フルオート給湯器に交換! 湯沸かし器取り付け工事のポイント&注意点まとめ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂に追い焚(だ)き機能が付いていない家庭では、冷めたお湯に我慢して入ったり、差し湯をして光熱費がかさんでしまったりといった問題を抱えていることかと思います。家族がお風呂に入る時間がバラバラで、帰宅が遅い夫や妻のためにいつも温かいお風呂を用意してあげたいという方も少なくないでしょう。
そこで、今回は、フルオート給湯器についてご説明します。

  1. 給湯器とは
  2. フルオートの給湯器について
  3. フルオート給湯器の選び方
  4. フルオート給湯器の取り付け・故障・交換について
  5. 給湯器についてよくある質問
  6. まとめ

給湯器の交換を検討している方や、フルオート給湯器の設置を考えている方にはぴったりの記事となっています。フルオート給湯器が向いている家庭や、メリット・デメリットについても分かるので、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。


1.給湯器とは

1-1.どんなものか・種類

給湯器(湯沸かし器)とは、水を温めてお湯を台所や風呂などに供給する器械のことです。ガスや電気を使って湯を沸かす仕組みとなっています。
瞬間式給湯器は、蛇口をひねってお湯を出そうとしたときに、水を瞬間的に温めて供給する仕組みです。一方、貯湯式の給湯器は、深夜の電気代が安い時間帯に、電気でお湯を温めて貯(た)めておく仕組みになっています。

1-2.給湯器の最近の傾向

最近では、エコを重視した給湯器の人気が高まってきています。ガスを熱源としたエコジョーズや、電気を熱源としたエコキュートなどが代表的です。お湯を温める際の排熱を効率よく利用するのが特徴となっています。また、追い焚(だ)き機能の付いた給湯器も人気です。人数が多い家庭や、帰宅時間が遅い人がいる家庭では重宝するでしょう。

2.フルオートの給湯器について

2-1.フルオートの給湯器とは?

追い焚(だ)き機能付きの給湯器には、フルオートタイプとオートタイプがあります。名前のとおり、フルオートタイプのほうが機能は充実しており、追い焚(だ)き機能を付けるならフルオートタイプを選ぶ方が多い傾向にあるでしょう。

2-2.フルオートタイプの特徴・機能について

フルオートタイプの給湯器では、主に以下のようなメリットがあります。

  • 設定水位まで自動お湯はり・自動足し湯
  • 水温を感知し自動追い焚(だ)き
  • 人の入浴を感知し、自動追い焚(だ)き
  • 排水時、配管の自動洗浄

2-3.フルオート給湯器のメリット・デメリット

オートタイプの給湯器は、水位ではなく水量でお湯をはるため、もともと残り湯がある場合はあふれてしまうことがあるのです。また、足し湯は、自分でボタンを押して行うこととなります。機能面ではフルオートタイプの圧勝ですが、すべて自動で行うため、設定や使い方によっては、必要ないときにも追い焚(だ)きや足し湯がされてしまうというデメリットもあるのです。

2-4.メーカーについて

有名な給湯器メーカーとしては、以下のようなものがあります。給湯器選びの参考にしてみてください。

  • リンナイ
  • ノーリツ
  • パロマ

2-5.使用上の注意点

前述のとおり、フルオートタイプの給湯器では自動で追い焚(だ)きや足し湯が行われるのです。必要のないときもこれらの機能が作動してしまうことがあります。家族全員が入り終わったらお湯を抜いたり設定を解除したりするなどの注意が必要です。

3.フルオート給湯器の選び方

3-1.給湯器の選び方のポイント

給湯器を選ぶ際は「号数」と「貯湯量」がポイントです。ガス給湯器の号数は10号・16号・20号・24号・28号となっています。号数が多いほど、お湯を出せる量が多くなるのです。

  • 毎分出湯量(リットル)=(号数×25)÷(湯温-水温)

冬場と夏場では水温が違うので、温めるまでのエネルギーが異なります。寒暖差の多い地域の方はご注意ください。

家族構成と号数の目安は以下のとおりです。

  • 1人…16号
  • 2人…16号・20号
  • 3~4人…24号・28号

上記はあくまで目安ですので、たとえば、台所と風呂場で同時にお湯を使うことが多い家庭などは、一つ余裕のある号数にするのがおすすめです。

3-2.フルオート給湯器が向いている家庭

フルオート給湯器は、以下のような家庭に向いています。

  • お風呂に入る時間がバラバラ
  • 冷めたお湯に入るのが嫌
  • お湯の継ぎ足しによる水道料金・ガス代がかさんでいる
  • 追い焚(だ)き機能を付けたい

3-3.給湯器の故障について

給湯器の寿命は約10年前後となっています。寿命が過ぎて調子が悪くなった給湯器を使い続けるのは危険です。業者に工事を依頼して、新しい給湯器に交換する必要があるでしょう。

3-4.設置場所・タイプについて

給湯器の工事にあたって、今使っている給湯器の設置場所やタイプなどがさっぱり分からないという方も少なくないでしょう。環境ネットショップでは、無料見積もりフォームで、写真を添付いただければ設置場所や種類をチェックし正確な見積もりをお出しできます。給湯器の交換工事前に、一度見積もりをチェックしてみるのがおすすめです。

3-5.給湯器選びの不明点は?

フルオート給湯器について、疑問点や不明点がある場合は、独断で判断せずプロの意見をチェックしてみてください。環境ネットショップでは、お問い合わせフォームにて各種お問い合わせを受け付けております。無理な勧誘や売り込みはございませんので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

4.フルオート給湯器の取り付け・故障・交換について

4-1.工事業者を選ぶポイント

フルオート給湯器の取り付け・交換工事を業者に依頼する際は、下記のポイントをチェックしてください。

  • さまざまな給湯器から選べること
  • 料金体系が明確であること
  • 料金・作業内容などが見積書の形で提示があること
  • トラブル対応やアフターフォローが充実していること

4-2.設置方法など

ご参考までに、環境ネットショップの設置までの流れをご紹介します。

  1. お見積もり依頼
  2. 現場調査(必要に応じて関西だけ対応)
  3. お見積もり
  4. 発注
  5. 取り付け工事
  6. お支払い

4-3.料金設定

環境ネットショップでは、給湯器本体+工事費をあわせたお得なセット価格がございます。

  • ガスふろ給湯器10万円~
  • エコジョーズ(フルオート)14万円~

号数や給湯器の型番などによって料金は異なりますので、詳細は料金表をご参照ください。

4-4.注意点

マンション・アパートなどの住宅環境やスペースの確保有無によっては、設置できない給湯器もあります。マンションの管理人・大家さんにあらかじめ確認しておくとともに、業者への見積もり依頼時に写真で伝えておくとより確実です。環境ネットショップでは、見積時に写真をデータで添付していただくことができます。より安心に確実に工事を行うためにも、環境ネットショップの無料見積もりをぜひご活用ください。

5.給湯器についてよくある質問

Q.給湯器や工事費を安く抑えるポイントは?
A.複数の業者に見積もりを依頼し、比較することをおすすめします。複数の見積書を確認することで、相場感や必要な作業内容などをより確実に知ることができるでしょう。

Q.古い給湯器の処分方法は?
A.給湯器の交換工事の際は、古いものの撤去も作業内容に含まれているかをチェックしてください。別料金になっている場合は、よけいに費用がかさみ、自分で給湯器を処分する必要が出てきてしまいます。給湯器の処分は、自治体の粗大ゴミとして出すのが一般的です。粗大ゴミ料金は自治体によって異なりますが、1,000円程度かかります。

Q.悪質な工事業者を避けるコツは?
A.上記でご紹介した業者選びのポイントを参考にしてみてください。また、少しでも怪しいと思った業者は、身元や資格などをチェックしましょう。事業所やHPの有無をチェックし、バックグラウンドが安全な業者かどうかを確認するのも一手です。

6.まとめ

フルオート給湯器のメリットや、交換工事についてのポイントなどをご紹介しました。お湯は毎日使うものなので、ランニングコストを抑えられれば、結果的に家計の節約になります。また、毎日快適にお風呂につかることで、生活の質も向上するでしょう。フルオートタイプの給湯器設置で悩んでいる・検討しているという方は、ぜひ業者へ問い合わせや見積もり依頼をしてみてください。