【危険回避】ガスコンロの不完全燃焼に注意して! 火が消える理由は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガスコンロは、私たちの食卓を豊かにするために必要な機器のひとつと言えます。しかし、ガスコンロを使用しているときに心配になるのが、「不完全燃焼」です。不完全燃焼が起こると、さまざまな一酸化炭素が充満して体調不良や意識混濁(こんだく)の原因になります。重症になると命にもかかわる問題ですから、決して放置してはいけません。今回は、ガスコンロの不完全燃焼について知りたい人やガスコンロの修理・設置を考えている人のために、知っておくべき知識をあらゆるポイントから解説します。不完全燃焼は、いつ起きるかわかりません。今必要な知識を身に付けておくことが大切ですから、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. ガスコンロについて
  2. ガスコンロの不完全燃焼について
  3. ガスコンロが不完全燃焼を起こした場合
  4. ガスコンロの不完全燃焼を予防する方法
  5. ガスコンロのトラブル対策・設置に必要な知識
  6. ガスコンロの不完全燃焼や修理・設置でよくある質問

ガスコンロの不完全燃焼についての正しい知識を持つことは、危険な目に遭(あ)うリスクを軽くします。正しい知識が無いことが理由で思わぬトラブルに遭(あ)うことは避けるべきです。自分だけでなく家族の安全を守るためにも、不完全燃焼にかんする基本的な知識だけでなく、一酸化炭素中毒の怖さや予防法、トラブル対策や業者の選び方をきちんと学びましょう。記事を読んだ人は、ガスコンロの不完全燃焼にかんして怖いもの無しになりますよ。


1.ガスコンロについて

まずは、ガスコンロについての基本を理解しましょう。普段何気なく使っているものですが、仕組みを理解することもなかなかに興味深いものですよ。

1-1.ガスコンロとは

ガスコンロとは、調理器具を加熱するための装置のうち、ガスを使うタイプのものです。ガスコンロを使うためには、ガス会社と契約をしてガスを供給できる状態にしておく必要があります。なお、卓上タイプのものは専用の小型ガスボンベを使用することが特徴です。ガスコンロは、毎日の食卓を豊かにするためにも欠かすことができない存在と言えます。

1-2.ガスコンロの構造を学ぼう

ガスコンロの構造について簡単に学んでおきましょう。ガスコンロが燃焼する仕組みについては、以下を参考にしてください。

  • ガスコンロの点火スイッチを押す
  • 点火プラグに火花が飛ぶ
  • ガスコンロ内に流れているガスに火花が引火する
  • ガスの燃焼が開始する
  • ガスの燃焼による炎の熱で調理器具を加熱する

ガスコンロは、燃焼時に空気を取り入れるための構造と仕組みを持っています。ガスが燃焼するためには十分な酸素が必要になるため、何らかの原因で酸素不足になると燃焼が正常にできなくなって不完全燃焼になることもあるのです。

1-3.ガスコンロの種類について

ガスコンロの種類にも、さまざまなものがあります。主なものにかんしては、以下をご覧ください。

  • ビルトインコンロ:システムキッチンの一部として備え付けてあるタイプ
  • 据え置き型コンロ:キッチン台の上に設置して使うタイプ
  • カセットコンロ:卓上で使うことができるコンパクトなタイプ

上記のうち、自分の家で使っているガスコンロがどのタイプなのか確認をしてみてください。