実は自分で設置できる!?知って得するガスコンロの取り付け方!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

我々の生活に欠かせないものの代表例といえば、ガスコンロが挙がる方も多いことでしょう。料理を作るときやコーヒーや紅茶を飲むときなど、日常の様々な場面で必要となるからです。ゆえに、ガスコンロが壊れてしまうと非常に困ってしまいますよね。

とはいえ、壊れたからといって自分で対処するのは難しいところもあるでしょう。ガスコンロの設置方法や取り付け方法は分からないことも多いですよね。

そこで、今回はガスコンロにまつわる基本的な知識をご紹介します。

  1. ガスコンロについて
  2. ガスコンロの設置について
  3. ガスコンロの処分について
  4. ガスコンロの選び方について
  5. ガスコンロのトラブル・故障について
  6. ガスコンロの設置業者を選ぶ際のポイントとは?
  7. ガスコンロQ&A

これらの記事を読めばガスコンロの基本的な知識を得ることができます。間違った知識で後悔しないように、しっかりと学んでいきましょう。


1.ガスコンロについて

1-1.ガスコンロとは?

ガスコンロとはガスを燃料として調理器具を加熱する機械のことです。一般的には、運搬可能な小型のものをガスコンロ。そして、ガスコンロが複数まとまった大型のものを、テーブルコンロ(ガステーブル)と呼びます。

1-2.ガスコンロの仕組み

ガスコンロの仕組みは至って単純です。

まず、ガスコンロ内部の小さな噴出口からガスを噴出させ、そのとき発生する圧力差を利用して外の酸素を取り込ことで『混合気』を作ります。混合気とは、ガスと酸素が混ざったもののことです。

この『混合気』をバーナー孔から吐き出し、電池によって発生した電気を火種として着火させます。

1-3.コンロの種類について

一口にコンロといっても、実はいくつかの種類があります。

まずは普通のガスコンロ。すでにご紹介したとおり、ガスを燃料としたコンロです。また、携帯可能な小型コンロについてはカセットコンロと呼ばれています。

次にIHコンロ。電気を燃料としたコンロです。普通のコンロとは違って火が出ないので安全性が高く、最近は人気が高くなっています。ただし、ほかのコンロと違って値段が高くなる傾向にあるのがネックです。

また、燃料の違い以外にも、設置方式による違いもあります。システムキッチンなどで最初から組み込まれているコンロはビルトインコンロ。後から取り付けるもの(持ち運びできるもの)をテーブルコンロという風に区別しています。

ほかにも、コンロの天板部分の素材にも種類があるのをご存じでしょうか。一般的なのはガラストップ(クリアガラス)です。見た目に美しいだけではなく、傷や汚れが付きにくいのが特徴とされています。ただし、ものによっては衝撃に弱いのがネックです。

また、ガラストップに似たものでパールクリスタル(ハイパーガラスコート)というものもあります。ガラストップとほぼ同じ性能を持つにもかかわらず、ガラストップより値段が安いのが特徴です。

また、ホーロートップは強度的にはガラストップと同じぐらいですが、質感が全く違います。また、色を選べないことも多いので、デザイン重視の方にはおすすめできません。では、どこにメリットがあるのかというと、その値段です。ホーローはトップ材として最も安いという特徴があります。安さを求めるならホーローがおすすめでしょう。

ほかにも、アルミトップというものもあります。アルミは熱が分散しやすい性質があるので、バーナー付近に付いた汚れでもこびり付きにくいのが特徴です。また、金属なので衝撃に強いというのも大きな特徴でしょう。ただし、トップ材としては最も高いので、あまり一般的ではありません。