熱い風呂は健康によい?悪い?正しい入浴方法とは

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

1日の終わりにお風呂にゆっくりつかる。これを楽しみにしている方も多いでしょう。
日本人は、世界でも有数のお風呂が好きな民族だそうです。
さて、お風呂といえば熱めが好きな人とぬるめが好きな人がいます。
今回は、熱い風呂の健康効果についてご紹介しましょう。
昔から、お風呂の温度はやや熱めが好まれてきました。
しかし、現在では熱いお風呂は健康によくない、という意見もあります。
それはいったいなぜでしょうか?
答えは、この記事を読めば分かりますよ。

  1. 入浴の健康効果とは?
  2. お風呂の温度が体に与える影響とは?
  3. 熱いお風呂に健康的に入る方法とは?
  4. スーパー銭湯での注意点
  5. おわりに

1.入浴の健康効果とは?

入浴は、体を清潔にするだけではありません。
温かいお湯に全身をつけると、体中の血管が拡張して血流が活発になります。
すると、体内にたまっていた老廃物が汗とともに体外に排出されるのです。
また、血流が活発になればこわばっていた筋肉がほぐれていきます。
入浴すると肩こりや腰痛が改善するのは、そのせいです。
さらに、温かいお湯に包まれることで心身がリラックスして、ストレス解消にもなるでしょう。
お風呂に入った後に眠くなるのは、リラックスできて眠りをつかさどる副交感神経が活発になるからです。
ひとり暮らしの方はシャワーで入浴をすます方も多いですが、疲れを取りたい、よく眠りたいという場合は入浴したほうがよいでしょう。

12