ガスコンロの火がつかない! 火が消える原因と対処法について知ろう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「ガスコンロ」は、料理するために必要不可欠な機器です。
ガスコンロがなければ、料理ができません。
ガスコンロの火がつかなくなると、パニックになってしまいますよね。
火がつかないのには、ちゃんとした「理由」があるものです。
ガスコンロの火が消える場合の原因や原因別の対処方法、修理・買い替えの注意点など説明しましょう。
ガスコンロの火がつかないと困っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. ガスコンロの火がつかない原因とは
  2. 原因別の対処方法
  3. 修理・買い替えの注意点
  4. まとめ

1.ガスコンロの火がつかない原因とは

ガスコンロの火がつかなくなる原因は、人によってさまざまです。
主に、どのような原因があるのでしょうか。
適切な対処をするためにも、火がつかなくなる原因について説明します。
ガスコンロの火がつかないと困っている人は、要チェックです。

1-1.ガスコンロの元栓が閉まっている

点火スイッチをまわして「パチパチ」と音はなっていますか?
パチパチと音がなっているのに点火しない場合は、ガスコンロの元栓が閉まっている可能性があるでしょう。
ガスコンロは、ガスによって火がつくシステムになっています。そのため、ガスを送る元栓が閉まっていると火はつきません。
ガスコンロの元栓は、ゴムホースの近くにあります。
元栓がホースと並行になるよう開けてください。
システムキッチンの場合は、元栓がコンロ下の扉にあります。
ガスコンロの種類によって場所が異なるでしょう。
取り扱い説明書があれば、確認しながら元栓を確かめてくださいね。

1-2.コンロの金具がずれる、劣化している

バーナーキャップなど、コンロの金具がずれている可能性もあります。
コンロの金具がずれてしまうと、スムーズに火がつかなくなるのです。
金具が規定の位置から動いていないかどうか、チェックしてください。
ずれている場合は、「カチッ」という音がするまで規定の位置に戻しましょう。
また、金具がぬれている場合は、キレイにふき取ってくださいね。
毎日の後始末が悪いと、金具がさびてしまう可能性もあります。
金具のさびは、劣化につながるので要注意です。
コンロの金具が劣化している場合、部品を交換しなければなりません。
ガスコンロのメーカーに問い合わせてみましょう。
部品の在庫状況によっては、時間がかかってしまう恐れもあります。

1-3.ガスコンロの電池が切れている

ガスコンロの火がつかなくなる原因は、「ガスコンロの電池が切れている」可能性も考えられます。
ガスコンロの種類によって異なりますが、電池を入れるところはガスコンロの左下にあるでしょう。
ガスの電池は、消耗スピードがとても速いです。すぐに消耗する可能性があるため、こまめに電池を交換しなければなりません。
電池をとりかえても、すぐに点火しないケースもあります。
点火しない場合は、時間を置いてから再び火をつけてください。
基本的に、ガスコンロの火がつかない場合は、最初に電池を確認します。
電池が切れている可能性は十分に考えられるので、必ずチェックしてくださいね。
電池がどこにあるのか、取り扱い説明書を見ながら確かめましょう。

2.原因別の対処方法

2-1.自分で確認しておきたいこと

原因がわかったうえで、自分で確認しておきたいことはたくさんあります。
ガスコンロの元栓が閉まっていないかどうか、コンロの金具がずれていないかどうか、電池が切れていないかどうかさまざまです。
元栓が閉まっていれば、開けてください。
コンロの金具がずれている場合は、元の位置に戻しましょう。
そして、電池が切れている場合は、電池を交換してください。
ほかにも、確認しておきたいことはたくさんあります。「温度センサー」と「点火プラグ」です。
温度センサー・点火プラグが汚れていると、点火しないときがあります。
汚れている場合は、キレイに掃除しましょう。
毎日、ガスコンロを使った後キレイにすることも大切ですよ。
また、ゴムホースが折れている場合もあります。
ゴムホースが折れている場合は、伸ばしてください。ゴムホースを伸ばすことで、スムーズにガスがとおるでしょう。

2-2.取り扱い説明書を読む

原因がわかれば、適切な対処ができます。
ガスコンロの取り扱い説明書には、トラブルが起きたときの対処法が載っているでしょう。
原因別の対処法について記載しているので、必ず確認してください。
取り扱い説明書を読んで対処しても火がつかない場合、ガスコンロのメーカーに相談しましょう。ガス会社でも構いません。ガスコンロに異常があるのか、調べてもらいましょう。
故障している場合は、修理か、または交換することになります。
原因がわからないまま無理に直そうとはしないでくださいね。
変なところをいじると、さらに状態が悪化してしまいます。何も触らず、すぐに業者へ連絡しましょう。

3.修理・買い替えの注意点

3-1.10年以上使っているガスコンロは交換を

ガスコンロの寿命は、およそ10年~15年と言われています。
10年以上経過しているガスコンロは、修理をしてもすぐに壊れる可能性があるでしょう。
そのため、修理か、それとも交換するかで悩んでいる人は、「10年」を目安に考えてください。せっかく修理をしても、また壊れてしまえば意味がありません。
効率的に使うためにも、10年以上使っているガスコンロは交換してください。
交換をした方が、必要なお金も安く済むでしょう。
10年以上経過しているガスコンロを修理に出しても、部品が用意できない可能性があります。
修理に時間がかかってしまうので、注意してくださいね。
ただし、2~3年で故障した場合は、部品の交換で済みます。
ガスコンロの使用期間によって、「修理」か「交換」どちらにするのか決めてくださいね。

3-2.業者に依頼する際の注意点

自分で修理・買い替えをしている人もいますが、安心して依頼できるのは業者です。
ガスコンロの交換をしている業者に依頼しましょう。
業者に依頼する際は、「見積もり」を必ず確認してくださいね。
業者の中には、高いお金を請求するところもいます。
悪徳業者もたくさんいるため、本当に信頼できるかどうか確かめることが大切ですよ。
複数の業者に見積もりを依頼した後、それぞれの見積もりを比較しましょう。
中でも、どこが最も安い費用で交換・修理できるのかわかりやすくなります。
また、業者を選ぶため、インターネットの口コミや評判をチェックすることも大切です。
口コミ・評判が悪いところは依頼しないように気をつけてくださいね。

4.まとめ

ガスコンロの火がつかない原因、原因別の対処方法、修理・買い替えの注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
ガスコンロの火がつかなくなってしまうと、パニックに陥ってしまいます。
いったん冷静になり、まずは、ガスコンロの火がつかない原因を探りましょう。
原因が判明すれば、適切な対処法もわかります。
どうしてもわからない場合は、業者やメーカーに問い合わせてくださいね。

  • ガスコンロの元栓が閉まっている
  • コンロの金具がずれている、劣化している
  • ガスコンロの電池が切れている
  • 取り扱い説明書を読みながら自分で確認する
  • 温度センサーや点火プラグを確認する
  • ガスホースが折れている場合は、伸ばす
  • 10年以上使っているガスコンロは交換する
  • 安心して依頼できる業者を選ぶ

以上のポイントは、ぜひ押さえておいてください。