【徹底解析】ガス給湯器の点火不良が起きたときの対処法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「ガス給湯器のスイッチを入れてもなかなか火がつかない」「まったく火がつかなくなったけど原因がわからない」など、悩んでいる方は多いでしょう。ガス給湯器において、点火できない状態はよくあるトラブルです。ガスが出ているのにもかかわらず点火しない状態が続くと、不安でいっぱいになるでしょう。お湯が出ない状態も生活に支障が出てしまいます。そこで、本記事では、ガス給湯器の基礎知識、点火不良や対応策・修理方法・給湯器業者など詳しく説明しましょう。

  1. ガス給湯器とは
  2. ガス給湯器の点火不良について
  3. ガス給湯器の点火不良の対応策
  4. ガス給湯器の修理について
  5. 頼れる給湯器のプロとは
  6. ガス給湯器の点火不良にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、ガス給湯器の点火不良の原因を知り、適切な対処法がわかります。ガス給湯器の点火不良について知りたい方や点火不良を修理したい方は、ぜひチェックしてください。


1.ガス給湯器とは

点火不良の原因や対処法を知る前に、ガス給湯器とは何なのか基礎知識を把握しておかなければなりません。ガス給湯器の定義など詳しく説明します。

1-1.ガス給湯器の定義

ガス給湯器は、熱源にガスを使用してお湯を沸かす機器です。ガスを燃焼させて水を加熱し、お湯にしています。使用するガスは都市ガスか、プロパンガスのどちらかです。

1-2.ガス給湯器の特徴

ガス給湯器の特徴は、給湯能力が高いことです。1度に複数の場所でお湯を使っても、水圧が安定しています。ガスの燃焼力は電気よりも強いため、給湯力を必要とする家庭では大活躍するでしょう。また、給湯機器本体がコンパクトで、必要な分のお湯がすぐに使えるのも特徴です。しかし、二酸化炭素を排出する・お湯を沸かす音が大きいなどのデメリットもあります。

1-3.ガス給湯器の種類

ガス給湯器の種類は、瞬間式と貯湯式の2つにわけることができます。瞬間式は、金属のパイプに水を流したままガスでお湯を温め、一定のお湯を出すことができる仕組みです。水の量を減らすと湯温は上がり、量を増やすと湯温が下がります。ガスと水の量をコントロールできるのが特徴的です。一方、貯湯式は、沸かしたお湯をタンクにため、必要なときに使います。そのため、貯湯タンクを設置するスペースが必要です。

1-4.ガス給湯器の普及率

電気・石油・ガス給湯器は従来型機器と呼ばれています。近年はエコジョーズやエコキュートなどエコ製品の注目度が高まりつつありますが、いまだに従来型機器の普及率は高いです。特に、ガス給湯器は高い傾向があります。しかし、エコ活動が高まると同時に、エコ製品も登場しているのです。

1-5.ガス給湯器の寿命

ガス給湯器の寿命はおよそ8~10年です。しかし、必ずしも10年で壊れるとは限りません。10年以上経過しても使用し続けている家庭もあります。使用頻度や使い方によって、寿命は異なるでしょう。ただ、メーカーの部品保有期間が10年になっていることを覚えておいてください。