【注目】ヒートポンプ給湯器って何? エコキュートのメリットも解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お湯を使うことができない生活は、不便そのものです。お風呂は毎日入りたいものですし、キッチンでも食器洗いにお湯を使えば手がかじかむこともありません。さて、お湯を沸かすためには、給湯器を利用することになります。給湯器にもさまざまな種類がありますが、今人気が高いのはヒートポンプ給湯器です。そこで、今回はヒートポンプ給湯器について詳しく解説します。これから購入を考えている人やそろそろ買い替えの時期に来ている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. ヒートポンプ給湯器とは
  2. ヒートポンプ給湯器について
  3. ヒートポンプ給湯器の選び方
  4. ヒートポンプ給湯器の故障や交換について
  5. ヒートポンプ給湯器の業者の選び方
  6. ヒートポンプ給湯器にかんするよくある質問

記事を読むことで、ヒートポンプ給湯器にかんするあらゆる知識を身に付けることができます。また、実際に購入するときに最適なものを選ぶ力が付くことでしょう。ヒートポンプ給湯器の購入で後悔しないためにも、終わりまでじっくり読んでください。


1.ヒートポンプ給湯器とは

最初に、ヒートポンプ給湯器の定義やメカニズム・特徴などの基本を学びましょう。また、最近の傾向などを理解してください。

1-1.ヒートポンプ給湯器の定義を確認しよう

ヒートポンプ給湯器とは、ヒートポンプの原理を使用した給湯器のことです。ヒートポンプとは、空気の熱を利用してお湯を沸かすシステムのことを言います。一般的に「エコキュート」として有名ですが、「エコキュート」は関西電力の商標です。ガス給湯器と比べて、不完全燃焼や排ガスによる空気汚染の心配がありません。最近では、環境に優しい給湯器として選ぶ人が多くなっています。

1-2.ヒートポンプ給湯器のメカニズムを学ぼう

ヒートポンプ給湯器は、まず、ヒートポンプユニットによってお湯を大量に沸かします。沸かしたお湯は、貯蔵ユニットに蓄えられた後、お風呂や洗面・キッチンなどで利用するのです。つまり、お湯の作り置きをしているのだと言えます。お湯は、65度から90度の間で保温するため、通常の使用では十分な熱さです。実際には、給油時に水を混ぜて温度を下げてから使うことになります。

1-3. ほかの給湯器とはどこが違う?

ヒートポンプ給湯器とほかの給湯器は、使用する燃料が違います。

  • ヒートポンプ給湯器:電気+空気
  • 電気給湯器;電気だけ
  • ガス給湯器:ガス
  • 石油給湯器:石油

ヒートポンプ給湯器は、一酸化炭素などの排ガスが出ないことが大きな特徴です。安心かつ安全な給湯器と言えるでしょう。

1-4.ヒートポンプ給湯器の特徴

ヒートポンプ給湯器のメリットとデメリットは、それぞれ以下のとおりです。

  • メリット:排ガスが出ないので安心・電気代が安くなる
  • デメリット:初期費用(本体価格)が高い

なお、ヒートポンプ給湯器は、長期間使うほどに初期費用を回収できる仕組みとなることを覚えておきましょう。

1-5.ヒートポンプ給湯器にかんする最近の傾向

ヒートポンプ給湯器は、薄型やコンパクトタイプのものの需要が高くなっています。理由は、核家族化・家族の少人数化が進んだからです。また、住居がマンションやアパートなどの集合住宅になると、設置場所に制限があるために薄型やコンパクトタイプのものを選ぶことになります。各メーカーでも、最近の傾向を参考にして新製品の開発を進めているのです。