入するときの参考にしてください。

2-1-1.電気温水器を導入するメリット

電気温水器を導入するメリットには、下記のようなものがあります。

  • いつでもお湯を使うことができる
  • 電気料金の安い時間を選んで沸(わ)かすことができる
  • 給排気用の設備や工事が不要
  • コンパクトに設置ができる
  • 一酸化炭素中毒の心配が無い
  • ガス温水器や石油温水器と比べて環境にやさしい
  • ガス温水器や石油温水器と比べて機器の寿命が長い

電気温水器の導入には。さまざまなメリットがあります。豊かなお湯を使うことができる生活を送るためにも、積極的に導入を検討してください。

2-1-2.電気温水器を導入するデメリット

電気温水器を導入するデメリットは、給湯能力が足りない場合があることです。たとえば、寒冷地では、冬場に十分な温度のお湯を沸(わ)かすことが不可能なときもあるでしょう。もちろん、寒冷地仕様の機器もあります。しかし、ガス給湯器や石油給湯器と比較すると、熱効率では低くなってしまうことは否定できません。また、ガス給湯器や石油給湯器のように給排気用の設備や工事は不要でも配水管の工事は必要になることを覚えておきましょう。

2-2.電気温水器を出しているメーカー

電気温水器を出しているメーカーは、主に下記となります。

  • パナソニック
  • 日立
  • リンナイ
  • 三菱電機
  • コロナ
  • 東芝キャリア
  • 日本イトミック
  • TOTO

電気温水器を出しているメーカーは、家電製品でも有名なところが多いでしょう。好きな家電メーカーの給湯器を最初にチェックしてみるのも、良い方法です。

2-3.電気温水器の耐用年数を学ぼう

電気温水器の耐用年数は、約10年から15年となります。使用頻度(ひんど)が高い場合は、耐用年数に達していなくても寿命となるので注意してください。特に故障が無くても、耐用年数以上に使用している場合は、買い替えを考えるタイミングと言えるでしょう。また、何らかの故障によって耐用年数以下でも交換の必要が出てくる場合もあるので覚えておいてください。

2-4.電気温水器の最近の傾向

電気温水器の最近の傾向は、小型でコンパクトなタイプの需要が増えている点でしょう。小型タイプの給湯器の需要が伸びている背景には、少子化と核家族化があります。少人数の家族にぴったりの給湯器が売れるのも、納得できると言えるでしょう。コンパクトタイプが売れるのは、住宅事情の問題で設置場所に制限があることが大きな理由です。また、多機能であることや、より省エネに配慮しているタイプのものも人気があるでしょう。

2-5.電気温水器の導入に必要な費用

電気温水器の導入に必要な費用は、電気温水器本体の費用に加えて、取り付けのための工事費や、配管工事費などが必要になります。また、買い替えの場合は、古い電気温水器などを取り外したり回収したりする費用も必要になるでしょう。電気温水器を導入するときは、総費用がいくらになるのかも、見積もりをもらったときにきちんと確認しておいてください。なお、電気温水器は、本体価格だけで数十万円ほどが目安となります。

2-6.電気温水器の選び方・ポイント

では、電気温水器の選び方とポイントについて解説します。電気温水器を選ぶためにも、いろいろな方法がありますのでチェックしてくださいね。

2-6-1.電気温水器を機能で選ぶ

電気温水器を、機能で選ぶ方法です。電気温水器に欲しい機能が付いているかどうかは、重要なポイントとなるでしょう。でも、皆さんそれぞれで、電気給湯器に求める機能は異なります。それに、現在販売している給湯器にどんな機能が付いているか、皆さんが知っているとは限りません。まずは、できるだけ多くのメーカー・機種のカタログや情報を見比べて機能の種類を知ることから始めましょう。調べていく中で、欲しい機能があるはずです。

2-6-2.電気温水器を使用人数で選ぶ

電気温水器を使用する人数で、必要なタイプを決める方法ですね。家族の人数が少ないのに大容量タイプを購入しても無駄になってしまいます。反対に、大家族なのにコンパクトな少人数用のタイプを購入することは、大きな不満をもたらすことでしょう。使用人数に適した容量の電気温水器を選ぶことは、重要なポイントです。

  • 使用人数が1人から2人:容量が200リットル程度
  • 使用人数が3人から4人:容量が370リットル程度
  • 使用人数が4人から6人:容量が460リットル程度

基本としては、上記の容量を目安に検討してください。ただし、使用人数を目安で選んでもお湯を使うことが多い人が家族の中にいる場合は、容量が多いタイプも検討してみましょう。

2-6-3.電気温水器をそのほかの目的で選ぶ

機能や使用人数で選ぶほかにも、好きなメーカーのものを選ぶのもひとつの方法と言えます。信頼しているメーカーの電気温水器は、気分も良くて安心して使うことができるでしょう。また、住んでいる地域が寒冷地に当たる場合は、寒冷地仕様の電気温水器を選ぶ必要があります。海が近い地域に住んでいる場合は、塩害対策仕様を選ぶ必要がある可能性もあるでしょう。皆さんのお住まいの地域によっては、電気温水器を選ぶときに気を付けてくださいね。

3.電気温水器とエコキュートについて詳しく解説

電気温水器とエコキュートは、どのような点で違いがあるのでしょうか。それぞれのメリットやデメリットなどを比較して理解を深めることも、大切ですよ。

3-1.エコキュートとは何か

エコキュート、という言葉をよく耳にすることでしょう。エコキュートとは、空気の熱でお湯を沸(わ)かす電気給湯器の一種です。エコキュートの正式な名前は、自然冷媒ヒートポンプ給湯器。電気温水器との違いは、お湯を沸(わ)かすときの仕組みにあります。エコキュートは、屋外に設置したヒートポンプユニットによってお湯を沸(わ)かす仕組み。電気温水器は、貯湯タンクの中にあるヒーターによってお湯を沸(わ)かす点で、違いがあると言えるでしょう。

3-2.エコキュートを導入するメリットとデメリット

エコキュートを導入するメリットとデメリットについて、理解しておきましょう。電気温水器と比べて、どんな点がメリットなのか、また、デメリットなのか確認してください。

3-2-1.エコキュートを導入するメリット

エコキュートを導入するメリットは、ガス温水器や石油温水器と比べてランニングコストを大きく減らすことができる点でしょう。毎月の光熱費を気にするご家庭は、エコキュートの導入で大きなメリットとなるはずです。また、震災などの非常時に貯湯(貯湯)タンクの水を非常用水として活用することも、可能でしょう。エコキュートは常時・非常時いずれの場合にも、導入メリットが大きいのです。

3-2-2.エコキュートを導入するデメリット

エコキュートを導入することにも、デメリットはあります。エコキュートを導入するデメリットは、初期費用が高くなることでしょう。ガス給湯器や石油給湯器と比べると、エコキュートは5倍以上の価格になることもあります。また、冬場には熱効率が悪くなることもデメリットと言えるでしょう。夏場に比べて、冬場に電気代が高くなると考えておいてください。

3-3.エコキュートが人気の理由

エコキュートが人気の理由は、やはり電気代を安くできる点が大きいでしょうね。電力会社は、夜間の電気代を大きく下げているところが多いです。日中に比べて、夜間は就寝中のため全体として電気使用量が少ないからでしょう。エコキュートは、夜間の電気代の安さを最大限に生かした給湯システムと言えます。また、タンクの水を非常用水に活用できる点も震災以降に人気が集まっていると考えて良いでしょう

3-4.エコキュートを出しているメーカー

エコキュートと出しているメーカーは、主に以下となります。

  • パナソニック
  • 日立
  • リンナイ
  • ダイキン
  • 三菱電機
  • コロナ
  • 東芝キャリア
  • 長府製作所

家電メーカーとして、有名なところもあります。また、普段は耳慣れないメーカーもあることでしょう。エコキュートのメーカーにかんしては、メーカーごとに特色があります。皆さんが希望する性能を持つエコキュートが、好きなメーカーのものであるとは限りません。エコキュートを選ぶときには、メーカーの知名度やイメージだけで判断することは止めましょう。

3-5.エコキュートの導入費用やランニングコスト

エコキュートの導入費用や、ランニングコストについて考えてみましょう。エコキュートの導入費用やランニングコストは、導入する機器の種類と使用回数で大きく異なります。しかし、エコキュートは初期の導入費用が高いことが特徴と言えるでしょう。ランニングコストについては、毎月の電気代が見違えるほど安くなることもあります。つまり、エコキュートは長く使うほどに初期費用の高さを回収できると言えるでしょう。

3-6.エコキュートの耐用年数と交換時期の目安

エコキュートの耐用年数は、約10年となります。特に目立った故障が無い場合でも、10年以上のものは交換を考えてみましょう。特に故障していなくても、購入当時と比べて性能が落ちていることも多いです。また、10年前と比べると最新機器の方が電気代が安くなったり性能が上がったりしていて有利なことも多いでしょう。交換時期の目安としては、エコキュート機器の寿命のほかにも、家族構成が変わったり使用回数や目的が変化したりするタイミングもあります。現在使っているエコキュートでは物足りなくなった場合など、耐用年数を過ぎていなくても交換を考えて良いでしょう。

3-7.エコキュートの選び方・ポイントを解説

エコキュートの選び方やポイントについて。お話をします。何を重視して選ぶかによって、最適なエコキュートの種類は異なるでしょう。

3-7-1.エコキュートを機能で選ぶ

エコキュートを選ぶ方法として、機能を重視することを挙げることができるでしょう。たとえば、指定時間に自動でお湯を張ってくれる機能ですね。また、追い炊(だ)き機能が付いていると寒い時期にも便利でしょう。給湯器に求める機能は、家庭の状況によって異なります。快適に使うためにも、希望する機能が付いた給湯器を選ぶことは、はずすことができないと考えましょう。

3-7-2.エコキュートを使用人数で選ぶ

購入予定のエコキュートを、使用人数で選ぶ方法もあります。夫婦2人だけで使う家庭と、大家族で使う場合ではエコキュートに求める容量が大きく異なるでしょう。使用人数で選ぶ目安としては、下記を参考にしてください。

  • 1人から2人で使用する場合:容量が200リットル前後のタイプ
  • 3人から4人で使用する場合:容量が370リットル前後のタイプ
  • 4人から6人で使用する場合:容量が460リットル前後のタイプ

7人以上で使いたい場合は、より大容量のものを検討するか、使用時間の工夫が必要になるでしょう。使用人数に応じたタイプを選んで、賢く使うことを考えてください。

3-7-3.エコキュートをそのほかの理由で選ぶ

たとえば、1日2回朝と夜に家族がシャワーを浴びたい場合など、通常よりも湯量が多いタイプの方がおすすめになります。また、エコキュートは初期費用が高いため、価格を重視して選ぶことも否定はできません。さらに、場合によっては、寒冷地仕様や塩害地用を選ぶ必要があることも忘れないでください。でも、最も大切なことはエコキュートを導入しようとする皆さんが納得できる製品を選ぶことができるか、ということです。選び方で不安がある場合は、何を重視しているのか考え直したり業者に相談したりしてみましょう。

4.電気温水器のいろいろを知ろう

さて、電気温水器についてもう少し深く学ぶことにしましょう。設置場所や故障の対処方法についても知っておいてください。

4-1.電気温水器の設置場所はどこにするか

電気温水器の設置場所を、屋内にするか屋外にするかで悩むことでしょう。屋内設置する場合は、防水バンを置いた上に設置する必要があります。また、専用のスペースも必要になるので注意しましょう。屋外に設置する場合も、適切なところを考える必要があります。設置場所から離れることで、給湯に時間が掛かることもあるでしょう。また、天候や気温の影響を受けやすい場所に設置することはおすすめしません。設置場所にかんしては、業者ともよく相談して適切な場所を決めてください。

4-2.電気温水気の故障について

電気温水器も、故障することがあります。主な故障のパターンとしては、下記のようなものがあるでしょう。

  • お湯がまったく出ない
  • お湯の温度が安定しない
  • お湯の供給量が安定しない
  • 指定した時間にお湯を沸(わ)かすことができない
  • お湯が給水管から漏(も)れている

電気温水器が故障したと思った場合でも、機器をリセットすることで直ることがあります。リセット方法は、電気温水器の使用説明書やメーカーのサイトを参考にしてください。リセットをしても直らないときは、早めに購入業者に連絡をして修理を依頼しましょう。また、お湯が漏(も)れているときは、給水管などが破損している可能性があります。給水管など物理的な破損の場合は、リセットボタンでは直すことができません。すぐに購入業者に連絡をして、部品交換などの修理対応を依頼してください。

5.電気温水器の業者の選び方

適切な電気温水器を購入するためには、良い業者から購入することが大前提となります。ここでは、電気温水器の業者の選び方について、ポイントなどを解説しましょう。

5-1.電気温水器の業者を選ぶポイント

電気温水器の業者を選ぶポイントについては、下記をご覧ください。

  • 電気温水器の販売や導入で豊富な経験と知識を持っていること
  • 費用見積もりを無料で行ってくれること
  • 不必要な機器を押し売りしてこないこと
  • 希望する日時に工事を行ってくれること
  • 問い合わせをしたときの対応が親切で感じが良いこと
  • 故障時の対応やアフターフォローが良いこと

良い業者を選ぶことが、電気温水器の購入で満足できる結果をもたらします。業者選びにも、気を抜かないことがコツでしょう。

5-2.電気温水器の業者はトラブル対応の良さが重要

電気温水器の業者は、トラブル対応の良さを重視して選んでください。電気温水器は、一般家庭の場合ほぼ毎日使用することになるでしょう。電気温水器は、使用頻度(ひんど)が高い性質のため故障する確率も高いものです。万が一故障したときは、お湯を使うことができなくなってしまうでしょう。お風呂など、お湯を使うことができない生活はとても不便です。電気温水器のトラブルは、早急に解決する必要があるでしょう。万が一のときのためにも、トラブルを早急に解決してくれる業者を選ぶことが大切です。

5-3.電気温水器の業者はアフターフォローの良さもチェック

電気温水器を購入するまでは対応が良いのに、購入後はまったくフォローが無い業者も存在します。しかし、電気温水器こそ購入後のフォローが大切と言えるでしょう。特に問題が無くても、定期点検を行うことで思わぬトラブルを防ぐことも可能です。また、アフターフォローを受けている方が機器も長持ちすることでしょう。せっかく購入した電気温水器を快適に長く使うためにも、定期点検などのアフターフォローが良い業者を選んでください。

5-4.電気温水器を導入するときの設置費用

電気温水器を導入するときには、どのくらいの設置費用が必要なのでしょうか。電気温水器を導入するためには、電気温水器本体以外にも、設置費用が必要になります。電気温水器の設置費用の目安については、下記を参考にしてください。

  • 電気温水器の標準設置費用:約4万円から

設置場所によっては、配管の延長工事費用や特別な部材費が必要なこともあります。具体的に設置費用については、業者に見積もりをもらって調べてください。なお、電気給湯器を新規に購入することを条件に、標準設置費用がサービスとなる場合もあります。

5-5.電気温水器を導入するときの注意点

電気温水器を使うことにも、メリットとデメリットがあることはお話をしたとおりです。電気温水器のメリットを最大限に活用する使い方を考えて、使用してください。メリットを最大限にするためも、また、デメリットを最小限にするためにも、電気温水器の選び方が適切かどうかによります。導入時には、業者とよく相談をして最適なものを選びましょう。導入してから後悔することが無いように、じっくり選ぶことをおすすめします。

6.電気温水器でよくある質問や疑問を解決しよう!

それでは、電気温水器でよくある質問や疑問にお答えしていきます。皆さんが疑問に思っていること、解決しておきましょう。

6-1.ひとり暮らしで電気温水器を導入するのは無駄でしょうか?

ひとり暮らしであっても、電気温水器の導入で大きなメリットを感じる場合は導入をおすすめします。お湯を気兼ねなく使うことができることや、電気代を安くできることなど、ひとり暮らしでもメリットは大きいでしょう。ただし、賃貸住宅など近所との距離が近い場合は、夜間に貯湯(ちょとう)しているときの動作音が気になることがあります。また、賃貸契約の内容によって貸し主の許可が必要なこともあるでしょう。十分に確認をしてから、導入してください。

6-2.電気温水器の買い替えは同じメーカーのものにするべきですか?

今まで使っていた電気温水器の寿命を機会に、新しい電気温水器への買い替えを考えている人も多いでしょう。買い替えのときに多くの皆さんが悩むポイントとして、同じメーカーのものに買い替えるべきかということがあります。同じメーカーのものに買い替えるメリットは、操作方法に慣れがあるために新機種の取り扱いがしやすいことがあるでしょう。

メーカー自体を気に入っている場合は、そのまま同じメーカーのものに買い替えて問題ありません。しかし、特にメーカーにこだわりが無い場合は、買い替えを良い機会として幅広いメーカーのものから検討することをおすすめします。ほかのメーカーのものの中に、皆さんの要望にぴったりのものが隠れている可能性もあるでしょう。

6-3.電気温水器の扱いで小さな子どもがいるときに注意する点は何ですか?

電気温水器は、とても簡単な操作でお湯を沸(わ)かすことができたり給湯することができたりします。簡単に操作ができる点は、大きなメリットと言えるでしょう。しかし、小さなお子さんがいる場合は、思わぬ操作ミスでヤケドなどの原因にもなります。

また、目を離したときに給湯を始めてしまって溺(おぼ)れる心配もあるでしょう。小さなお子さんからは目を離さないことと同時に、エコキュートを操作しているところを見せないこともひとつの方法です。エコキュートの操作にかんして、お子さんに興味を持たすことが無いように気を付けてください。

6-4.別居している親に電気温水器を使ってもらうときの注意点は何ですか?

ガス温水器や石油温水器を使っている親に対して、買い替えを機会に電気温水器への変更を考えている人もいるでしょう。高齢になると、オール電化にした方が何かと便利なことも多く、かつ、安全だからです。注意点としては、今まで使っていた温水器との違いを理解してもらうことと、操作方法をきちんと説明することでしょう。電気温水器は、安全でクリーンな温水器です。しかし、正しい使い方をマスターすることが大前提でしょう。

6-5.電気温水器を導入するために電気の契約アンペア数を上げるべきですか?

電気温水器を導入するときに、電気の契約アンペア数が気になることがあります。特に、今まで低アンペア数で契約をしている家庭では、電気温水器の導入は気掛かりな点でしょう。電気温水器を導入する場合には、60アンペア程度が必要になると予想できます。50アンペア以下の場合は、ほかの電化製品を使うタイミングによって電力不足を感じるときがあるでしょう。皆さんが今60アンペアの契約をしていて、特に問題が無いようならば60アンペアのままで様子を見るのも良い方法です。もしも、支障がある場合は、契約アンペアを上げてください。

まとめ

さて、今回は人気の電気温水器について詳しくお話をしてきましたがいかがでしょう。電気温水器は、クリーンなエネルギーを使用することで環境にやさしいほかにも、いつでもお湯が使えることが生活の質を上げることに役立ちます。適切な電気温水器を選ぶことで、毎日がますます楽しくなることでしょう。しかし、適切な電気温水器を選ぶためには、プロのアドバイスを受けた方が良いです。良い業者を選んで購入することで、満足できるアフターサービスを受けることも可能でしょう。電気温水器は頻繁(ひんぱん)に買い替えるものでは、ありません。後悔しない買い方をするためにも、記事を読んでじっくり学んでくださいね。