正しい頭皮のフケ対策とNG行為を紹介! 病院を受診すべきケースは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「頭皮のフケが気になる」とお困りではありませんか? 乾燥する季節になると特に気になってくることが多いフケですが「頭を洗っていないからフケが出る」と、間違った解釈をしている人もいるでしょう。フケが出たからといって念入りに頭を洗うと逆効果になることもあるため、注意が必要です。

この記事では、フケが出る原因や正しい頭皮ケアの方法・病院を受診すべきケースなどを詳しくご紹介しましょう。

  1. フケが出る原因は?
  2. やってはいけない頭皮ケアを紹介
  3. 頭皮の正しいフケ対策
  4. こんなときは受診しよう
  5. 頭皮のフケ対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、フケが出たときのシャンプー方法やフケを予防するポイントなどが分かるはずです。


1.フケが出る原因は?

まずは、フケが出る原因として考えられているものをご紹介しましょう。

1-1.フケの種類によって原因が異なる

フケには、ベトベトした脂性フケとカサカサした乾性フケの2種類があります。種類によって発生原因が異なるため、まずは自分のフケがどちらのタイプなのかを見極める必要があるでしょう。脂性フケは頭皮の皮脂が過剰分泌すること、逆に、乾性フケは頭皮が乾燥することに原因があります。特に、空気が乾燥する季節になると出やすいのが乾性フケです。

1-2.頭の洗い方やシャンプーの選び方に問題がある場合も

フケが出る原因の一つに、頭の洗い方やシャンプーの選び方があります。強く洗いすぎる・シャンプーをしっかり洗い流しきれていないなど、正しい洗い方ができていないとフケが出やすくなるのです。シャンプーの選び方については、洗浄力が強すぎるものを選ぶと必要な皮脂まで洗い流されてしまい、頭皮が乾燥してフケが出やすくなります。

1-3.食生活の乱れや睡眠不足も原因

食生活の乱れや睡眠不足も、フケの原因になる場合があります。フケが発生しやすいのは、頭皮のターンオーバーが乱れたときです。特に、ビタミンB群には頭皮のターンオーバーを促す作用があるため、不足するとフケが出やすくなります。また、睡眠不足が続いて体が血行不良を起こすと、新陳代謝が低下して頭皮のターンオーバーが乱れやすくなるのです。

2.やってはいけない頭皮ケアを紹介

フケ対策のための頭皮ケアとしてやってはいけないものをご紹介しましょう。

2-1.1日に何度も頭を洗う

フケが気になるからといって1日に何度も頭を洗うのはやめましょう。頭皮の皮脂が必要以上に取り除かれてしまい、頭皮が乾燥する原因になります。頭皮の潤いをできるだけ保つために、シャンプーは1日1回までにしなければなりません。

2-2.爪を立てて洗う

フケを取り除くために爪を立てて頭を洗う人も多いでしょう。しかし、この行為は逆効果です。爪を立てて洗ったことで頭皮に傷がつき、そこから雑菌が侵入してしまう恐れがあります。頭皮の状態が悪化するだけでなく、感染症を引き起こす原因にもなるため、注意してください。

2-3.髪の毛が濡れたまま放置する

「ドライヤーをかけると髪の毛が傷む」と思っている人も多いでしょう。シャンプーした後の髪の毛を自然乾燥するのは、間違った頭皮ケアです。髪の毛や頭皮を濡(ぬ)れたままの状態で長時間放置すると、雑菌が繁殖してフケが発生しやすくなります。

3.頭皮の正しいフケ対策

フケ対策のためには、頭皮を正しくケアする必要があります。正しいフケ対策をご紹介しましょう。

3-1.正しいシャンプーの仕方を知る

フケ対策として最も重要になるのが、シャンプーの仕方です。正しいシャンプーの手順をご紹介しましょう。

  1. シャンプーの前に、1~2分お湯で洗い流す
  2. シャンプーを十分に泡立て、指の腹で頭皮をやさしくもみ洗いする
  3. 入念にシャンプーを洗い流す
  4. タオルドライ後、しっかりとドライヤーで乾かす

3-2.低刺激のシャンプーや保湿効果のあるシャンプーを選ぶ

シャンプーは、できるだけ洗浄力が強すぎないものや、保湿効果があるものを選ぶようにしましょう。おすすめなのは、アミノ酸系シャンプーや石けんシャンプーなどです。また、かゆみを伴う場合は、有効成分が配合された薬用シャンプーを使ってみるのもよいでしょう。

3-3.食事と睡眠に気を使う

栄養バランスのよい食事と良質な睡眠をとるように心がけることも大切です。頭皮と髪の毛の健康を保つためには、ビタミンB群だけでなく、ミネラル類やたんぱく質などもバランスよく摂取する必要があります。脂っこい食事のとりすぎには注意しましょう。また、睡眠の質をよくするために、就寝の2~3時間前にゆっくり湯船につかる・日中適度な運動をするなど、意識して生活することをおすすめします。

4.こんなときは受診しよう

フケの悩みで病院を受診すべきなのは、以下のようなケースです。

4-1.何を試してもフケが改善されない

シャンプーの仕方や生活習慣を改善してもフケが出るのを抑えられない場合は、皮膚科への受診をおすすめします。フケの原因が何なのかを突き止め、適切に対処する必要があるでしょう。乾癬(かんせん)や頭部白癬(はくせん)などの病気が原因の可能性もあります。その場合は薬での治療が必要になるため、早めに受診しましょう。

4-2.かゆみが伴う

かゆみが伴う場合は、脂漏性皮膚炎の可能性も考えられるでしょう。掻(か)いた部分が傷になって雑菌が侵入し、炎症が起こることもあります。皮膚科を受診すれば、炎症を抑えるための外用薬や、抗ヒスタミン剤・ビタミン剤などの内服液が処方されるはずです。炎症がひどくなる前に受診することをおすすめします。

5.頭皮のフケ対策に関するよくある質問

「頭皮のフケ対策について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.シャンプーをするときのお湯の温度は、何度くらいにすればよいでしょうか?
A.お湯の温度が高すぎると必要な皮脂まで落としてしまうことになるため、39℃以下のぬるめの温度に設定するのがおすすめです。

Q.そもそも、フケとは何なのでしょうか?
A.古くなった頭皮の角質がはがれ落ちたものです。通常のターンオーバーでもフケは発生しますが、ごく小さいため、頭を洗ったときに取り除かれます。ターンオーバーが崩れたときに大量の角質がはがれ落ち、フケが目立つようになるのです。

Q.ストレスがたまるとフケが出やすくなるというのは本当でしょうか?
A.はい。ストレスによって交感神経が緊張し、血管が収縮します。そのため、頭皮に十分な栄養が行き届かなくなり、新陳代謝が正常な状態ではなくなるのです。

Q.頭皮の乾燥がひどく、シャンプーを変えただけではなかなか改善されません。何か方法はないでしょうか?
A.頭皮用の保湿ローションを使ってみることをおすすめします。

Q.フケを伴う皮膚病にはどのようなものがあるのでしょうか?
A.半分以上が脂漏性皮膚炎ですが、そのほかにも、乾燥性湿疹(しっしん)やアトピー性皮膚炎・接触皮膚炎・乾癬(かんせん)などがあります。

まとめ

フケが出る原因や正しいフケ対策などを詳しくご紹介しました。「毎日シャンプーしているのにフケがひどい」という場合は、シャンプーの仕方が間違っている可能性が高いでしょう。フケの原因には生活習慣も関係してくるため、まずは何が原因かを知ることが大切です。ぜひこの記事を参考に、フケの悩みを解決してください。