湯沸かし器(瞬間湯沸かし器)の設置や交換をしたい!その方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

湯沸かし器とは、お風呂やキッチンにお湯を供給する住宅機器です。
キッチンに取り付ける瞬間湯沸かし器から、業務用の大型のものまでさまざまな種類があります。
しかし、家庭になくてはならない機器なのに、どうやってお湯を沸かしているのかすら分からない、という方も多いでしょう。
そこで、今回は湯沸かし器の仕組みや種類、交換時期の目安などをご紹介します。

  1. 湯沸かし器の構造や機能とは?
  2. 湯沸かし器の種類とは?
  3. 湯沸かし器の選び方
  4. 湯沸かし器を製造販売しているメーカーや人気機種とは?
  5. 湯沸かし器のトラブル、故障、交換時期とは?
  6. 湯沸かし器の交換をしてくれる業者とその選び方
  7. 湯沸かし器にかんするよくある質問

湯沸かし器はある日突然壊れることも珍しくありません。
お湯が使えなければ不便なだけでなく、故障の種類によっては命の危険がある事故につながる可能性もあります。
この記事を読めば、湯沸かし器の調子が悪くなる原因や対処法も分かるでしょう。
湯沸かし器についていろいろと知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.湯沸かし器の構造や機能とは?

湯沸かし器とは、文字どおりお湯を沸かしてキッチンに供給する家庭用設備機器です。
瞬間湯沸かし器などといわれることもあるでしょう。
湯沸かし器は、ガスや電気などを燃料にして、機器内でお湯を沸かします。
このように書くと、「給湯器とどこが違うの?」と思われる方もいるでしょう。
確かに、給湯器も湯沸かし器も「お湯を沸かして供給する」という目的は一緒になります。
しかし、給湯器がキッチン、お風呂、さらに床暖房など家全体のお湯を賄うのに対し、瞬間湯沸かし器は主にキッチン、まれにお風呂にだけ給湯をする機器です。
だからこそ小型で安価に販売されています。
給湯器は貯湯式、瞬間式、さらに排熱を利用した次世代型などいろいろ種類がありますが、湯沸かし器はほとんどが瞬間式です。
水を細い管で機器内にとおし、電気やガスなどの熱源を当てることで、短時間に熱いお湯を作ります。
また、給湯器が水道と同じ蛇口からお湯が出るのに対し、湯沸かし器は専用の出湯管(いでゆかん)を取り付けてお湯を出すのです。