これであなたも節約上手。一人暮らしのための実践的なガス代節約術

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

節電意識の高まりもあって、電気代を節約している方は多いと思います。でも、ガス代の節約となると、どうでしょうか。思わず、「ウ~ン」と首をかし げていませんか?ガス代は、節約方法さえわかれば、意外と簡単に、かなりの金額を節約できます。節約のポイントとなる浴室とキッチンを中心に、実践的な節 約術を紹介しましょう。特に、一人暮らしや若い世代には、参考になると思います。ぜひ身につけて、節約上手になってください。

  1. ガス代節約は、ガスを知ることから
  2. 節約のための給湯器の使い方
  3. 実践的ガス代節約術「浴室編」
  4. 実践的ガス代節約術「キッチン編」
  5. まとめ(無駄を省き水道光熱費のベストミックスを)

1.ガス代節約は、ガスを知ることから

総務省の統計によると、一人暮らしの若者(34歳以下)の水道光熱費の平均は、2013年 は7,604円(1か月)となっています。また、別の調査では、一人暮らしの1か月の平均ガス代は、3,145円。年間にすれば4万円近くになります。ガ ス代を節約しない手はありません。
あなたのお住まいは、どんなガスが使われていますか?ガス代の節約は、まず、ガスを知ることから始めましょう。

1-1.ガスには都市ガスとプロパンガスがある

ガスには、都市ガスとプロパンガスがあります。都市ガスは、公共料金です。これに対して、プロパンガスは、事業者が自由に料金を決めることができます。このため、どうしても割高になってしまうのです。

1-2.どのガスでも節約はできる

こ れから引っ越しを考えている方がいらっしゃるならば、都市ガスのお住まいを選ぶのがガス代の節約になります。でも、プロパンガスのお住まいだからといっ て、悲観する必要はありません。料金が高いということは、見方を変えれば、努力しだいでより多くのガス代を節約できる。そういう意味でもあるのです。
以上の点を理解した上で、実践編に移ります。

12