ウォシュレットの掃除方法を知りたい! 隅々までピカピカにするコツ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「ウォシュレットの汚れが気になるので、正しい掃除方法やキレイに仕上げるコツを知りたい」とお考えではありませんか? ウォシュレット付きのトイレは複雑な構造をしているため、意外な部分が汚れやすくなります。毎日使うものだからこそ、いつもキレイに掃除しておきたいですよね。

そこで今回は、ウォシュレットの掃除について詳しく解説します。

  1. ウォシュレットで汚れやすい部分は?
  2. ウォシュレットを掃除する頻度は?
  3. ウォシュレットの掃除に必要な道具
  4. ウォシュレットを掃除する手順
  5. ウォシュレットの掃除をプロに依頼するには?
  6. ウォシュレットの掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、ウォシュレットを掃除するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ウォシュレットで汚れやすい部分は?

最初に、ウォシュレットで特に汚れやすい部分について見ていきましょう。

1-1.便座の裏側

ウォシュレットを使用すると、便座の表側だけでなく、裏側に汚水が飛び散って汚れやすくなります。ウォシュレットを使用した後、実際に便座を上げると、意外なほど汚れていることが分かるはずです。強い水圧で使用すると、汚水の飛び散りが特にひどくなるので注意しましょう。

1-2.ノズル

ノズルには、排せつ物汚れや水あかが付着しやすいものです。現在発売されているウォシュレットには、ほとんどの機種にノズル自動洗浄機能が付いているため、普段はそれほど気にならないことでしょう。しかし、ノズルが引っ込む際に汚れが付着することもあります。また、自動洗浄機能では落としきれない汚れもあるので、過信しすぎてはいけません。

1-3.操作ボタン

操作ボタンにも、手あかやホコリがたまりやすいものです。特に、普段使うことが多いボタンには、気付かないうちに汚れが付着していることでしょう。操作ボタン周辺は、排せつ後、手を洗わないうちに触れているため、意外と雑菌が繁殖しやすいことも特徴です。

1-4.脱臭フィルター

脱臭フィルターも、汚れやすい部分です。ウォシュレットが臭う場合、脱臭フィルターに汚れがたまっていることがあります。脱臭フィルターは、便座の裏側に付いていて、徐々にホコリなどの汚れがたまっていくのです。ウォシュレットを快適に使い続けるためにも、きちんと掃除するべき部分でしょう。

2.ウォシュレットを掃除する頻度や注意点は?

ウォシュレットを掃除する頻度は、部分ごとに異なります。掃除の注意点と併せて解説しましょう。

2-1.ウォシュレットを掃除する頻度

ウォシュレットは、部分ごとに以下のような頻度を目安に掃除してください。

  • 便座の表裏:使用した都度
  • ノズル・操作ボタン周辺:1週間に1回
  • 脱臭フィルター:1か月に1回
  • ウォシュレット全体:1年に1回

2-2.ウォシュレットを掃除する注意点は?

ウォシュレットを掃除する際は、以下の点に注意してください。

  • 故障・感電の恐れがあるため、大量の水がかからないようにする
  • 窓を開けたり換気扇を回したりして換気をよくする
  • 手袋・マスクを装着する
  • 素材が変質するため、酸性およびアルカリ性の洗剤を使わない
  • 傷付くことがあるため、から拭きする際に気を付ける

そのほか、ウォシュレットの使用説明書も併せて読んでおきましょう。

3.ウォシュレットの掃除に必要な道具

ウォシュレットの掃除に必要な道具やより効率化できるものをご紹介しましょう。

3-1.ウォシュレットの掃除で準備する道具

掃除を始める前に、以下の道具を準備してください。

  • トイレ用中性洗剤
  • クエン酸水溶液(水200mlにクエン酸小さじ1をよく溶かす)
  • 重曹
  • スプレーボトル
  • ぞうきん
  • 使い捨てタイプの掃除用シート
  • 手袋
  • マスク

3-2.掃除をより効率化できるもの

以下のようなものがあると、ウォシュレットの掃除がさらに効率化できて便利です。

  • 小さな鏡:裏側や隅の汚れが見やすくなる
  • 不要になったプラスチック製のカード:しつこい汚れをこそぎ落とすことができる
  • 竹串:細かな部分に入り込んだ汚れをかき出しやすい

4.ウォシュレットを掃除する方法

ウォシュレットを掃除する方法を詳しく解説します。

4-1.便座は使うたびに汚れを拭き取る

ウォッシュレットを使うたびに目視し、汚れていたら軽く掃除しておくといいでしょう。汚れが簡単に落ちて、定着せずに済みます。便座と便器の間に汚水が飛びやすいので、便座を上げてチェックしてみてください。汚れていたら、トイレットペーパーや掃除用シートで拭き取りましょう。

4-2.1週間に1回程度ノズルと操作ボタンを掃除する

1週間に1回程度、ノズルと操作ボタンを掃除しましょう。

4-2-1.ノズル

ノズルに付着した排せつ物汚れは、以下のような手順で落としていきましょう。

  1. ウォシュレットのノズル洗浄用スイッチを押し、ノズルを手前に出す
  2. トイレ用中性洗剤を水で薄めてぞうきんに含ませて汚れを拭く
  3. 水拭き・から拭きで仕上がる
  4. 再度ノズル洗浄用スイッチを押して、ノズルを元の位置に戻す

なお、ノズルに付着する白っぽい汚れは、水あかです。水あかを落とすには、クエン酸水溶液を使いましょう。汚れがたまっている部分に、クエン酸水溶液をスプレーし、10分程度放置してから水拭き・から拭きで仕上げてください。

4-2-2.操作ボタン

操作ボタンに付着した手あかやホコリ汚れは、以下の手順を参考に掃除してください。

  1. 汚れが付着している部分を、水に浸して固く絞ったぞうきんで拭く
  2. 汚れがひどい部分は、トイレ用中性洗剤を水で薄めてぞうきんに含ませて拭き、水拭きする
  3. 仕上げに乾いたキレイなぞうきんで水分を拭き取る

操作ボタン周辺は簡単に掃除しやすいので、掃除用シートを使用してこまめに拭いてもいいでしょう。

4-3.1か月に1回程度脱臭フィルターを掃除する

1か月に1回程度は、脱臭フィルターを掃除しましょう。具体的な掃除方法は、以下を参考にしてください。

  1. ウォシュレットの使用説明書を参考に脱臭フィルターを取り外す
  2. 古歯ブラシなどで表面のホコリや汚れをこすり落とす
  3. 元の位置に取り付けて完了

特に汚れがひどい場合は水洗いし、よく乾かしてから取り付けてください。

4-4.1年に1回程度ウォシュレットを取り外して全体を掃除する

1年に1回程度、大掃除のときなどにウォシュレットを取り外し、全体を隅々まで掃除しましょう。ウォシュレットを取り外すと、便器との接続部分などがびっくりするほど汚れているものです。細かなすき間に入り込んだ汚れは、プラスチック製のカードや竹串などを使うとうまく取れます。また、1年間たまった汚れは固まって落としづらいことがあるので、つけ置きを活用するといいでしょう。さらに、ウォシュレットと同時に便器もしっかり掃除すれば、さらに気持ちよく使うことができます。便器の掃除には重曹とクエン酸水溶液のダブル使いをすると、汚れ落ちもよくおすすめです。

5.ウォシュレットの掃除をプロに依頼するには?

ウォシュレットの掃除はプロに依頼することも可能です。具体的な依頼方法や、信頼できる業者の選び方など詳しく解説します。

5-1.業者に連絡して見積もりをもらう

最初に、業者に希望作業日時などを伝えて見積もりをもらってください。折り返し業者から見積もりが届くので、金額・作業内容などをチェックしましょう。特に問題なければ、正式に契約してください。指定日時に業者がやってきて、ウォシュレットの掃除をしてくれます。作業時間は1~2時間程度で、料金は9,000~12,000円程度が目安です。なお、提示金額にはウォシュレットの掃除だけでなく、トイレの床や壁などを含むこともあるので確認しておきましょう。

5-2.信頼できる業者を選ぶポイント

ウォシュレットの掃除は、以下のポイントを参考に信頼できる業者に依頼することが大切です。

  • ハウスクリーニング分野で豊富な実績がある
  • 丁寧かつ高品質な作業で定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 希望の日時に作業してもらえる
  • スタッフが礼儀正しく言葉遣いも丁寧
  • 顧客からの評判がいい
  • きちんとした自社ホームページを持ち、連絡先を明記している

5-3.悪質業者に注意すること

悪質業者には、十分に気を付けましょう。特に、飛び込み訪問や勧誘電話をしてくる業者は、悪質業者である確率が非常に高くなります。「キャンペーン中で、お好きな場所を無料クリーニングしている」などと言いながら、家に上がり込もうとするので注意してください。家に上がった途端、ろくにチェックもせず、傷みが進んでいるので早急にリフォームが必要だ、などと不安をあおってくることがあります。また、ウォシュレットを無料でクリーニングしてもらうはずが、ウォシュレットはサービス対象外として法外に高い費用を請求するケースもあるでしょう。一方、信頼できる業者は決して契約を強要しません。ウォシュレットの掃除は、5-2のポイントを参考にして信頼できる業者に依頼してください。

6.ウォシュレットの掃除に関するよくある質問

最後に、ウォシュレットの掃除に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.ウォシュレットを取り外すのが面倒なのですが?
A.本格的に掃除する場合は、面倒でも取り外してください。ウォシュレットの取り外し方は、使用説明書などに記載されています。コツをつかめば、案外簡単に取り外すことができるでしょう。

Q.ウォシュレットを使わなければキレイなままなのでは?
A.いいえ。ウォシュレットを使わなくても、排せつ物やホコリなどの汚れが付着するので、定期的に掃除してください。

Q.ウォシュレットの寿命は何年?
A.約10年です。寿命が近づくと、一部の機能が使えない、水圧や水温を調整しづらいなどの不具合が出てきます。特に問題なく使えるものでも、基盤や素材の劣化が進んでいて突然故障することもあるので、早めの買い替えを検討してください。

Q.プロに掃除を依頼しても汚れが取れない場合はどうする?
A.部品交換もしくは買い替えを検討してください。たとえば、細かな傷が多数付いていて汚れが入り込んでいしまっている場合、プロがクリーニングしても汚れを落としきれないことがあります。そのまま使い続けるのは、雑菌やカビの温床になりやすくおすすめしません。

Q.業者にウォシュレットの掃除を依頼した場合、在宅するべきか?
A.基本的には在宅する必要があります。依頼者の不在時は、作業を断る業者がほとんどでしょう。ウォシュレットの掃除は家に上がり込んで作業することから、思わぬトラブルを避けるためです。

まとめ

今回は、ウォシュレットの掃除について詳しく解説しました。ウォシュレットには、想像以上に汚れが付着しています。まずは、どんな部分が汚れやすいかを知り、正しい方法で定期的に掃除しましょう。たとえば、ノズルや便座の裏などに汚れが残りやすいので注意してください。なお、ウォシュレットの掃除は、プロのハウスクリーニング業者に依頼することもできます。隅々までキレイにしてもらえ、次回からの掃除がグンと楽になるので検討してみるといいでしょう。