ガス給湯器の交換をスムーズに!種類や選び方のポイントとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガス給湯器の交換を検討している人に朗報です。「給湯器の寿命はどのくらいなのか?」「どのような種類のものがあるのか知りたい」とお悩みも多いでしょう。ガス給湯器は生活の必需品であり、突然故障すると大変な思いをすることになります。そうなる前に、ガス給湯器の知識を深めておく必要があるでしょう。この記事では、ガス給湯器の基礎知識や寿命・エコジョーズについてなど、詳しく解説します。

  1. ガス給湯器の基礎知識を学ぼう!
  2. ガス給湯器と電気給湯器・石油給湯器の比較
  3. ガス小型瞬間給湯器について
  4. ガス給湯器について
  5. ガス給湯器の設置場所について
  6. ガス給湯器の給湯能力と号数
  7. ガスふろ給湯器の「エコジョーズ」とは?
  8. ガス給湯器にかんするよくある質問

この記事を読むことで、ガス給湯器やガス湯沸かし器のすべてがわかります。交換を検討している場合も、失敗なく行うことができるでしょう。


1.ガス給湯器の基礎知識を学ぼう!

まずは、ガス給湯器の基礎知識をまとめて解説しましょう。仕組み別や目的別の種類についてもご紹介します。

1‐1.ガス給湯器とは?

生活にはお湯が必要です。そのお湯をガスで供給する器具のことをガス給湯器と言います。ガスの燃焼によってお湯を沸かし、キッチンや洗面台・浴室などの給湯を行うのです。ガス給湯器と言っても、仕組みや使用目的によってさまざまなタイプのものがあります。

1-2.お湯の沸かし方によって「貯湯式」と「瞬間式」がある

ガス給湯器は、加熱の仕方によって「貯湯式」と「瞬間式」に分けられます。

1‐2‐1.貯湯式ガス給湯器

貯湯式のガス給湯器の原理は、ガスコンロでお湯を沸かすのと同様の仕組みです。あらかじめ沸かしたお湯を給湯器にためておき、必要なときに必要な場所へ供給します。非常に単純な構造をしているため、故障しにくいという点が最大のメリットです。

1‐2‐2.瞬間式ガス給湯器

お湯を使うたびにガスでお湯を沸かすのが瞬間式ガス給湯器です。現在はこのタイプのガス給湯器を使用している家庭が多いでしょう。最近は、貯湯式と同様にコストを抑えることができる仕組みのものも登場しているため、普及率は上昇中です。

1‐3.使用目的別に考えよう!

ガス給湯器は、使用目的別に分けると「給湯専用器」「ふろ給湯器」「給湯暖房熱源器」の3種類があります。

1-3-1.給湯専用器

洗面所やシャワー・台所など、家中に給湯ができるタイプです。シンプルな機能であるため、価格は比較的安いものが多いでしょう。このタイプの給湯器を使用しているケースは、賃貸物件がほとんどです。

1-3-2.ふろ給湯器

給湯とお風呂を沸かす機能が一つになったタイプです。家族が多い家庭では、追いだきの機能が欲しくてこのタイプに交換することが多くなっています。

1-3-3.給湯暖房熱源器

給湯と追いだきはもちろんのこと、床暖房やミストサウナなどの機能を取り付けることができるタイプです。特に、床暖房を使用する家庭が増えてきたことから、このタイプに交換するケースも多くなってきています。

2.ガス給湯器と電気給湯器・石油給湯器の比較

お湯を沸かす熱源となるものには、ガスのほかにも電気や石油があります。電気給湯器や石油給湯器との比較をまとめてみましょう。

2‐1.電気給湯器とは?ガス給湯器との違い

電気給湯器とは、その名のとおり電気の力でお湯を沸かす機器のことです。夜間電力を使用するため、割安な電気プランを使うことができるというメリットがあります。ただし、ガス給湯器に比べて設置費用が高くなるという問題点も。「初期費用を安くしたい」という人にはおすすめできません。また、寒冷地など一部の地域では熱効率が悪くなるため、使用できないというデメリットについても検討が必要でしょう。

2‐2.石油給湯器とは?ガス給湯器との違い

灯油を燃焼にして給湯を行うのが石油給湯器です。パワフルな給湯が可能で、ランニングコストにも優れているというメリットがあります。しかし、問題は排気臭と作動音です。隣家とのトラブルの原因になるケースも少なくないため、十分検討する必要があるでしょう。

2‐3.選び方のポイント

ガス・電気・石油のうち、どの給湯器を選ぶべきか迷ったときは、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 給湯能力
  • 設置スペース
  • コストパフォーマンス
  • 価格
  • 寿命

特に、給湯能力は重要なポイントです。家族の人数や使用時間・使用頻度などを考えて、十分な給湯能力を持っているものを選ぶようにしましょう。

3.ガス小型瞬間給湯器について

「ガス小型瞬間給湯器」とは、台所に付いている小型給湯器のことで「ガス湯沸かし器」とも呼ばれています。その原理や用途、長所や短所についてご紹介しましょう。

3‐1.ガス小型瞬間給湯器の原理とは?

ガス小型瞬間給湯器には2つのタイプがあります。水栓コックを開いてお湯を出すのが「元止め式」で、給湯器に接続されている蛇口を開いてお湯を出すのが「先止め式」です。お湯が沸く仕組みはどちらも同じで、水圧によってガスバルブが開き、バーナーが着火して水が加熱されます。瞬間的にお湯を沸かすため、排出ガスの量も多くなるという点に注意が必要です。使用中の換気には十分注意しましょう。

3‐2.ガス小型瞬間給湯器の用途と長所・短所を紹介

ガス小型瞬間給湯器は、給湯器を設置するスペースが狭い場合や、初期費用を安く抑えたい場合におすすめです。機種によっては1~3万円台で購入することができるしょう。また、給湯能力が高いというメリットもあります。ただし、お湯の使用量に合った能力のものを選ぶ必要があるでしょう。お湯の温度が上がらなくなる可能性があるという点がデメリットです。

3‐3.ガス小型瞬間給湯器の耐用年数は?交換時期はいつ?

ガス小型瞬間給湯器の耐用年数は、10~15年と言われています。もちろん、使用頻度や使用の仕方によっても寿命は変わってくるでしょう。しかし、実際には10年を経過すると「部品を保有していない」という理由で修理対応を行わないメーカーが多くなります。そのため、購入から10年前後で給湯器の調子が悪くなった場合は、修理より交換を検討するべきです。

3‐4.ガス小型瞬間給湯器の主なメーカー

ガス小型瞬間給湯器の主なメーカーには、リンナイやパロマ・ノーリツなどがあります。この3社は3大ガス器具メーカーとも呼ばれており、それぞれ魅力的な特徴を持っているのです。特に「音声お知らせ機能」や「インターロック機能」など、給湯器を安全に使う上で役立つ機能が付いたものが人気を集めています。

3‐5.ガス小型瞬間給湯器にかかる費用は?

ガス小型瞬間給湯器の取り付けを業者に依頼した場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか。一般的に、ガス小型瞬間給湯器はホームセンターでも10,000~15,000円程度で購入できます。そして、取り付けにかかる費用の相場は15,000円ほど。つまり、ガス小型瞬間給湯器の購入と取り付けを合わせると、全部で25,000~30,000円程度かかることになるでしょう。

4.ガス給湯器について

次に、ガス給湯器の種類別特徴とそれぞれの機能についてご紹介します。

4‐1.給湯専用器とは?できること・できないこと

給湯専用器は蛇口から出るお湯を作る給湯器です。お風呂にお湯をためることもできますが、追いだきはできません。そのため、ワンルームのアパートなど、お風呂の温め直しが必要ない場合に設置されることが多くなっています。

4‐2.ガスふろ給湯器とは?給湯専用器との違い

ガスふろ給湯器は、給湯専用器の機能に加えて追いだき機能付きです。台所や洗面所などでお湯を使用しながら、お風呂の追いだきができます。

4‐3.暖房機能付き給湯器とは?給湯専用器・ガスふろ給湯器との違い

暖房機能付き給湯器は、給湯専用器・ふろ給湯器の機能に加えて床暖房や浴室暖房機能を兼ねそろえたものです。1台で3役をこなすため、費用も高くなります。

4‐4.湯沸かし以外の機能にはどんなものがあるのか?

ガス給湯器には、湯沸かし以外に以下のような機能があります。

4‐4‐1.湯はりから保温までが自動!オート湯はり

オート湯はり機能は、スイッチを入れると自動で設定湯量までの自動湯はりを行います。さらに、浴槽内の湯温が下がると自動で追いだき・保温が可能です。

4‐4‐2.湯はりからたし湯までが自動!フルオート湯はり

フルオート湯はり機能は、オート湯はりの機能に加えて、たし湯までが自動になります。設定水位より約4cm下がると自動でたし湯を行い、追いだき配管も自動洗浄してくれるのが特徴です。

4‐4‐3.追いだき機能は簡単に付けられる!

家族の人数が多い家庭では、追いだき機能があると大変便利です。追いだき機能を付けるためには浴槽の加工が必要になります。多くの販売店では給湯器の取り替え工事と同時に浴室の加工工事も承っているため、意外と簡単に追いだき機能を付けることが可能です。

4‐5.多機能性給湯器が人気の理由!

給湯器はライフスタイルや使用用途によって選ぶことが大切です。種類や仕組みを知り、どのタイプが自分に合っているのかよく考えてみましょう。最近は、お風呂や給湯だけでなく、暖房機能も備えた「多機能性給湯器」の人気が非常に高くなってきています。「子供が大きくなった」「家族の人数が増えた」など、ライフスタイルの変化にも対応できるように、多機能性給湯器を選ぶ人が増えてきているのです。

5.ガス給湯器の設置場所について

ガス給湯器を選ぶ際には、設置場所についても検討が必要です。大きく分けて「設置フリー型」と「隣接設置型」があるため、それぞれの特徴を知っておきましょう。

5‐1.お風呂から離れた場所でも設置できる!設置フリー型

設置フリー型のガス給湯器は、お風呂から離れた場所でも設置することができます。そのため、浴室の周辺に設置スペースがなくても問題ないでしょう。設置フリー型ガス給湯器には、壁掛け型と据え置き型があります。

5‐2.浴室に隣接して設置!隣接設置型

浴室に隣接してガス給湯器を設置するタイプです。給湯器の後ろから直接浴槽にパイプがつながっていて、上下2つの穴でお湯を循環してお風呂を沸かします。

6.ガス給湯器の給湯能力と号数とは?

ガス給湯器は、種類によって給湯能力が異なります。給湯能力を表す単位が「号数」です。

6‐1.ガス給湯器の号数って何?

号数とは、水温+25℃のお湯を1分間に何リットル出すことができるかを示したもの。つまり、水温+25℃のお湯を1分間に24リットル出すことができる給湯器の号数は、24号ということになります。号数が大きいほどお湯を出す量が多いということなので、家族の人数やお湯の使い方を考えて快適に使うことができる号数を選ぶようにしましょう。

6‐2.号数と人数、使う湯量の目安

ガス給湯器の号数を選ぶ際の大まかな目安をご紹介します。

  • 1~3人家族向け 16号の給湯器
  • 2~4人家族向け 20号の給湯器
  • 4人以上の家族向け 24号の給湯器

このほかにも、シャワーと食器洗いのほかにもう1か所で同時にお湯を使いたい人に最適な28号タイプがあります。まずは現在使用しているガス給湯器の号数を調べ、このままで不具合がないか考えてみましょう。

7.ガスふろ給湯器の「エコジョーズ」とは?

効率よくお湯を沸かすことのできる給湯器として「エコジョーズ」が注目を集めています。人気の理由や選び方などをご紹介しましょう。

7‐1.排気熱を利用して効率よくお湯を沸かす

ガス給湯器を利用する際には排気熱が発生します。エコジョーズは、今まで使わずに捨てられていた排気熱を利用して水を温める仕組みです。そのため、従来よりも少ないガス消費量で効率よくお湯を沸かすことができます。

7‐2.エコジョーズのメーカーはリンナイ?ノーリツ?

エコジョーズは各給湯器メーカーが販売しています。主なメーカーには、リンナイやノーリツなどがあり、それぞれ特徴の異なるエコジョーズを取りそろえているのです。どのメーカーのものを選ぶかについては、各家庭に最適な特徴を持っているか調べてみることが大切でしょう。たとえば、リンナイのエコジョーズはコスト削減を重視しており、故障率が低いという特徴があります。一方のノーリツは品質が高いことで知られており、環境に対する意識の高さという点でもリンナイを上回っているということです。もちろん、そのほかにもデザインや給湯能力にも違いがあるため、自分に合ったものを探してみるとよいでしょう。

7‐3.エコジョーズはなぜ人気?

エコジョーズの普及は年々増加傾向にあります。なぜ人気があるのか、その理由をまとめてみました。

  • 従来の給湯器と比較して光熱費を削減できる。
  • CO2排出量を削減できるため、地球温暖化を防止できる。
  • 耐久性に考慮した設計であるため、安全に使うことができる。
  • お湯切れの心配が不要。

7‐4.エコジョーズの選び方

エコジョーズは各メーカーからさまざまなタイプのものが販売されています。「どのエコジョーズを選べばよいのかわからない」という人のために、選び方のポイントをご紹介しましょう。

7‐4‐1.機能で選ぶ

エコジョーズには「フルオートタイプ」「オートタイプ」「給湯専用タイプ」があり、それぞれ機能が異なります。いつでも安定したお湯の供給を求める人にはフルオートタイプがおすすめです。また、お湯はりもたし湯も手動でよいので費用を抑えたいという人は、給湯専用タイプを選ぶとよいでしょう。自分のライフスタイルに合っているのはどのタイプなのか、見極めることが大切です。

7‐4‐2.家族の人数で選ぶ

家族の人数によって、エコジョーズの号数を選びましょう。号数は、エコジョーズの給湯能力を示す大切な目安になります。1人暮らしなら16号、4人家族なら24号というように、家族の人数に適した号数の目安を知っておくことがおすすめです。

7‐4‐3.設置形態で選ぶ

エコジョーズの適切な設置形態は、スペースによって異なります。スペースに適さないものを選んでしまうと、使い勝手に大きな問題が生じてしまうことも。必要な設置スペースを確保できるかどうかをしっかりと確認してから、エコジョーズのタイプを選ぶようにしましょう。

7‐5.エコジョーズの設置費用とランニングコストについて

エコジョーズの価格は号数と機能によって大きく差があります。本体価格だけを見ると、最低価格でも8~10万円前後です。そこに、15万円ほどの工事費がかかります。多機能のものだと工事費を含めて40万円以上するものもあるため、初期費用だけを考えると導入を躊躇(ちゅうちょ)する人も多いでしょう。しかし、初期費用だけでなくランニングコストも比較する必要があります。一般的に、従来型の給湯器とエコジョーズを比較すると、年間で16,500円も節約できると言われているのです。エコジョーズを10年以上続けて使用することを考えると、十分にお得だということがわかっています。

7‐6.エコジョーズの耐用年数と交換時期は?

エコジョーズの寿命は10~15年であると言われています。ただし、もちろん使い方や使用頻度によっても違いがあるため、あくまでも目安だと考えてください。
購入から10年以上経過して、以下のようなトラブルが発生したときは、交換時期のサインであると言えるでしょう。

  • お湯の出が悪くなった。
  • お湯が温まりにくくなった。
  • 給湯の着火が鈍くなった。
  • 追いだきができなくなった。

このような問題が発生しても、生産終了から10年以上たつとメーカーも修理部品を保有していないため、修理では対応できなくなってしまいます。

8.ガス給湯器にかんするよくある質問

ガス給湯器の導入や交換を検討している人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

Q.給湯器の号数が大きくなると、ガス代も高くなりますか?

A.ガス代が号数によって変わることはありません。ガスの使用量によって変動するものです。

Q.壁掛け型と据え置き型はどちらが優れていますか?

A.号数や機能が同じであれば、使い勝手に差はありません。壁の強度や設置スペースなどを考慮して選ぶ必要があるでしょう。

Q.ガス給湯器の交換作業にはどのくらいの時間がかかりますか?

A.一般的には、数時間で作業が完了します。たとえば、給湯専用器の交換には2~3時間、追いだき機能付き機器の交換には3~5時間ほどが目安です。

Q.入浴剤を使用しても問題ありませんか?

A.一般的には問題ありません。ただし、硫黄分を含んだ入浴剤は熱交換器が腐食する原因になることもあるでしょう。使用後はよく水洗いをするなど、説明書に記載されている注意事項をしっかりとチェックしてください。

Q.エコジョーズを導入する場合、国からの補助金をもらうことができますか?

A.エコジョーズへの補助金制度は、平成22年度で終了しました。現在受けることのできる補助金は市町村によって異なるため、各自確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ガス給湯器の仕組みや種類・選び方についてまとめて解説しました。自分の家庭に合ったガス給湯器を導入することは、豊かで快適な生活を手に入れることにもつながるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、ガス給湯器の知識を深めてください。