ガス貯湯式給湯器の構造や特徴とは!? こんな場所で活躍しています。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器とは、家庭や施設内にお湯を供給する設備のことです。
キッチンに取り付ける小型のものから施設全体の給湯をまかなう大型のものまで、色々な種類があります。
その中から、今回はガス貯湯式給湯器の構造などについてご説明しましょう。
一般家庭ではあまり使われることのないタイプですが、たくさんの人が一度にお湯を使う施設などでは大活躍をしているのです。ガス貯湯式給湯器を使用している施設の方や管理を任されている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. ガス貯湯式給湯器とは?
  2. ガス瞬間湯沸器との違いとは?
  3. 災害時にも安心現在ガス貯湯式給湯器が使われている場所とは?
  4. ガス貯湯式給湯器を設置した場合はどうしたらいいの?
  5. おわりに

1.ガス貯湯式給湯器とは?

ガス貯湯式給湯器とは、給湯器の内部にあらかじめお湯を沸かしてためておき、お湯が必要になったらそれを必要なところへ供給する仕組みの給湯器です。
電気料金が安い深夜にお湯を沸かして給湯器にためておく「深夜電気温水器」の燃料がガスになったもの、と言えばイメージしやすいでしょう。
ガス貯湯式給湯器の構造はとても単純です。
断熱効果の高い貯湯タンクの下にガスボイラーがあり、沸かしたお湯は給湯口からお湯を使う場所へと給湯されます。
お湯が少なくなると給水され、タンク内の温度が下がったら再びボイラーが点火してお湯が沸くのです。