ガスコンロの掃除はこまめに! 汚れ防止や油汚れの掃除方法をご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガスコンロは毎日の食事作りで使う場所で、汚れが付着しやすいものです。油汚れや焦げ付きがなかなか落ちず、掃除を諦めてしまう方もいるでしょう。しかし、放置しては余計に汚れを頑固なものにしてしまいます。
ガスコンロの汚れに困っていた場合、「簡単な掃除方法はないか?」「汚れが付かないようなコツが知りたい」といった疑問もあるはずです。ガスコンロを快適に使うためには、きれいな環境にしておくことが求められます。
今回は、ガスコンロの汚れにかんする掃除についてです。毎日ちょっとした工夫をするだけで、汚れ対策にも効果が発揮できるため、掃除方法と合わせて予防についても知っておきましょう。

  1. ガスコンロについて
  2. ガスコンロの清掃について
  3. ガスコンロ清掃のコツ
  4. ガスコンロの汚れ予防法
  5. ガスコンロの汚れや清掃でよくある質問
  6. まとめ

ガスコンロは必ず汚れる場所ですから、掃除しやすい環境を整え、汚れ防止に努めることが大切です。ガスコンロだけではなく、周りの汚れにも着目し、気持ちのいいキッチンにしてみてください。


1.ガスコンロについて

ガスコンロにはいくつかの種類があり、構造などに違いがあります。まず、ガスコンロにかんする基礎知識を覚えておきましょう。

1-1.ガスコンロとは?

ガスコンロは、ガスを燃料に点火し、調理をする器具のことを指します。ガスにも、都市ガスとプロパンガスの2種類があり、住宅ごとに異なるものです。五徳と呼ばれる台座があり、鍋を安定して配置できるようになっています。

1-2.ガスコンロの構造

ガスコンロの構造は、ガス管からガスが排出されると同時に着火するようになっており、円形に配置された穴から均一に火が出る仕組みです。家庭用ガスコンロは、2口が一般的となっています。しかし、大きなものだと3口や4口まであるタイプもあるのです。

1-3.ガスコンロの種類

1-3-1.プロパンガスコンロ

プロパンガスを使うものと、都市ガスを使うものでは、外見の印象は変わりません。違いは、ガスの種類だけです。しかし、ガスの種類によって器具を使いわけることが必要ですから、必ずプロパンガス専用ガスコンロを用意してください。

1-3-2.ビルトイン

ガスコンロは、ガステーブルに配置するものがほとんどです。しかし、システムキッチンでは、ビルトインタイプがメインとなっており、組み込まれるように設置されています。見た目の印象もスマートで、一般的なガスコンロより掃除がしやすい特性もあるといっていいでしょう。

1-3-3.ガラストップ

ガラストップを採用しているガスコンロには、五徳がないものとあるものがあります。ほかの材質よりもメンテナンスがしやすく、汚れが付きにくいのも最大のメリットです。

1-3-4.IH

IHは、クッキングヒーターと呼ばれるものです。オール電化住宅でも導入されている、火を使わないコンロで、火災の危険性が少ないタイプとなっています。熱源は電気が主流です。