蛇口の交換時期・方法が知りたい! 水道のトラブル対処法をご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「蛇口から甲高い音がする」「ポタポタと水漏れがする」など、水道の蛇口トラブルで頭を抱えている方が多いでしょう。キッチンなど利用頻度の高い場所ほどトラブルの発生率が高くなります。水道の蛇口は生活と密接に関係する箇所なので、早めの対応が必要です。そこで、本記事では、蛇口の交換をスムーズに行うために必要な知識を解説します。

  1. 蛇口の交換について
  2. 蛇口の交換方法
  3. 蛇口の交換~取付工事付き商品について
  4. 蛇口の交換に関してよくある質問

この記事を読むことで、蛇口の交換の目安や方法などが分かります。検討している方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


1.蛇口の交換について

生活に必要不可欠な水は、蛇口から出てくるものです。その蛇口が使えなくなってしまえば、水も使うことができません。では、蛇口の交換はいつ行えばよいのでしょうか。

1-1.どんな場合に必要か

使用頻度にもよりますが、蛇口の耐用年数は約10年といわれています。10年以上使い続け、不具合が頻繁に起きているのなら、修理するよりも、蛇口本体を取り替えたほうがよいでしょう。蛇口だけでなく、キッチン・洗面台・風呂場・洗濯機など水まわりの耐用年数は、だいたいが10年なので一気にリフォームする方もいます。10年以上経過すると、ほかのネジ・ボルトなどの部品も固くくっついていることがあるため、蛇口の分解だけで済まなくなる可能性があるでしょう。たとえば、蛇口が付いているシンクを解体しなければならないというケースなどです。大がかりな工事にならないために、早いうちに対処する必要があります。

1-2.交換時期・すべき状況とは

主に、蛇口を交換すべき状況は以下のとおりとなります。

  • 蛇口から水漏れしている
  • 蛇口が錆(さ)びている
  • お湯の温度が調整できない
  • レバーの動きが悪い

特に、蛇口からの水漏れは早めに交換することをおすすめします。パッキンが古くなって水が漏れている・ナットを締めても水漏れが止まらない場合は、蛇口を丸ごと交換したほうがよいでしょう。部品だけを交換しても、再び水漏れが起こる可能性があります。
また、水道料金を節約したい・自動水栓に変えたい・地震に対応した蛇口に交換したいという希望が出てきたときも、蛇口交換の目安の1つです。

1-3.蛇口の種類

住まいや設置場所の違いによって、蛇口の種類はさまざまです。どのような種類があるのか、場所別に紹介しましょう。

<キッチン>

  • 台付(デッキ)/ワンホール:蛇口が台(デッキ)に取り付けられており、水栓取り付け穴が1つある
  • 台付(デッキ)/ツーホール:水栓取り付け穴が2つあるバージョン
  • 壁付:蛇口が壁に取り付けられているタイプ。壁面に取り付け穴が2つある

<浴室>

  • 台付(デッキ):蛇口が浴槽のフチなどに取り付けられているタイプ。シャワーあり、2ハンドルタイプもある
  • 壁付:蛇口が壁に取り付けられているタイプ。壁面に取り付け穴が2つあり、シャワーありなしのタイプがある

<洗面>

  • 台付(デッキ)/ワンホール:蛇口が台に取り付けられており、ポップアップ式とワンプッシュ式がある
  • 台付(デッキ)/ツーホール:蛇口が台に取り付けられており、水栓取り付け穴が2つある。ポップアップ式とワンプッシュ式の2タイプ
  • 台付(デッキ)/コンビネーション:蛇口が台に取り付けられており、吐水口と本体が離れているタイプ

蛇口を交換する前に、どの場所の蛇口を換えるのか明確にしておきましょう。場所によって蛇口の使用目的も異なるため、選ぶ種類も変わります。

2.蛇口の交換方法

自分で蛇口の交換をする方法と、業者へ依頼する方法を説明します。

2-1.自分でやる方法

蛇口の交換を自分でする場合、必要な道具を用意しなければなりません。ここでは、自分でやる場合のメリット・デメリットや方法などについて説明します。

2-1-1.メリット・デメリット

自分でする大きなメリットは、費用が節約できることです。しかし、必要な道具・部品を準備しなければならない、失敗するおそれもある、余計にややこしい状態へなってしまうデメリットもあります。蛇口の交換に関する知識がなければ、壊れてしまう可能性もあるので要注意です。また、必ずしもうまく交換できるとは限りません。思っている以上に作業が難しく、時間と手間がかかるのもデメリットの1つです。

2-1-2.使う道具

キッチン・洗面での蛇口交換の場合、以下の道具が必要となります。

  • モンキーレンチ
  • シールテープ
  • 古新聞
  • 歯ブラシ
  • 新しい蛇口

以上の道具を用意すれば、単水栓・混合水栓の交換が可能です。ワンホール混合水栓の交換を行う場合は、納付工具とプラスドライバーを用意しておいたほうがよいでしょう。また、ツーホール混合水栓の場合もパッキンが必要となるため、事前にどの蛇口を交換するのか確認してください。

2-1-3.方法

蛇口交換の方法は、蛇口の種類によって異なります。ここでは、参考としてキッチンの蛇口でよく使われる「ツーホール混合水栓」の交換方法を説明しましょう。

  1. 最初に、止水栓をマイナスドライバーなどを用いてしっかりと閉じる(主にシンク下にありますが、見つからない場合は元栓を閉める)
  2. 水道蛇口を締めているナットを取りはずし、蛇口本体を引き抜く
  3. 取り付け穴に新しい水道蛇口を差しこむ(付属のパッキン→座金→ナットの順番で取り付ける)
  4. 止水栓を開けて、水漏れがないかをチェックし完了

2-1-4.注意点

蛇口交換は、実際にやってみると大変な作業です。順序や方法を間違えてしまうと、新しい蛇口に交換しても水漏れが起こるおそれがあります。正しく交換するためにも、無理だと思ったら業者に依頼してください。無理やり自分で交換してしまうと、さらにひどい状態となり、大がかりな工事が必要になる可能性もあるので要注意です。

2-2.業者への依頼

業者へ依頼するメリット・デメリット、依頼先について説明します。

2-2-1.メリット・デメリット

業者へ依頼する大きなメリットは、適切な方法で交換ができることです。実績のある業者に依頼することで、理想的な蛇口に安心して交換できるでしょう。アフターフォローが充実している業者なら、交換後のトラブルも無償で対応してくれます。ただし、交換工事の費用がかかる点がデメリットです。優良業者なら、適正価格での交換が可能なので、安心に値する価格だと考えましょう。

2-2-2.どこへ依頼するか

蛇口や給湯器などの設置・交換工事を行っている業者に依頼してください。ただし、業者の中には悪徳業者も存在しているため、信用できるところかどうか見極めることが大切です。業者選びのポイントについては、後ほど【3-4.業者の選び方】で説明するので、ぜひチェックしてください。

3.蛇口の交換~取付工事付き商品について

業者へ依頼する際におすすめなのが、取付工事付き商品です。一体、どのような商品なのでしょうか。

3-1.取付工事商品とは

取付工事商品とは、蛇口本体と取付工事価格がセットになっている商品です。一般的な工事は、本体価格と工事費を合わせた総額を計算して請求することになりますが、取付工事商品は標準工事込みの価格です。そのため、蛇口交換にかかる費用が一目で分かるでしょう。

3-2.メリット

蛇口に不具合が生じた場合、10年以上経過している蛇口は部品が手に入るか分かりません。また、修理に時間がかかることもあります。しかし、取付工事付き商品を選択すれば、蛇口が丸ごと交換できると同時に工事費も含まれているので、時間と手間がかかりません。さらに、商品をセットにすることで、工事費を節約できることもあります。蛇口の交換を考えている方は、取付工事付き商品を検討してみてはいかがでしょうか。

3-3.商品の選び方

取付工事付き商品といっても、さまざまな種類があります。商品選びのポイントとしては、どこで何のために使用するのか「目的」を明確にすることです。たとえば、キッチンで使う場合は、料理に使いやすいタイプを選ぶなど、サイズや機能性を重視します。また、現在の蛇口に感じている不満もハッキリさせておくと、次の蛇口が選びやすくなるでしょう。複数の候補を比較することで、適切な種類が選択できます。

3-4.業者の選び方

どの業者に依頼すべきか悩むときは、以下のポイントに注目してください。

  • 蛇口の交換など水まわりの作業に実績がある
  • 蛇口の種類を豊富に取りそろえている
  • 取付工事付き商品の種類が豊富
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 無料相談・無料見積もりを行っている
  • アフターフォローが充実している

悪徳業者は、対応が悪く、アフターフォローが整っていません。以上のポイントを踏まえつつも、口コミや評判をチェックするとよいでしょう。

3-5.京都環境ネットの紹介

給湯器・住宅設備の激安販売・設置工事を行っている「京都環境ショップ」では、取付工事付き商品を多数用意しています。キッチン用・洗い場専用・台付・壁付タイプなど多種多様です。また、TOTO・LIXILなど有名メーカーも多数取りそろえているので、目的に合った蛇口が選択できます。価格も工事費込みで、3万~5万円です。気になる点や不安な点があれば、1度ご相談ください。

4.蛇口の交換に関してよくある質問

蛇口の交換に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.10年以上使い続けている蛇口の修理は難しい?
A.年数が経過していると製造が終わっていたり、蛇口を設置するための穴やサイズなどの規格が変化したりする可能性があります。修理に必要な工具・部品などの規格が変わっていることもあるため、正直なところ修理は困難でしょう。交換よりも修理のほうにお金がかかる可能性もあるため、10年を目安に丸ごと交換することをおすすめします。

Q.地震に対応した蛇口とは?
A.阪神大震災・東日本大震災などをきっかけに、地震対策の蛇口へ交換する方が増えてきました。地震に対応した蛇口は、レバーを上げると出るタイプの水栓です。押し下げるタイプは、地震の際に落下物などで下がってしまい、水が出続けてしまいます。まだ、旧型を使用している方は、地震に備えた蛇口への交換を検討してください。

Q.ほかの蛇口の種類が知りたい
A.水またはお湯だけ出る「単水栓」、水とお湯を混合した「混合水栓」、食器洗い乾燥機や整水器などを水栓に取り付けて分岐する「分岐水栓」などがあります。また、レバー1つで水の出る量や温度が調節できる「シングルレバー」、温度調節ハンドルの目盛りを合わせる「サーモスタット」などさまざまです。

Q.蛇口のトラブルを予防するポイントとは?
A.日ごろから、水道設備に関する点検・チェックを行いましょう。水漏れが起きていないか、不具合が発生していないか、使いづらいと感じる点はないかなど、日々の使い方を見直すのも大切なポイントです。少しでも気になる箇所があれば、業者に相談してください。早めに対処したほうが、費用も節約できるでしょう。

Q.どんな取付工事付き商品があるのか?
A.「京都環境ネットショップ」では、キッチン・浴室・洗面など住宅設備の取付工事付き商品を販売しています。たとえば、高性能浄水カートリッジとハンドシャワーが付いているタイプから、水はねしにくい泡立つシャワーなどさまざまです。いくつかの商品を比較してみて、目的に合った種類を選択してください。

まとめ

いかがでしたか? 蛇口の耐用年数は約10年といわれています。10年以上使い続けている蛇口は、水漏れが起きたり、設定温度とは違うお湯が出たりとさまざまな不調が出てくるものです。そのまま使い続けていると、生活にストレスを感じるようになるでしょう。設置してから2~3年経過しているのであれば修理でもよいですが、10年近く使っているのなら交換をおすすめします。業者の中には、取付工事付き商品を販売しているところもあるので、ぜひチェックしてください。工事費込みでの取り付けが可能です。