給湯器交換業者選びのポイントは? それぞれのメリットや特徴を紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

湯沸かし器や給湯器の調子が悪くて交換したい場合、依頼する業者の探し方で迷うことがあると思います。交換作業を請け負う業者はたくさんあるため、選ぶ基準を知っておくことが大切です。業者の選び方と併せ、注意点も覚えておきましょう。本記事では、給湯器交換の業者選びについてご紹介します。

  1. 給湯器の交換業者はどのようなものがあるのか?
  2. 給湯器の交換業者:選び方
  3. 給湯器の交換業者:選ぶときの注意点
  4. 給湯器の交換でよくある質問

この記事を読むことで、給湯器交換の業者選びについてよく分かります。 交換業者の特徴やメリットなどを理解し、良質な業者を選んでください。


1.給湯器の交換業者はどのようなものがあるのか?

湯沸かし器や給湯器の交換を行う業者の種類をご紹介します。それぞれのメリットや特徴を覚えておきましょう。

1-1.ガス会社

ガス会社は、ガス事業法に基づいてガスの供給を行っています。ガスの供給業務だけではなく、給湯器の販売や修理も請け負うのが特徴です。ただし、ガスの供給が主軸事業であるため、給湯器本体の割り引きが少ないケースがあります。また、取り扱う給湯器の種類も限られているので、いろいろなメーカーを比較したい場合は、ほかの業者を選んだほうがいいでしょう。

1-2.給湯器メーカー

給湯器メーカーは、給湯器の製造から取り付けまで請け負っています。パロマやリンナイなどのメーカーがあり、給湯器以外にガスコンロの販売も行っているのが特徴です。ただし、ガス会社と同じく、給湯器の販売時に割り引きが少ない傾向があります。また、修理は専門業者に委託している場合がほとんどです。給湯器の購入・修理をメーカーに直接依頼する場合、ほかのメーカーとの比較ができません。複数のメーカーを比較して給湯器を選びたい場合は、販売業者などを利用したほうがいいでしょう。

1-3.販売業者

販売業者は複数のメーカーを取り扱っているのに加え、種類も豊富なのがメリットです。また、販売業者は競合が多いため、割り引きやサービスに力を入れています。ガス会社や給湯器メーカーより費用負担が軽いので、交換費用を抑えたい場合におすすめです。販売業者は、給湯器の販売だけでなく、取り付け・修理なども一貫して行っており、アフターフォローも充実しています。ただし、販売業者の中には悪質な業者もあるため、業者の見極めが重要です。過去の販売数や施工実績が豊富な業者を選ぶようにしてください。

2.給湯器の交換業者:選び方

給湯器の交換業者を選ぶ際のポイントをご紹介します。

2-1.スピーディーな対応ができること

湯沸かし器や給湯器は、風呂やキッチンで毎日使うものです。交換を依頼してから取り付けまでに時間がかかるようでは、日常生活に支障をきたします。即日対応が可能など、スピーディーな対応を心がけている業者を選ぶと安心です。修理などの際も、迅速に対応してくれるでしょう。

2-2.リーズナブルな価格で販売していること

給湯器の交換は、給湯器本体の値段に加え、取り付け費用がかかります。費用を抑えたい方は、割り引きに力を入れている業者を選びましょう。環境ネットショップでは、給湯器本体の価格を最大83%の割り引きを行っているのが特徴です。また、取り付けなどを標準工事とし、本体価格に含んだ料金設定をしています。リーズナブルな価格で給湯器の交換ができるため、コストダウンを意識する方におすすめです。

2-3.施工実績が豊富であること

給湯器の交換は、ガス工事の有資格者による施工となります。業者に有資格者がいるかを確認してください。過去の実績が豊富な業者は、施工が丁寧かつ確実なのも特徴で、給湯器選びの際にも適切なアドバイスをしてくれるものです。依頼前に、業者のホームページで年間の施工件数を確認しておきましょう。実際に利用した人のクチコミをチェックする方法もおすすめです。

2-4.アフターフォローがしっかりしていること

給湯器の交換工事後は、トラブルが起こることも想定できます。トラブルが起こるのは、施工不良や給湯器本体の異常などが原因となっていることが多いでしょう。アフターフォローがしっかりしている業者なら、保証期間内のトラブルにも無償で対応してくれます。給湯器交換工事の契約時は、アフターフォローや保証期間をよく確認し、安心して利用できるようにしておきましょう。

3.給湯器の交換業者:選ぶときの注意点

業者の質はさまざまです。業者選びの際に覚えておきたい注意点もご紹介します。

3-1.こんな業者には注意

前述したとおり、給湯器の交換工事は、ガス工事の有資格者が行う必要があります。悪質な業者の中には、無資格で工事を進めている場合や、ガス工事に関する法令を無視して粗悪な工事をする場合があるので注意してください。訪問営業の業者はトラブルが多くなっているため、契約を急がされても取り合わないようにしましょう。

3-2.料金体系が明確であることが大切

給湯器の交換工事は、取り付け費用や老朽化した部材の交換代金などがかかります。給湯器本体価格以外にも出費がかさむ場合があるため、見積もりで料金の内訳をしっかり確認することが大切です。また、標準工事でできる範囲も業者ごとに異なるので注意してください。料金体系が明確で、追加料金の内訳についてもきちんと説明してくれる業者を選びましょう。

3-3.アフターフォローや保証をきちんと確認する

2-4でお伝えしたとおり、アフターフォローや保証が整っている業者なら、万が一トラブルが起きても、余計な出費を抑えることができます。業者によって保証期間が異なるため、あらかじめ契約前に確認しておきましょう。保証には、メーカー保証と業者独自の保証があります。環境ネットショップでは、独自に10年間の保証を設けているのが特徴です。安心してご利用いただけます。ぜひご相談ください。

4.給湯器の交換でよくある質問

給湯器の交換や業者選びに関する質問を集めました。不明点の解消に役立ててください。

Q.ガス給湯器から電気を熱源とする給湯器への交換は可能なのか?
A.設置場所や環境などの条件が整っていたら、電気を熱源とする給湯器への交換も可能です。ただし、オール電化にする場合、高額な費用がかかります。工事期間も長めになるため、時間と予算にゆとりを持っておきましょう。

Q.給湯器の在庫が少ない業者より、多めに持っている業者のほうがいいのか?
A.在庫数が多い業者のほうが、給湯器を取り寄せる時間を短縮できるのでいいでしょう。在庫が多いと流れが悪く、古いものを抱えているのではないかというイメージがあると思います。実際は、施工数が多い業者ほど、在庫をきちんと持っている場合が多いものです。工事までのスピードを意識するなら、在庫数にも着目しましょう。

Q.工事費用が安いと手抜き工事をされるのではないか?
A.工事費用が安くても、不安に感じる必要はありません。見積もりに記載されている費用の内訳や、業者の実績を確認してみましょう。給湯器本体の割り引き率が大きい場合や、本体価格に工事費用が含まれている場合は、工事費用が安くなる傾向があります。

Q.給湯器の交換を行う前は、現地調査をするのか?
A.業者の対応エリアである場合、設置前に現地調査をするケースもあります。また、設置場所が狭い・高所などの場合は、安全に工事を進めるため、現地調査を行うのが一般的です。

Q.どの給湯器を購入すればいいか分からないときはどうすべきか?
A.数多くの施工をしている業者なら、ライフスタイルや家族構成に見合う給湯器を提案してくれます。給湯器選びに迷ったら、業者に相談してみましょう。

まとめ

いかがでしたか? 給湯器の交換は、ガス会社・給湯器メーカー・販売業者などで行っています。依頼前に、それぞれのメリットや特徴を理解しておきましょう。給湯器の割り引き率が高いのは、販売業者です。販売業者の質はさまざまなので、施工実績やアフターフォローなどに目を向け、質のいい業者を選んでください。