風呂で寝る危険性・デメリットとは?風呂で寝ないようにする対策

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂の時間は心身ともにリラックスできる大切な時間です。
しかし、疲れからか入浴中に寝てしまうと、死に至る事故につながりかねません。
実際、入浴中の睡眠による死亡事故が起きています。
安全に入浴するためにも、風呂で寝る危険性やデメリット、風呂で寝てしまうことを防ぐ対策、安全な入浴法について把握しましょう。
風呂で寝る危険性を知りたい、入浴中に寝てしまうことがある人は、ぜひ参考にしてください。
そして、安全な方法で入浴していきましょう。

  1. 風呂で寝る危険性・デメリット
  2. 風呂で寝てしまうことを防ぐ対策
  3. 安全な入浴法
  4. まとめ

1.風呂で寝る危険性・デメリット

風呂で寝る行為は非常に危ないことです。
睡眠不足が続き、疲れがたまっていると温かい風呂は催眠効果をもたらすでしょう。
しかし、自分で注意しながら入浴しなければなりません。
そこで、風呂で寝る危険性・デメリットについて詳しく説明します。

1‐1.血圧の変化による意識障害

家の中でも風呂場で起きる事故は非常に多いです。
基本的に、温かい風呂に入ると血圧が上昇します。
今まで寒いところにいたのならなおさら、血圧が急上昇するでしょう。
しかし、ある程度入浴していると上昇した血圧が下がります。
実は、短時間における血圧の変化が命危険をもたらすのです。
短時間で起こる血圧の変化は、体に大きな負担をかけてしまいます。
特に、低血圧で貧血をよく起こす人ほど、意識障害になりやすいです。
軽い症状のめまいが起きたり、ひどい人は気絶したりと危ない状態になります。
湯船の中で気絶すれば溺れるでしょう。注意しながら入浴しなければなりません。

1‐2.心臓に大きな負担がかかる

長風呂が大好きという人はたくさんいるでしょう。
しかし、長風呂は内臓に大きな負担をかけてしまいます。
風呂の中で寝ると長風呂になるはずです。
いつの間にか寝てしまい、長時間体が湯船につかっている状態になります。
基本的に、人間にとってちょうどいい入浴時間は「15分」です。
15分以上つかっていては、血圧の降下が激しく体温が上昇します。
心臓などの内臓がダメージを受け、白血球の数が少なくなるのです。
結果、免疫力が低下して疲れやすい体質になるでしょう。
入浴の仕方によっては体が不健康になってしまいます。
特に、抵抗力の弱い高齢者や子どもは注意しておかなければなりません。

1‐3.脳に血液がたまってのぼせる

風呂に長時間つかっていると頭がくらくらするような「のぼせ」を感じるでしょう。
なぜのぼせるのかと言うと、入浴によって血液循環が活発になっているからです。
風呂に入ると血圧が高くなりますが、熱を持った体が発散しようとします。
血液循環が活発化して脳に血液が流れやすくなるのです。
もし、風呂で寝てしまえば脳にたくさんの血液がたまるでしょう。
のぼせを起こすと、頭痛やめまい、吐き気もやってきます。体全体がつらい状況になるので注意してください。
さらに、風呂で寝ると“脱水症状”を起こしがちです。
年々暑くなっている夏、脱水症状を起こす人が増えてきました。
風呂も蒸気や熱でこもっているため、体から水分がなくなります。
非常に危ない状態なので気をつけましょう。

12