実は自分で設置できる!?知って得するガスコンロの取り付け方!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

我々の生活に欠かせないものの代表例といえば、ガスコンロが挙がる方も多いことでしょう。料理を作るときやコーヒーや紅茶を飲むときなど、日常の様々な場面で必要となるからです。ゆえに、ガスコンロが壊れてしまうと非常に困ってしまいますよね。

とはいえ、壊れたからといって自分で対処するのは難しいところもあるでしょう。ガスコンロの設置方法や取り付け方法は分からないことも多いですよね。

そこで、今回はガスコンロにまつわる基本的な知識をご紹介します。

  1. ガスコンロについて
  2. ガスコンロの設置について
  3. ガスコンロの処分について
  4. ガスコンロの選び方について
  5. ガスコンロのトラブル・故障について
  6. ガスコンロの設置業者を選ぶ際のポイントとは?
  7. ガスコンロQ&A

これらの記事を読めばガスコンロの基本的な知識を得ることができます。間違った知識で後悔しないように、しっかりと学んでいきましょう。


1.ガスコンロについて

1-1.ガスコンロとは?

ガスコンロとはガスを燃料として調理器具を加熱する機械のことです。一般的には、運搬可能な小型のものをガスコンロ。そして、ガスコンロが複数まとまった大型のものを、テーブルコンロ(ガステーブル)と呼びます。

1-2.ガスコンロの仕組み

ガスコンロの仕組みは至って単純です。

まず、ガスコンロ内部の小さな噴出口からガスを噴出させ、そのとき発生する圧力差を利用して外の酸素を取り込ことで『混合気』を作ります。混合気とは、ガスと酸素が混ざったもののことです。

この『混合気』をバーナー孔から吐き出し、電池によって発生した電気を火種として着火させます。

1-3.コンロの種類について

一口にコンロといっても、実はいくつかの種類があります。

まずは普通のガスコンロ。すでにご紹介したとおり、ガスを燃料としたコンロです。また、携帯可能な小型コンロについてはカセットコンロと呼ばれています。

次にIHコンロ。電気を燃料としたコンロです。普通のコンロとは違って火が出ないので安全性が高く、最近は人気が高くなっています。ただし、ほかのコンロと違って値段が高くなる傾向にあるのがネックです。

また、燃料の違い以外にも、設置方式による違いもあります。システムキッチンなどで最初から組み込まれているコンロはビルトインコンロ。後から取り付けるもの(持ち運びできるもの)をテーブルコンロという風に区別しています。

ほかにも、コンロの天板部分の素材にも種類があるのをご存じでしょうか。一般的なのはガラストップ(クリアガラス)です。見た目に美しいだけではなく、傷や汚れが付きにくいのが特徴とされています。ただし、ものによっては衝撃に弱いのがネックです。

また、ガラストップに似たものでパールクリスタル(ハイパーガラスコート)というものもあります。ガラストップとほぼ同じ性能を持つにもかかわらず、ガラストップより値段が安いのが特徴です。

また、ホーロートップは強度的にはガラストップと同じぐらいですが、質感が全く違います。また、色を選べないことも多いので、デザイン重視の方にはおすすめできません。では、どこにメリットがあるのかというと、その値段です。ホーローはトップ材として最も安いという特徴があります。安さを求めるならホーローがおすすめでしょう。

ほかにも、アルミトップというものもあります。アルミは熱が分散しやすい性質があるので、バーナー付近に付いた汚れでもこびり付きにくいのが特徴です。また、金属なので衝撃に強いというのも大きな特徴でしょう。ただし、トップ材としては最も高いので、あまり一般的ではありません。 

2.ガスコンロの設置について

2-1.設置について

ガスコンロは大きく分けてビルトインコンロとテーブルコンロに分けられます。このうち、ビルトインコンロに関しては自分で設置や取り替えをすることができません。そのため、基本的に業者へ依頼することとなります。

自分で設置することが可能なのはテーブルコンロです。持ち運びが可能なので、家電量販店やインターネットから購入して設置しましょう。

2-2.テーブルコンロの設置方法

  1. ガスホースの長さを調節します。カッターやはさみで切ってください。
  2. 専用のソケットを説明書どおりにホースの先端に取り付けます。ただし、元栓の形状がホースエンドタイプ(ソケットが必要ではないタイプ)の場合は、付ける必要はありません。元栓に赤い線が入っている場合は基本的にホースエンドタイプです。
  3. 元栓を閉じましょう。元栓に開閉のつまみがない場合は、ホースを外すと自然に止まるようになっています。
  4. 現在使用しているガスコンロを取り外し、新しいガスコンロを置きます。
  5. 新しいガスコンロにガスホースを接続し、付け根をバンドで固定しましょう。この際、ガスホースが本体につぶされていないか確認してください。
  6. 元栓とガスホース、そして本体がすべてつながったことを確認したら完了です。

一見大変そうに思えますが、実際にかかる時間は15分から30分程度にすぎません。ただし、ガスコンロによっては非常に重いこともあります。重い場合には、無理せず二人がかりで持ち運ぶようにしてください。

2-3.設置の際の注意点

設置の際に注意してほしいのは2点となります。

1つ目はガス栓がしっかりとしまっているかどうかです。ガス栓をしっかりと閉めてから作業を行わないとガスが家の中に漏れ出てしまいます。ガスは非常にデリケートなので、火種があれば一気に爆発して火災になるかもしれません。

また、設置後にも本体とガス栓、そして元栓とガス栓がしっかりと密着していることを確認しましょう。取り付けが甘いと、時に大きな事故を引き起こします。専用のバンドなどを使って必ず密着させておいてください。

2つ目は運搬の仕方です。ガスコンロは重いことが多いので無理は避けましょう。特に、年配や女性の方は無理をしないでください。無理に運ぶと落下して本体が故障するリスクはもちろん、足の上に落とせば大けがのリスクがあります。また、ぎっくり腰のリスクもあるでしょう。無理なときには身近な男性にお願いするか、業者を頼りましょう。

2-4.業者に依頼する

自身で設置できない場合には業者に依頼して設置してもらうことも可能です。購入した店に依頼して設置してもらうことも可能ですし、住宅設備業者等に設置を依頼することもできます。

ガスコンロは扱いを間違えると事故につながりますので、あまり機械に強くないという方は業者を頼るのが賢明でしょう。

3.ガスコンロの処分について

3-1.処分方法

3-1-1.粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

真っ先に挙げられる方法といえば、やはり自治体に回収してもらう方法でしょう。ガスコンロは当然のことながら粗大ゴミという扱いになります。

まず、各地域の粗大ゴミセンターに回収を依頼しましょう。依頼手段には電話かインターネットが一般的です。依頼をしたら、不要なガスコンロに『粗大ゴミ』と書いた張り紙をして、指定の場所に運び出しておきましょう。後は、回収員の方にお金と引き替えに回収してもらうだけです。

自治体回収のメリットは、回収費用の安さでしょう。有料での処分方法の中では最も安くなります。一般的なテーブルコンロでしたら、300~500円程度で処分が可能です。

3-1-2.リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップで買い取ってもらうことも可能です。リサイクルショップのメリットといえば、やはり買い取ってもらえるという点でしょう。不要なコンロを処分できて、しかもお金をもらえるというのは大きいですよね。

ただし、コンロに関していえばリサイクルショップの利用は非常にデメリットが大きいのでおすすめはできません。

まず、コンロが普通に使用できる状態であることが大前提です。リサイクルショップは買い取った後、さらに売りに出すことで商売をしています。ですから、使用できないもの……つまり、ただのゴミを引き取ることはしないのです。通常、コンロを買い換えようと検討するときというのは、コンロが壊れたときだと思います。ですから、この大前提をクリアできることが、まず難しいのです。

また、商品として売り出す以上、見た目も重要となります。コンロは調理に使われるものですから、特に清潔感が重視されるでしょう。ですから、売却する際にはしっかりと掃除をする必要があります。しかしながら、コンロは非常に汚れやすく落ちにくいものです。長く使用していればしているほど汚れはひどくなっているでしょう。掃除だけでいったいどれだけの労力と時間がかかるか分かりません。

そして、壊れていたり汚れがひどかったりしたものは買い取ってもらえないでしょう。なぜなら、ゴミを引き取っても処分費用がかかるだけだからです。

よほどの事情がない限り、ほかの方法を選んだ方が賢明でしょう。

3-1-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼して処分することもできます。不用品回収業者とは、主に家庭で排出される不要品を有料で引き取る業者のことです。たとえば、家具や家電製品などが代表的でしょう。その中に、もちろんガスコンロも含まれています。

不用品回収業者のいいところは、自宅まで回収してきてくれるところです。そのため、自分で取り外ししたり運搬したりする必要がありません。楽を求めるならぴったりの方法といえるでしょう。

ただし、デメリットとして回収費用が割高です。自治体のように国からお金が出ているわけでもありませんから、出張時のガソリン代や人件費などの関係で割高になってしまいます。

3-1-4.販売店に引き取ってもらう

ガスコンロを買い換える場合に有効な方法です。

多くの販売店では購入時に古いガスコンロを引き取ってくれます。依頼すれば、古いガスコンロの取り外しと、新しいコンロの設置も行ってくれるでしょう。

ただし、処分だけ、というのはあまり受け付けていません。たとえば、引っ越しなどを行うと、転居先にビルトインコンロが設置されていることがありますよね。となれば、新しく購入する必要はないものの、今まで使っていたコンロは処分しなければいけません。このような場合の処分法としては向いていないということですね。

とはいえ、買い換えの際の処分法としてはとてもおすすめなので、ぜひ検討してみてください。

3-2.処分の際の注意点

処分の際の注意点としては、自分に合った方法を選ぶ、ということでしょう。たとえば、安く処分したいのであれば自治体が1番です。そうではなく、最も手軽さとスピーディーさを求めるのであれば不用品回収業者でしょう。また、買い換え時に最も合理的な方法は販売店を利用することですし、コンロがまだ新しくてキレイならリサイクルショップを利用するのが最適です。

自分の状況をしっかりと顧みて、最適の方法を選びましょう。

4.ガスコンロの選び方について

4-1.購入の前にチェックすべきこと

購入前に1番気を付けなければいけないチェックポイントは、ガスコンロのサイズが置き場所よりも小さいかどうかです。通常、ガスコンロの置き場はくぼんでいます。当然、それ以上は置けない大きさというものが発生してしまうのです。

せっかく高いお金を使ってガスコンロを購入したのに、設置できなければお金の無駄となってしまいます。後悔しないためにも、必ず置き場所をメジャーで測り、ちゃんと設置ができる大きさのものを購入するようにしましょう。

また、現在住んでいる家で使われているガス、あるいは引っ越し先で使われているガスが『プロパンガス』なのか『都市ガス』なのかを把握しておくことも非常に大切でしょう。

なぜなら、ガスコンロが対応していないかもしれないからです。一応、対応していなくても無理やり使用することが可能なケースもあります。しかし、効率が悪くなってガス代が高くなったり、最悪の場合には事故になったりするかもしれません。

ですから、必ずプロパンガスなのか都市ガスなのかを調べてから、対応するガスコンロを購入しましょう。ちなみに、プロパンガスと都市ガスの違いは、使われているガスの違いです。プロパンガスは『LPガス』と呼ばれるもので、都市ガスは『天然ガス』と呼ばれています。

また、強バーナーの位置についても重要です。通常、ガスコンロは左右どちらかのバーナーが強く設定されています。強い方のバーナーは火の方が大きくなりますから、壁際にあると引火の可能性があるでしょう。ですから、壁とは反対の方に強バーナーが付いているコンロを選ぶようにしましょう。つまり、左側に壁があるなら右側に強バーナーが付いているものを選び、右側に壁があるならば左側に強バーナーがあるものを選んでください。

4-2.選び方のポイント

選び方のポイントとしては、実際に使用するときのことを考えることです。たとえば、いたずら盛りの子供が居る家庭や高齢者の居る家庭では、実際に火の出ないIHコンロや消し忘れ機能付きのガスコンロがよいでしょう。本格的な料理をする方であれば、備え付けられているグリルの性能が高いものを選びたいところです。また、同時並行で調理したい、という方ならば口数(コンロの数)が多い方が便利でしょう。

ほかにも、メーカーについても考えるべきです。ガスコンロというのはガスという非常に危険なものを扱う機械ですから、信頼性のあるメーカーのものを使用すべきでしょう。たとえば、安いからといって中国製のものを購入するとすぐに壊れてしまいます。また、場合によっては事故が発生するかもしれません。

とはいえ、価格も選び方の重要なポイントです。コンロは通常、本体価格が15,000円~80,000円程度。工事費用なども含めると70,000円~120,000円程度が一般的です。決して安い値段ではありません。しかし、コンロは丁寧に使えば10年持つこともあります。そう考えると、高いともいい切れませんよね。今を見るか未来を見るか、予算と相談しながら決めてくださいね。

4-3.人気のメーカーについて

人気のメーカーは主に以下のとおりです。

  • リンナイ(Rinnai)
  • ノーリツ(NORITZ)
  • パロマ(Paloma)

リンナイは、ガスコンロやガスオーブンなどで国内シェア1位を獲得している最大手メーカーです。『品質こそ我らが命』を品質基本理念とし、強いこだわりを持って製品を開発しています。事実、ゼロ・ディフェクト(不良ゼロ)を達成するために評価試験を徹底的に行っているのです。さらに、性能試験においては『寿命をむかえても、安全に停止する商品』であることを絶対条件としています。また、リンナイの特徴は品質の高さだけではありません。『ヒートオフ』や『スモークオフ』などいった独自技術の開発にも注力しています。

次はノーリツについて。業界シェアNo.2の実績を持つだけではなく、実はビルトインコンロや両面焼きグリルを業界で初めて開発したすごいメーカーです。リンナイよりも後発の企業ながら、最新技術のノウハウを多数持っており、技術開発を得意としています。

最後のパロマは、主に海外で活躍している企業です。特に、給湯器は全米シェア50パーセントという非常に高い実績があります。もちろんガスコンロも有名で、ハイパーガラスコートの天板素材を利用したガスコンロが人気です。

5.ガスコンロのトラブル・故障について

5-1.よくある故障・不具合について

5-1-1.火が付かない

最も多いのは『火が付かない』という症状でしょう。火が付かない原因にはいくつかの理由が考えられます。

最も一般的な原因としては『電池切れ』です。ガスコンロは火種として乾電池の電気を使用しています。ですから、電池が切れているとガスだけが出て、火が付かなくなってしまうでしょう。対処方法は、もちろん乾電池の交換です。ただし、このときに注意があります。選ぶ電池は一般的な『アルカリ乾電池』ではなく『マンガン乾電池』を選びましょう。

アルカリ乾電池はパワーがあるので大きな電力を長時間使う場合には向いています。一方、マンガン乾電池はパワーに劣りますが、使用してないときに電力を回復する特徴があるのです。ですから、弱い電力を休み休み使うような機械の場合、アルカリ乾電池よりもマンガン乾電池の方が長持ちします。そして、ガスコンロは火種の際に使うだけですよね。1回の点火で1~3秒ほどしか使用しません。圧倒的に使用していない時間の方が長いので、マンガン乾電池を選ぶのが賢明です。

5-1-2.火が赤い

火というと赤というイメージがありますよね。しかし、実は正常なガスコンロの場合、バーナーから出る炎の色は『青色』をしているのです。火が赤くなっているときは酸素がしっかりと供給されておらず、不完全燃焼を起こしている可能性があります。

不完全燃焼が起きているということは、火の伝わり方も弱くなりますし、ガスも必要以上に使ってしまうということです。場合によっては事故が起こってしまう可能性もあります。

炎が赤くなってしまっている場合には、バーナーの掃除をするようにしてください。

5-1-3.途中で火が消えてしまう

途中で火が消えてしまう場合には、事故防止のために取り付けられている過熱センサーの故障が考えられるでしょう。

肉を焼くときなどにフライパンをカラ焼きしていると、突然火が弱くなったり消えてしまったりします。これはまさしく過熱センサーが働いたことによるものです。

あまりしられていませんが、10年ほど前まで火事の原因は第2位が『コンロ』でした。年間6000件以上、コンロによる火災が発生していたのです。このことは、総務省の作成した平成20年度の消防白書に記載されています。

そのため、現在のガスコンロには事故を減らすことを目的に過熱センサーが取り付けられているのです。過熱センサーのおかげで、現在ではコンロによる火災は年間3000件程度、と10年前の半分にまで抑えられています。

この過熱センサーが不具合を起こすと、勝手に火を消してしまうことがあるのです。ただし、必ずしも故障とは限りません。センサー部分が汚れていることによって誤作動を起こしていることもあります。まずは掃除をしてみましょう。

センサーの場所は製品によって異なりますが、多くはコンロの中心部分に取り付けられていることが多いでしょう。多くはバネ式になっていて、鍋やフライパンを置くと沈むような構造になっています。

5-2.寿命について

ガスコンロの平均寿命は10年といわれています。というのも、10年経過するとメーカーが交換部品を生産しなくなってしまうためです。しかしながら、実際には15年近く使えることも珍しくありません。

しっかりとした製品を買えば、最低でも10年は持つと考えても問題ないでしょう。

5-3.長く使い続けるために

コンロは非常に汚れやすい機械です。飛び散ったソースの汚れや、吹きこぼれた水による水アカ汚れなど、様々な汚れがつきます。しかも付いた汚れは炎の高熱によってて焼き付き、こびりついてしまうことでしょう。

汚れがガスの放出口などに付けば、燃焼効率が下がってガス代が高くなります。また、場合によっては完全に故障してしまうかもしれません。

ですから、長く使うためには汚れはしっかりと掃除する必要があります。

ガスコンロを掃除する際の注意点としては、こまめに掃除を行う、ということです。汚れを放置すると何度も何度も熱が加えられるので、焼き付いてこびりついてしまいます。ですから、汚れが完全にこびり付く前に掃除をすることが大切なのです。そのためには、こまめに掃除をする必要があります。

理想は毎日です。掃除は5分ほど布巾で拭くだけで構いません。このたった5分が、コンロの寿命を年単位で延ばしてくれるのです。

5-4.修理について

故障したガスコンロが、発売してから5年程度しかたっていないのであれば修理をおすすめします。

すでにご紹介しているとおり、ガスコンロは10年以上は持つ機械です。ですから、まだ5年で処分するのはもったいないでしょう。修理すればまだまだ長く使い続けられます。

ただし、10年近くたってから故障している場合には買い換えを検討するのが無難です。10年たつと交換部品を生産しなくなります。そのため、場合によっては満足な修理ができないこともあるからです。

5年前後なら修理。10年前後なら買い換えを目安にしましょう。ちなみに、ガスコンロの修理は製造メーカーや住宅設備業者に依頼するのが一般的です。

5-5.修理費用について

意外に思われるかもしれませんが、実はガスコンロの修理は結構高額です。簡単な故障の修理でも、10,000円近くかかることが珍しくありません。故障がひどい場合は、10,000円以上かかることもあります。

6.ガスコンロの設置業者を選ぶ際のポイントとは?

6-1.業者を選ぶポイント

ガスコンロの設置業者を選ぶ際のポイントは、以下の3つのです。

  • 実績がどれだけあるか
  • 設置費用の値段がいくらか
  • 情報発信をしているか

まずは実績の有無が重要です。ガスコンロというのはガスという危険なものを扱う機械ですから、しっかりとした業者に依頼しないと事故のリスクがあります。実績がどの程度どうかはHPやネットの口コミ等で確認が可能です。

設置費用の値段がどのくらいかも重要な基準でしょう。高すぎても困りますし、逆に安すぎても手抜き作業のリスクがつきまといます。本体価格も込みで70,000円~120,000円程度が適正な価格でしょう。

また、情報発信をしているかどうかも優良業者を選ぶコツです。なぜかというと、情報化社会の現代において情報発信を怠っているということは、それだけ現代についてきてこられていないということ。あるいは、努力を怠っていると見ることができるからです。フェイスブックやブログ、Twitterなどで定期的に情報を発信している企業を選びましょう。

6-2.料金設定について

料金設定は、『本体価格』+『工事費』となります。工事費は業者によって違いますが、基本的には20,000円~50,000円程度でしょう。

たとえば、本体価格が50,000円程度の製品であれば、70,000~100,000円程度になります。

ちなみに、本体価格というのは『実際の価格』のことです。製品には『メーカー希望小売価格』というものが設定されています。しかし、実際の販売価格は半額程度になっていることが多いのです。ですから、本体価格+工事費で100,000円なのに、希望小売価格は200,000円……なんていうおかしな現象が起きることもあります。

「詐欺じゃないか」とか「ニセ物じゃないか」などと不安に思われるかもしれません。しかし、そんなことはありませんので、安心してください。気になる方は、価格ドットコムなどで製品の型番を検索し、希望小売価格との値段差を確認してみましょう。

6-3.トラブルとアフターフォロー

工事は専門の知識を持った作業員が行います。しかしながら、専門知識を持っていても人は人。時にはミスをしてしまうこともありますし、そもそも製品自体が初期不良を抱えていることもあります。

せっかく新しいガスコンロを入れたのにすぐに使えなくなってしまった、なんてトラブルも起こることでしょう。そんなとき、アフターフォローがしっかりしているかが非常に重要となります。

アフターフォローがしっかりしている業者なら、不具合が出ても無料で修理をしてくれるでしょう。業者によっては年単位のアフターサービスを行っています。

たとえば、環境ネットショップ(https://www.eco-shopping.net/)では、1~3年の保証期間内であれば無料で修理することが可能です。ただし、ジャパンベストレスキューシステム株式会社による商品延長保証を利用すれば、有償(7,000円)ではありますが保証期間を8年まで延ばすこともできます。

工事依頼の際には、ぜひアフターサービスの有無を確認しておいてくださいね。

7.ガスコンロのQ&A

Q.ガスの種類はどこで確認すればいいのですか?

家で使われているガスがプロパンガスなのか都市ガスなのかは、家の外を調べるのが1番です。家の外にガスボンベが設置されており、定期的にガスの取り替えが来る場合は『プロパンガス』となります。もしもガスボンベが存在せず、地下からじかにガスが送られているようでしたら『都市ガス』です。

Q.ビルトインコンロとテーブルコンロのどっちがおすすめですか?

よく聞かれる質問なのですが、どちらかが特別優れているというわけではありません。ですから、あくまでキッチンの形状に合わせたものを選ぶのが1番です。

ただし、寿命の点で見ると、ビルトインコンロの方が長い傾向があります。そういう意味では、ビルトインコンロの方が優れているかもしれません。ただし、ビルトインコンロは取り替えが大変で、工事費も高くなりがちです。

どちらも一長一短であることを忘れないでくださいね。

Q.コンロのサイズはどれを選べばいいのですか?

コンロは基本的に大きな方が使いやすくなります。ですから、スペースに余裕があればできるだけ大きなものを選ぶべきでしょう。もちろん、置き場所に収まる範囲内で選んでくださいね。

Q.センサーのないコンロはないのですか?

安全性を確保するために大切な過熱センサーですが、調理内容によっては非常に邪魔なときがあります。たとえば、チャーハンのようにフライパンをあおる料理。センサーは鍋やフライパンと接触していることを前提に作られています。ですから、空中でフライパンをあおっていると『火の消し忘れ』とセンサーが判断して火を弱めたり消したりしてしまうのです。

このようなこともあって、センサーがないガスコンロを探している、という方も多いことでしょう。しかし、残念ながら2008年の法制化によって一般家庭用のコンロでセンサーのないものはありません。

ただし、業務用の場合は別です。もしもセンサーをどうしても使いたくない場合は、業務用を選ぶしかありません。しかし、業務用を選ぶとなると、換気扇の性能を上げる必要なども出てきてしまいますので注意してください。

Q.修理依頼してから家に来るまで、最短でどのくらいかかりますか?

業者にもよりますが、最短で即日対応が可能でしょう。午前中に連絡をすれば、午後に来てもらうことも可能ということですね。

ただし、予約状況によっては即日対応ができないこともあります。最も確実のは、やはり予約をすることです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はガスコンロにまつわる基本的な知識をご紹介しました。

ガスコンロは我々の生活におけるマストアイテムです。壊れてしまえば非常に困ってしまいます。できれば、壊れる前にガスコンロの交換を行ってしまいましょう。

交換の際には、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。