冬場の入浴には気をつけて! 実は怖いヒートショックの対策法!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「ヒートショック」という言葉をご存じですか? 最近、テレビなどでもたびたび取り上げられており知名度は高まってきていますが、実際どのようなものなのかは知らないという方も珍しくはありません。実は、ヒートショックは時として人の命をも奪う現象です。知らないままでいると大きな後悔を生むかも知れません。そこで、今回はヒートショックについてご紹介します。

  1. ヒートショックの基礎知識
  2. ヒートショックの対策方法について
  3. ヒートショック対策は浴室暖房機が効果的!
  4. 浴室暖房機の設置・交換について
  5. ヒートショックと浴室暖房のQ&A

この記事を読むことでヒートショックに関する知識と対策法を学ぶことができます。命に関わることでもあるので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


1.ヒートショックの基礎知識

1-1.ヒートショックとは?

ヒートショックとは、気温の急激な変化によって発生する生理現象のことを言います。血圧や脈拍が急上昇するため、体質によっては非常に危険な現象です。持病を抱えている方や高齢者は注意しましょう。

1-2.ヒートショックの原因

ヒートショックは温度の急激な変化が原因です。たとえば、サウナから水風呂に入ったり、冷房のきいた室内から炎天下に出たりすることで発生します。

1-3.ヒートショックが起こりやすい場所とは?

最も起こりやすいのは浴室です。特に冬場は湯船の中と脱衣所・浴室の温度の差が大きいため、ヒートショックが発生しやすくなります。差が10℃以上あるとヒートショックの危険性があるので注意が必要です。トイレも起こりやすい場所として挙げられます。寒冷地以外では、トイレに暖房を入れることはあまりありません。しかし、下半身を露出するため、体を冷やしやすい場所です。冬場のトイレではヒートショックで倒れるケースがあります。

1-4.ヒートショックに気をつけるべき人

ヒートショックはどんな人でも急激な温度変化があれば発生します。たとえば、健康な若い方でも、真冬にお風呂から上がったら立ちくらみした経験のある方もいるはずです。これもヒートショック現象となります。ただし、これは健康だから立ちくらみだけで済んでいるのです。次のチェックリストに1つでも引っかかる方はヒートショックが重症化し、命に関わることもありますので注意しましょう。

  • 65歳以上
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 心臓病
  • 肥満
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 不整脈
  • 酒を飲んでから(飲みながら)風呂に入ることがある