ヒートポンプ式床暖房とは? エコキュートなどエコ給湯器を徹底解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

寒い時期は、床が冷えて困るという方が多いことでしょう。近年、エコキュートやエコジョーズなどのエコ給湯器の普及が進み、床暖房を導入する事例が増えてきました。床暖房は、沸かしたお湯を床に循環することで暖める、新しい暖房方式です。
床暖房の熱源として、ヒートポンプというものがあります。温水を生み出す方式を示す言葉で、光熱費削減にも貢献できるタイプです。床暖房の導入を検討されている方は、導入前に、仕組みや工事について理解しておき、疑問は解消しておきましょう。
今回は、ヒートポンプ式床暖房についてご紹介します。

  1. ヒートポンプとは?
  2. ヒートポンプと床暖房について
  3. ヒートポンプ式給湯器の床暖房について
  4. ヒートポンプ式給湯器に関する業者の選び方
  5. ヒートポンプ式床暖房やエコ給湯器でよくある質問
  6. まとめ

省エネが叫ばれる時代になり、各家庭での取り組みが重要視されています。ヒートポンプ式床暖房で省エネを意識することは、地球環境温暖化防止にもつながるのです。 ヒートポンプの特徴などを知り、導入するきっかけにしてみてください。


1.ヒートポンプとは?

まず、ヒートポンプの基礎知識からご紹介します。

1-1.ヒートポンプとはどんなものか?

ヒートポンプは、わずかなエネルギーで、空気中にある熱を集め、より大きな熱源にするシステムを指します。地中熱を利用したものもありますが、日本ではまだ普及が進んでいません。日本で主に導入されているヒートポンプは、電力を圧縮機により空気に圧力を加えて、熱エネルギーを発生し、熱伝導の媒体となる冷媒温度を調整し、水をお湯に変換するものです。熱効率もいいため、電力消費が少ないのが特徴でしょう。

1-2.使用シーン

ヒートポンプと聞いても、あまりピンとこない方もいるでしょう。しかし、実は身近なものに使われている技術なのです。給湯器をはじめ、エアコン・冷蔵庫・洗濯乾燥機などにも応用されており、省エネルギーで効率よく冷却や乾燥ができるようになっています。ヒートポンプの技術を生かし、床暖房にも使われるようになってきました。

1-3.ヒートポンプのメリット

ヒートポンプを導入する最大のメリットは、電気代の節約です。前述したとおり、省エネ設計となっており、熱効率も非常にいいとされています。そのため、光熱費削減を目標にしている場合、今までより電気代が安くなっているのを実感できるでしょう。

1-4.ヒートポンプの注意点

ヒートポンプを導入するためには、今まで使っていた熱源から電気への入れ替え工事が必要です。工事が可能かどうかは、事前に業者へ確認しましょう。また、ヒートポンプの特徴は温度の立ち上がりが緩やかなことで、床暖房を使う場合、今までお使いの暖房器具に比べ、暖まり方が弱く感じる場合もあります。ヒートポンプの床暖房は、柔らかみのある暖かさが挙げられるため、導入前に特徴は理解しておくと安心です。

2.ヒートポンプと床暖房について

ヒートポンプと床暖房の関係についてご紹介します。

2-1.床暖房とは?

床暖房は、フローリングを暖めて熱を伝える暖房方法のことです。電気を熱源にヒーターを加熱するシステムもあります。近年では、沸かしたお湯を床に流して暖める方式が広く浸透し始めているのです。床暖房の普及率は、日本ではまだ30%に留(とど)まります。

2-2.ヒートポンプの床暖房とは?

前項でご紹介した、お湯を床に流して暖める方式が、ヒートポンプの床暖房です。床暖房ユニットで温水を作り、フローリングの下に敷いた温水パネルをお湯が流れる仕組みとなっています。オール電化をきっかけに、床暖房を導入する事例も増えているのです。

2-3.ヒートポンプならではの特徴

前述したとおり、ヒートポンプの暖かさは、ほかの熱源に比べて柔らかいのが特徴です。ほんのり暖かく、じんわりと部屋全体を保温する効果があります。熱が緩やかに伝わるため、エアコンなどとの併用がベストです。

2-4.費用・工事について

ヒートポンプの床暖房を導入するためには、工事費用が50万円前後かかります。エコ給湯器への変更も合わせた工事費用は、100万円前後です。

3.ヒートポンプ式給湯器の床暖房について

ヒートポンプ式給湯器について解説します。メーカーなども覚えておきましょう。

3-1.ヒートポンプ式給湯器とは?

給湯器は、熱源にガスや灯油を用いるものが主流となっています。ヒートポンプ式給湯器は新しい発想を取り入れたもので、電気を熱源に外気から熱を拾い上げることで、お湯を沸かす方式です。
ヒートポンプ式給湯器を販売しているメーカーは、ダイキン・三菱・コロナ・サンデンなどでしょう。どのメーカーでも「エコキュート」という商品名で販売されています。

3-2.床暖房機能について

ヒートポンプ式給湯器を導入しても、床下に温水パネルを設置しないと、床暖房としての機能は得られません。フローリングを外し、温水パネルを設置します。給湯器の交換と同時か、オール電化住宅建築の際に設置することが多いでしょう。

3-3.ヒートポンプ式給湯器の特徴

ヒートポンプ式給湯器の特徴は、排出される二酸化炭素が少ないため、環境に優しいことです。また、火を使わないため、安全性が高いといえるでしょう。電気と空気を使った給湯器で、ほかの熱源を用いた給湯器とは全く異なる方式なのも特徴です。

3-4.コストについて

ヒートポンプ式給湯器の導入にあたり、初期費用は60〜100万円前後かかります。初期費用はかかるものの、ランニングコストはほかの給湯器と比較しても安くなるため、長い目で見た場合は節約につながるのです。しかし、電気料金の値上げや、電気料金の契約によって、昼間の電気代が高くなる場合もあるので、注意してください。

3-5.向いている家族

オール電化住宅にしたい・床暖房を使いたい・夜間電力契約を結んでいる家庭では、ヒートポンプ式給湯器が向いています。安全性が高いため、高齢者や赤ちゃんがいる家庭にも最適です。光熱費がかかって困り、節約したいときにもおすすめでしょう。

3-6.ヒートポンプ式給湯器のメリット・デメリット

エコ給湯器に位置付けられるため、環境に優しく、人にも優しいのがメリットです。一酸化炭素中毒のリスクも少なく、安全に使用することができます。
デメリットは、初期費用がかかるため、回収するまでに時間がかかることです。しかし、月々の光熱費は節約できるでしょう。

4.ヒートポンプ式給湯器に関する業者の選び方

ヒートポンプ式給湯器を導入するにあたり、業者選びはとても重要となります。アフターフォローや保証などについても、事前にチェックしておきましょう。

4-1.業者を選ぶポイント

給湯器の取扱数が多く、工事実績と経験豊富な業者を選びましょう。また、メーカー保証以外にも、業者独自に保証制度を設けていることも大切です。環境ネットショップでは10年の保証期間があり、長期保証で安心してご利用いただけます。万が一のトラブル時も、迅速かつ丁寧に対応するよう、アフターフォローがしっかりしていますから、信頼していただけるでしょう。

4-2.設置方法・流れ・工期

設置までの流れは、以下のとおりです。

  1. 設置工事の申し込み
  2. 現地調査と設置場所の確認
  3. 見積もりに納得できたら契約
  4. 日程調整
  5. 工事開始
  6. 試運転後に問題が生じなければ引き渡し
  7. 工事完了 

ヒートポンプ式給湯器は、一般的なガス給湯器とは異なり、設置場所の確認が必要になります。安全が確保できるかどうか、十分なスペースがあるかなど、現地調査を行うのです。
工事期間は、工法によって差があると捉(とら)えてください。見積時に工期を確認しましょう。床暖房を設置する場合などは、数日を要することもあります。

4-3.料金設定

ヒートポンプ式給湯器の設置には、本体価格と標準工事費に加え、出張料やオプション料金などがかかる場合があります。業者ごとに料金設定が異なるため、見積もりは複数の業者を比較することが大切です。工事内容や内訳をよく確認してください。

4-4.業者を選ぶときの注意点

業者を選ぶときは、エコ給湯器やヒートポンプ式給湯器の設置実績が多い業者を選びましょう。床暖房を導入する場合、施工の良しあしは見た目でわかるものです。納得できる仕上がりのためにも、熟練した技術を持つ業者に依頼してください。

5.ヒートポンプ式床暖房やエコ給湯器でよくある質問

エコ給湯器やヒートポンプ式床暖房など、新たなものを導入するときは不安な点も多いと思います。わずかな疑問でも、工事前に解決しておきましょう。

5-1.ヒートポンプ式給湯器は動作音が大きい?

一般的な給湯器に比べ、動作音は大きいものです。深夜はなるべく使わないなど、工夫することで問題が解決できます。しかし、騒音となるほどの音はありません。

5-2.エコ給湯器を導入するコストを抑えたい

最新のエコ給湯器は、やはり価格が高くなります。1つ前の機種を選ぶなど、給湯器の種類を選ぶことで、少しコストダウンすることができるでしょう。

5-3.ヒートポンプ式床暖房を設置したが、もっと光熱費を抑えたい

ヒートポンプ式給湯器向けの電気プランを選んでみてください。通常のプランより安い電気代になり、節約につながるでしょう。

5-4.エコ給湯器の寿命はどのくらい?

エコ給湯器の寿命は、一般的な給湯器と同じで、8〜15年が目安です。トラブルが目立つようになったら、寿命が近いサインと考えましょう。

5-5.ヒートポンプ式給湯器を導入する際に補助金は受けられるのか?

自治体ごとに補助金制度を設けています。たとえば、東京都新宿区では、導入時に10万円の補助金を支給しており、申請した場合だけ受けることができるのです。お住まいの地域に確認しましょう。

6.まとめ

いかがでしたか? エコ給湯器が普及し始め、省エネを意識する方が増えてきました。熱効率がよく、電気代の節約につながるヒートポンプ式給湯器も注目されています。フローリングの下に温水パネルを設置し、お湯を流すことで暖める床暖房の設置も可能です。昼間は留守がちな家庭やオール電化住宅にしたい家庭、高齢者や赤ちゃんがいる家庭に最適で、排ガスが少ないため、安全に使うことができます。エコ給湯器やヒートポンプ式床暖房を導入する際は、実績豊富な業者に依頼しましょう。アフターフォローや保証などもしっかり確認してください。