湯沸かし器(瞬間湯沸かし器)の設置や交換をしたい!その方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア

湯沸かし器とは、お風呂やキッチンにお湯を供給する住宅機器です。キッチンに取り付ける瞬間湯沸かし器から、業務用の大型のものまでさまざまな種類があります。しかし、家庭になくてはならない機器なのに、どうやってお湯を沸かしているのかすら分からない、という方も多いでしょう。

そこで、今回は湯沸かし器の仕組みや種類、交換時期の目安などをご紹介します。

  1. 湯沸かし器の構造や機能は?
  2. 湯沸かし器の種類は?
  3. 湯沸かし器の選び方
  4. 湯沸かし器を製造販売しているメーカーや人気機種は?
  5. 湯沸かし器のトラブル、故障、交換時期は?
  6. 湯沸かし器の交換をしてくれる業者とその選び方
  7. 湯沸かし器に関するよくある質問

湯沸かし器はある日突然壊れることも珍しくありません。お湯が使えなければ不便なだけでなく、故障の種類によっては命の危険がある事故につながる可能性もあります。この記事を読めば、湯沸かし器の調子が悪くなる原因や対処法も分かるでしょう。湯沸かし器についていろいろと知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.湯沸かし器の構造や機能は?

湯沸かし器とは、文字どおりお湯を沸かしてキッチンに供給する家庭用設備機器です。瞬間湯沸かし器などといわれることもあるでしょう。湯沸かし器は、ガスや電気などを燃料にして、機器内でお湯を沸かします。

このように書くと、「給湯器とどこが違うの?」と思われる方もいるでしょう。確かに、給湯器も湯沸かし器も「お湯を沸かして供給する」という目的は一緒になります。しかし、給湯器がキッチン、お風呂、さらに床暖房など家全体のお湯を賄うのに対し、瞬間湯沸かし器は主にキッチン、まれにお風呂にだけ給湯をする機器です。だからこそ小型で安価に販売されています。

給湯器は貯湯式、瞬間式、さらに排熱を利用した次世代型などいろいろ種類がありますが、湯沸かし器はほとんどが瞬間式です。水を細い管で機器内にとおし、電気やガスなどの熱源を当てることで、短時間に熱いお湯を作ります。また、給湯器が水道と同じ蛇口からお湯が出るのに対し、湯沸かし器は専用の出湯管(いでゆかん)を取り付けてお湯を出すのです。

湯沸かし器は小型の給湯器で、限られた場所にお湯を供給する機器なんですね。
はい。主にキッチンに付けられることが多い機器です。

2.湯沸かし器の種類は?

この項では、湯沸かし器の種類をご紹介します。いったいどのようなものがあるのでしょうか?

2-1.燃料による違い

湯沸かし器の燃料は、電気とガスに分類されます。その中でも、ガスを使っている製品が市場の9割以上を占めるでしょう。湯沸かし器イコールガス湯沸かし器と思っている方も少なくありません。しかし、今はオール電化住宅なども増え、電気湯沸かし器も少数ですが存在します。

2-2.大きさによる違い

湯沸かし器はほとんどが小型です。ガス小型湯沸かし器、電気小型湯沸かし器という名前で販売されていることも多いでしょう。このほかにも、簡易湯沸かし器というものがあります。これは、浴槽の中などに入れてお湯を沸かす機器で、自らが熱を持ち周りの水を沸かす仕組みです。持ち運べるので、屋外でちょっとお湯が欲しいという時に便利でしょう。

また、給湯器が壊れてしまったがどうしてもお風呂に入りたいといった場合に使うこともできます。ただし、家庭用の浴槽にはった水をお湯にするまでに数時間かかるので、緊急時以外は使えないものがほとんどでしょう。しかし、「お湯を冷めないように簡易湯沸かし器で保温しておく」という使い方はできます。追い焚きができないお風呂などに使うと便利でしょう。

2-3.貯湯式か瞬間式か

湯沸かし器のほとんどが瞬間湯沸かし器です。しかし、ごくわずかですが貯湯式湯沸かし器という製品もあります。貯湯式とは、電気料金が安い深夜にお湯を沸かしておき、それを給湯器内に貯(た)めておいて使うという方式。電気代が瞬間式よりもかかりません。ただし、使えるお湯の量が限られており、湯沸かし器が大きくなりがちなので使っているところは限られています。

2-4.湯沸かし器のメリット

湯沸かし器のメリットは、取り付けが簡単なこと。給湯器を後付しようと思った場合は、大がかりな工事になるでしょう。

また、費用もそれなりにかかります。瞬間湯沸かし器の場合は、価格も数万円ほどで数時間の取り付け工事で完了するのです。たとえば、家族が増えて、キッチンで使うお湯が足りなくなりがちなどという場合に、後付することも可能でしょう。さらに、築年数がたったアパートなどでは瞬間湯沸かし器が標準装備になっていることも珍しくありません。

湯沸かし器には複数の種類があるんですね。
はい。それぞれの特徴を知って、適したものを選びましょう。

3.湯沸し器の選び方

湯沸かし器は、製品によって一度に沸かせるお湯の量やお湯が出るまでの時間が変わります。湯沸かし器はおおむね小型ですが、製品によっては給湯器サイズのものもあるでしょう。ですから、使う場所、一度に使うお湯の量、熱源などで給湯器を選んでください。

なお、一度に供給できるお湯の量が多い製品ほど大型で値段も高く、光熱費もかかります。また、オール電化住宅の場合は家にガス管が引かれていない住宅もあるでしょう。その場合は、電気湯沸かし器でないと取り付けできません。さらに、集合住宅の場合は同じ規格の製品でないと交換できないというケースがほとんどです。そして、湯沸かし器も新しい製品ほど省エネ、エコ仕様になっています。10年以上前の湯沸かし器と最新式の製品を比べると、光熱費が3分の2くらいになっているものもあるでしょう。

使うお湯の量や熱源、大きさで湯沸かし器を選ぶといいんですね。
はい。業者とよく相談して選びましょう。

4.湯沸かし器を製造販売しているメーカーや人気機種は?

湯沸かし器の製造販売しているメーカーは、給湯器を製造・販売しているところとほぼ同じです。「リンナイ」「パロマ」「ノーリツ」などのメーカーが有名でしょう。迷ったら、これらのメーカーの商品を選べば間違いありません。人気の機種は「価格.com」やAmazonランキングなどですぐに分かります。迷ったらインターネットを検索してみましょう。ただし、人気の機種は値下げ幅も少ない傾向にあります。

そのため、人気機種でもちょっと型落ちの品などを選べばお得に購入できることもあるでしょう。給湯器が不調になったり壊れたりしてから探すのではなく、時間をかけて探すとよいですね。

リンナイ・パロマ・ノーリツなどが有名なんですね。
はい。有名メーカーの製品ならば、まず間違いないでしょう。

5.湯沸かし器のトラブル、故障、交換時期は?

湯沸かし器のトラブルや不調は、放置しておくと命の危険にかかわる事故につながることもあります。この項では、起こりがちなトラブルや対処法、さらに交換時期の目安をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてください。

5-1.湯沸かし器に起こりがちなトラブルは?

湯沸かし器に起こりがちなトラブルの代表例は、お湯が出ない、お湯の温度が調節できない、といったものです。これは、温度センサーの不調やガスが不完全燃焼を起こしている可能性が高いでしょう。温度センサーが経年によって劣化すると温度の調節が難しくなり、いきなり水になったり逆に熱湯が出たりするようになります。

一方、ガスが不完全燃焼を起こすと、最悪の場合部屋の中に一酸化炭素が充満することもあるでしょう。ほとんどの給湯器に安全装置はついていますが、経年劣化によって働かなくなるケースも珍しくありません。ですから、トラブルや故障があった場合はすぐに対応が必要です。

5-2.湯沸かし器にトラブルがあった場合の対処法

湯沸かし器にトラブルがあっても、すぐに元に戻るケースも多いでしょう。しかし、だましだまし使っていると、ある日いきなり完全に故障したり火事の原因になったりすることもあります。そのため、調子が悪くなったらまずは説明書を確認しましょう。エラーが出ている場合は、対処法が載っていることもあります。

さらに、ガス会社や電力会社に連絡すると、最寄りのショップを教えてくれるケースもあるでしょう。販売店が分かる場合は、そこに相談してみてください。点検に来てくれます。

5-3.湯沸かし器の寿命と交換の目安

湯沸かし器の寿命は約10年~15年といわれています。しかし、これはあくまでも目安であり、使う頻度が高いほど寿命は短くなる傾向にあるのです。ですから、8年を過ぎて調子が悪くなったら、寿命の可能性が高いでしょう。5年未満で調子が悪くなった場合は、部品の交換ですんだり保証期間内として無料で直してくれたりすることもあります。それ以外は安価なこともあり、交換しませんか?と提案されることがほとんどです。

10~15年が湯沸かし器の寿命なんですね。
はい。また、調子が悪い湯沸かし器を放置してはいけません。必ず業者に点検してもらいましょう。

6.湯沸かし器の交換をしてくれる業者とその選び方

湯沸かし器の交換をしてくれる業者は、ガスや電力会社の直営ショップや、住宅設備機器設置会社です。後者の方が電気とガス両方の湯沸かし器をあつかっていることが多いので、交換する際製品の選択肢が増えることもあります。なお、賃貸住宅の場合は、管理会社や大家さんに申し出ると業者を呼んでくれるでしょう。

勝手に業者に依頼してはいけません。湯沸かし器の価格は数万円~10万円が相場で、これに工事費の数万円が上乗せされて請求されます。ですから取り換え工事、設置工事の場合は5万円~が相場になるでしょう。極端に高い業者、安い業者はないのですが、できればガス工事の資格がある会社に依頼すると安心です。

なお、電気湯沸かし器の場合は「電気工事士」の資格がなければ工事できません。取り付け業者はたくさんありますが、中には独自のアフターケアをしてくれる業者もあります。湯沸かし器の使用頻度が高い場合は、そのような業者を利用しましょう。対応が気持ちのよい会社や、電話の受け答えがしっかりしている業者、対応の早い業者がおすすめです。

湯沸かし器を交換してくれる業者はいろいろあるんですね。
はい。対応が素早く、こちらの質問に丁寧に答えてくれる業者を選ぶといいですね。

7.湯沸かし器に関するよくある質問

Q.湯沸かし器は一度にどのくらいの量を沸かせるの?
A.湯沸かし器が1分間にお湯を沸かせる量は号数によって決まります。号数が大きいほどたくさんの量を沸かせますが、給湯器ほどではありません。

Q.湯沸かし器1台で家じゅうのお湯を賄える?
A.賄えません。給湯器と湯沸かし器の大きさを比べて見ればお分かりになるように、湯沸かし器は1度に沸かせる量も、運転時間も給湯器に比べるとずっと短いのです。ですから、湯沸かし器で沸かしたお湯でお風呂を満タンにしよう、などと思ってはいけません。

Q.湯沸かし器がしょっちゅう止まってしまうが、故障ではないといわれた。
A.換気がうまくいっていない可能性があります。湯沸かし器を運転するには空気が必要です。しかし、空気が湯沸かし器内に取り込めないと、換気不足でエラーが出ることもあるでしょう。そのため、閉め切った部屋で給湯器を沸かすとエラーが出やすくなります。窓を開けるなどして風通しよくしましょう。

Q.給湯器の立ち消え、放っておいてもガスは止まる?
A.立ち消えが起こった場合、ほとんどの機種は安全装置が働きます。しかし、古い給湯器の場合は安全装置が劣化して使い物にならなくなっている可能性があるのです。立ち消えた後、ガスの匂いがするような場合は、すぐに業者を呼びましょう。

Q.給湯器の修理業者と設置会社はべつものですか?
A.兼ねているところが多いでしょう。製造、販売している会社がアフターケアを請け負っている場合は、修理も引き受けてくれます。詳しくは会社に問い合わせてみてください。

まとめ

今回は、湯沸かし器の仕組みや構造交換の目安などについてご紹介しました。今は、給湯器1台で家じゅうの給湯を賄っている家が多いですが、それでも家族が急に増えた場合などは、湯沸かし器は重宝するでしょう。

また、小さいですが一度事故が発生すると犠牲者が出やすい器具でもあります。調子が悪いなと思ったらすぐに点検に来てもらいましょう。