【お役立ち】電気温水器の水漏れの原因は? 対処法を完全伝授します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気温水器があると、温かいお湯をふんだんに使うことができてとても便利です。もはや、毎日の暮らしに欠かすことができない存在と言えるでしょう。さて、電気温水器の故障のひとつに水漏れがあります。もしも水漏れした場合には、どんな対処をするべきなのでしょうか。今回は、電気温水器の水漏れについて原因や対処法を詳しく解説します。今困っている人だけでなく、電気温水器を使用中の人やこれから導入を考えている人も必見です。

  1. 電気温水器とは
  2. 電気温水器の水漏れとは
  3. 電気温水器の水漏れで確認すること
  4. 電気温水器の修理や交換について
  5. 電気温水器の水漏れでよくある質問

この記事を読むことで、電気温水器の水漏れの原因を知り、正しく対処できるようになります。また、修理か、買い替えかの判断もできることでしょう。まずは、じっくり記事を読んでみてください。電気温水器の水漏れにかんする疑問や不安を解決することができて、必ず役に立ちますよ。


1.電気温水器とは

最初に、電気温水器の基本を学びましょう。種類・メーカー・特徴など、意外と知らないことがあるはずです。

1-1.電気温水器とはどんなもの?

電気温水器とは、電力を使って温めたヒーターにより、湯を沸かす機械のことです。今では、環境にやさしく、空気を汚さない給湯器として幅広く普及しています。電気代の安い夜間を利用してお湯を沸かすことができるので、光熱費の節約になるのも電気温水器の特徴です。

1-2.電気温水器の種類やメーカー

電気温水器の種類やメーカーをご紹介します。

1-2-1.電気温水器の種類

電気温水器は、大きく2つに分けることができます。

  • 瞬間式電気温水器:必要なときに必要な分だけ沸かすタイプ
  • 貯湯(ちょとう)式電気温水器:あらかじめお湯を沸かしておき、必要なときに使うタイプ

また、貯湯(ちょとう)式電気温水器も機能によって以下のように分けることができます。

  • フルオートタイプ:自動でお湯張り・保温・足し湯がすべてできるタイプ
  • オートタイプ:自動でお湯張りができるタイプ
  • 給湯専用タイプ:お湯を出すことだけできるタイプ

1-2-2.電気温水器の主なメーカー

  • リンナイ
  • コロナ
  • 三菱電機
  • パナソニック
  • 日立
  • 日本イトミック
  • 東芝キャリア
  • TOTO

給湯器全般に強いメーカーもあれば、家電メーカーとしても有名なところも多くあります。

1-3.電気温水器の特徴

電気温水器は、熱源に電気を利用しているタイプの温水器です。貯湯タイプは、深夜帯など、電気料金が安い時間帯にお湯を沸かすことができるため、光熱費が安くなることがメリットとなります。電気を使うことで排ガスが出ず環境にやさしいことや、中毒の心配が無いことから普及が拡大しているのです。

メリット:ガスや石油を燃料としないので空気が汚れない・中毒の心配が無い
デメリット:初期費用が高い・冬場は大量のお湯を使うと十分な温度になりにくい

1-4.電気温水器の現状

家族の少人数化が進んでいることや住宅事情の影響から、電気温水器も、よりコンパクトで少人数用に適したものが増えてきました。現在、電気温水器の普及率は20%を超える勢いがあります。環境への配慮や安全性の高さから、電気温水器を選ぶ家庭が増えているのです。

1-5.電気温水器の耐用年数について

電気温水器の耐用年数は、一般的に約10年から15年となります。ただし、使用頻度が高いため、寿命よりも早く故障が起きて交換を余儀なくされることもあるでしょう。10年から15年と言う耐用年数は、あくまでも目安と考えてください。

1-6.電気温水器によくある故障

  • お湯の温度が十分に上がらない
  • お湯が出ない(水のまま)
  • お湯張り機能が使えない
  • リモコンが操作できない
  • 電源が入らない
  • 水漏れがある

水漏れ以外の故障は、一度電源を切り、再度入れることで直ることもあります。何度やっても改善しないときは、修理もしくは買い替えを検討しましょう。水漏れについては、速やかに原因を突き止めることが肝心です。