ガスコンロの火がつかない! 火が消える原因と対処法について知ろう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「ガスコンロ」は、料理するために必要不可欠な機器です。
ガスコンロがなければ、料理ができません。
ガスコンロの火がつかなくなると、パニックになってしまいますよね。
火がつかないのには、ちゃんとした「理由」があるものです。
ガスコンロの火が消える場合の原因や原因別の対処方法、修理・買い替えの注意点など説明しましょう。
ガスコンロの火がつかないと困っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. ガスコンロの火がつかない原因とは
  2. 原因別の対処方法
  3. 修理・買い替えの注意点
  4. まとめ

1.ガスコンロの火がつかない原因とは

ガスコンロの火がつかなくなる原因は、人によってさまざまです。
主に、どのような原因があるのでしょうか。
適切な対処をするためにも、火がつかなくなる原因について説明します。
ガスコンロの火がつかないと困っている人は、要チェックです。

1-1.ガスコンロの元栓が閉まっている

点火スイッチをまわして「パチパチ」と音はなっていますか?
パチパチと音がなっているのに点火しない場合は、ガスコンロの元栓が閉まっている可能性があるでしょう。
ガスコンロは、ガスによって火がつくシステムになっています。そのため、ガスを送る元栓が閉まっていると火はつきません。
ガスコンロの元栓は、ゴムホースの近くにあります。
元栓がホースと並行になるよう開けてください。
システムキッチンの場合は、元栓がコンロ下の扉にあります。
ガスコンロの種類によって場所が異なるでしょう。
取り扱い説明書があれば、確認しながら元栓を確かめてくださいね。

1-2.コンロの金具がずれる、劣化している

バーナーキャップなど、コンロの金具がずれている可能性もあります。
コンロの金具がずれてしまうと、スムーズに火がつかなくなるのです。
金具が規定の位置から動いていないかどうか、チェックしてください。
ずれている場合は、「カチッ」という音がするまで規定の位置に戻しましょう。
また、金具がぬれている場合は、キレイにふき取ってくださいね。
毎日の後始末が悪いと、金具がさびてしまう可能性もあります。
金具のさびは、劣化につながるので要注意です。
コンロの金具が劣化している場合、部品を交換しなければなりません。
ガスコンロのメーカーに問い合わせてみましょう。
部品の在庫状況によっては、時間がかかってしまう恐れもあります。

1-3.ガスコンロの電池が切れている

ガスコンロの火がつかなくなる原因は、「ガスコンロの電池が切れている」可能性も考えられます。
ガスコンロの種類によって異なりますが、電池を入れるところはガスコンロの左下にあるでしょう。
ガスの電池は、消耗スピードがとても速いです。すぐに消耗する可能性があるため、こまめに電池を交換しなければなりません。
電池をとりかえても、すぐに点火しないケースもあります。
点火しない場合は、時間を置いてから再び火をつけてください。
基本的に、ガスコンロの火がつかない場合は、最初に電池を確認します。
電池が切れている可能性は十分に考えられるので、必ずチェックしてくださいね。
電池がどこにあるのか、取り扱い説明書を見ながら確かめましょう。

12