難しくない!パパでもできる、赤ちゃんの上手なお風呂の入れ方!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

赤ちゃんをお風呂に入れたことありますか?お風呂に入れるのはパパの仕事!というご家庭も少なくはないでしょう。しかし、新生児は特にですが、あんなに小さな赤ちゃんをお風呂に入れるのは怖いですよね。しかし、誰でもポイントさえおさえれば、難しいことはありません。今日からでも上手に赤ちゃんをお風呂に入れられます。

  1. 赤ちゃんのお風呂に関するいろいろ
  2. 上手にお風呂に入れるためには
  3. 気をつけるべき注意点

1.赤ちゃんのお風呂に関するいろいろ

赤ちゃんのお風呂のことを「沐(もく)浴」といいます。というのも、新生児は体をゴシゴシとは洗いません。ベビーバスを使って、ためたお湯の中で優しく汚れを落とします。生後1か月頃までは、抵抗力が少ないため大人と一緒には入りません。

1-1.お風呂の必要性

赤ちゃんは毎日お風呂に入ります。真冬など寒い時期には、風邪をひかせないかと心配ですね。毎日入れなくても・・・という人もいますが、基本的には毎日必ず入れてあげましょう。
その理由は、赤ちゃんはデリケートで汗かきだからです。パッと見て汗をかいていなさそうでも、実はたくさん汗をかいています。新陳代謝も活発なため、体に汚れがたまりやすいのです。
しかし、どうしても赤ちゃんがぐずるなど、ママがつらいようでしたら1日くらいは入らなくても大丈夫。そんなときには、軽く体を拭いてあげ、着替えをさせましょう。

1-2.沐(もく)浴に必要なもの

実際に赤ちゃんをお風呂に入れるために必要なものをあげます。各家庭に合わせたものを選びましょう。

  • ベビーバス(シンク専用もあり、快適な場所で使えるものを選びましょう)
  • 温度計
  • ガーゼ(体を優しく洗うために、ガーゼがベストです)
  • ベビーソープ
  • 洗面器(差し湯やあがり湯のとき、あると便利です)
  • 沐(もく)浴剤(石鹸(せっけん)を使わなくても汚れが落とせます。すすぎ不要で、あると便利です)
12