ヒートポンプ式床暖房とは? エコキュートなどエコ給湯器を徹底解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

寒い時期は、床が冷えて困るという方が多いことでしょう。近年、エコキュートやエコジョーズなどのエコ給湯器の普及が進み、床暖房を導入する事例が増えてきました。床暖房は、沸かしたお湯を床に循環することで暖める、新しい暖房方式です。
床暖房の熱源として、ヒートポンプというものがあります。温水を生み出す方式を示す言葉で、光熱費削減にも貢献できるタイプです。床暖房の導入を検討されている方は、導入前に、仕組みや工事について理解しておき、疑問は解消しておきましょう。
今回は、ヒートポンプ式床暖房についてご紹介します。

  1. ヒートポンプとは?
  2. ヒートポンプと床暖房について
  3. ヒートポンプ式給湯器の床暖房について
  4. ヒートポンプ式給湯器に関する業者の選び方
  5. ヒートポンプ式床暖房やエコ給湯器でよくある質問
  6. まとめ

省エネが叫ばれる時代になり、各家庭での取り組みが重要視されています。ヒートポンプ式床暖房で省エネを意識することは、地球環境温暖化防止にもつながるのです。 ヒートポンプの特徴などを知り、導入するきっかけにしてみてください。


1.ヒートポンプとは?

まず、ヒートポンプの基礎知識からご紹介します。

1-1.ヒートポンプとはどんなものか?

ヒートポンプは、わずかなエネルギーで、空気中にある熱を集め、より大きな熱源にするシステムを指します。地中熱を利用したものもありますが、日本ではまだ普及が進んでいません。日本で主に導入されているヒートポンプは、電力を圧縮機により空気に圧力を加えて、熱エネルギーを発生し、熱伝導の媒体となる冷媒温度を調整し、水をお湯に変換するものです。熱効率もいいため、電力消費が少ないのが特徴でしょう。

1-2.使用シーン

ヒートポンプと聞いても、あまりピンとこない方もいるでしょう。しかし、実は身近なものに使われている技術なのです。給湯器をはじめ、エアコン・冷蔵庫・洗濯乾燥機などにも応用されており、省エネルギーで効率よく冷却や乾燥ができるようになっています。ヒートポンプの技術を生かし、床暖房にも使われるようになってきました。

1-3.ヒートポンプのメリット

ヒートポンプを導入する最大のメリットは、電気代の節約です。前述したとおり、省エネ設計となっており、熱効率も非常にいいとされています。そのため、光熱費削減を目標にしている場合、今までより電気代が安くなっているのを実感できるでしょう。

1-4.ヒートポンプの注意点

ヒートポンプを導入するためには、今まで使っていた熱源から電気への入れ替え工事が必要です。工事が可能かどうかは、事前に業者へ確認しましょう。また、ヒートポンプの特徴は温度の立ち上がりが緩やかなことで、床暖房を使う場合、今までお使いの暖房器具に比べ、暖まり方が弱く感じる場合もあります。ヒートポンプの床暖房は、柔らかみのある暖かさが挙げられるため、導入前に特徴は理解しておくと安心です。