水道代を節約したい方必見!!本当に効果のある節水方法は何!?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

毎日の生活に欠かせない水。
しかし、水もただではありません。
何とかして水道代を節約したいという方も多いでしょう。
節水の方法もたくさん紹介されています。
しかし、節水は方法を間違えると効果のないばかりか、逆に思わぬ出費の原因になったりもするでしょう。
今回は、効率よく水道代を節約する方法をご紹介します。

  1. 水道代の基礎知識
  2. 本当に効果のある節水方法とは?
  3. 次世代型給湯器とは?
  4. 節水にかんするよくある質問

水道を使う時間をちまちま短くしたり、こまめに蛇口をしめたりするより器具を変えた方が大幅に節約になる場合もあるでしょう。
この記事を読めば、水道代を節約する意外な方法も分かりますよ。
できるだけ節水をしたいと考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.水道代の基礎知識

節水の方法をご紹介する前に、まずは水道代の内訳や平均価格などをご紹介します。
毎月何気なく払っている水道代ですが、どのように設定されているのでしょうか?

1-1.水道代の内訳

水道代は、上水道と下水道料金の2種類があります。
今はほとんどのご家庭がこの2つの料金を合わせたものを支払っているでしょう。
また、水道代は基礎料金と従量料金があります。
基礎料金はメーター口径によって変わり一定なのに対し、従量料金は使用した分だけ上がっていくでしょう。
なお、基礎料金が高いほど、1平米当たりの料金も高くなっていくのです。

1-2.水道代の計算方法

1か月の水道代は基礎料金と従量料金を足し、さらに上水道と下水道の合計で計算されます。
多くの地域で水道料金は2か月に1度の請求になっていますから、1か月分の料金は、請求額の2分の1になるのです。
水道料金は自治体によって変わります。
東京都の場合は1リットル当たり0.24円で計算するのが一般的です。
ほかの自治体もおおよそ0.2円~0.4円までに収まるでしょう。
水道を使う器具は1回当たり何リットル使用するという目安が出ています。
ですから、1回当たりの使用量を知りたい場合は、この数値で計算してください。

1-3.水道代金の平均はどのくらい?

1か月の水道代の平均は、1人暮らしの場合は2100円、3人暮らしで5250円、6人以上で8500円だそうです。
こうして比べてみると、1人当たり1か月に約2000円の水道代がかかるのが分かりますね。
これはあくまでも目安ですが、あまりにもオーバーしている場合は、一度水道の使い方を見直してみましょう。

1-4.いなかの方が水道代は高額って本当?

水道代は、自治体によって異なります。
しかし、都市部よりも地方都市の方が高値の傾向があるのです。
これは、水道設備の維持費と関係しています。
水道は水道管を通して浄水場から各家庭へひかれているのです。
この設備は定期的に交換しなければなりません。
その費用も水道料金に上乗せされています。
地方は都市部よりも人口が少なく、1人当たりの割り当ても多くなる傾向にあるのです。
そのため、過疎が進む地域ほど水道料金は高くなりがちになります。

2.本当に効果のある節水方法とは?

この項では、本当に効果のある節水方法をご紹介します。
いったいどのような方法が効果的なのでしょうか?

2-1.どうすれば水道代が安くなるのか?

水道代を安くする方法は、大きく分けて2つあります。
ひとつは、水道の使用量そのものを少なくする方法。
そしてもうひとつが、水を使用する器具を節水仕様にする方法です。
節水シャワーヘッドや節水コマなどがその代表例でしょう。
また、トイレや給湯器などは新しいものほど水道使用量は少なくなっています。
そのため、これらを交換することも、立派な節水になるのです。
特に、トイレの節水はバカにできない料金になっています。

2-2.水道代を節約するメリットとは?

水道代は、電気やガスに比べると使った量が目に見えやすいのです。
また、ちょっとした工夫で節約できるので、ストレスもたまりにくいでしょう。
子どもとともに行えば、環境について学ぶよい機会にもなります。
また、水を大切にする習慣が身についていると、いざというときにも役に立つでしょう。
もちろん、お金も節約できます。

2-3.水の使い過ぎを防ぐ方法とは?

水の節約方法で最も簡単なのは、水道の使用量そのものを抑えることです。
たとえば、歯を磨くときに水を出しっぱなしにしないだけでも、水が節約できるでしょう。
また、シャワーを浴びる時間を1分短くしただけでも、節水が期待できます。
さらに、水の再利用や使いまわしも効果的でしょう。
お風呂の残り湯で洗濯をする、などがその一例です。
今は、お風呂の残り湯の雑菌を防ぐ薬剤なども販売されていますので、使ってみるとよいでしょう。
また、ガーデニングが趣味という方は、お風呂の残り湯を水やりに利用するという方法もあります。
さらに、トイレを流すときに大小を使い分けても節水になるのです。
ただし、ペットボトルをトイレのタンクなどに入れるのは節水効果として期待できません。
それどころか、タンクの故障の原因にもなるでしょう。

2-4.節水グッズいろいろ

前述したように、節水コマや節水シャワーヘッドなど節水グッズはいろいろと出ています。
節水グッズのメリットは、意識しなくても水の使用量が減らせるということ。
たとえば、節水コマをつけた蛇口からは、勢いよく水が出なくなります。
ただし、すべての水道を節水仕様にしてしまうと、たとえば「勢いよく水を使いたい」という場合は困ってしまうでしょう。
ですから、水流が弱くても大丈夫な場所だけ取りつけてください。
また、節水グッズを使うには、家族の理解も大切です。

2-5.節水トイレや給湯器について

家の中で最も水を使う器具といえば、トイレと給湯器でしょう。
トイレは用を足す度に水を使って流します。給湯器はガスや電気を熱源としてお湯を沸かして必要な場所へ給湯する機器です。
ここ20年ほどの間に、トイレで使われる水は減り続けています。
節水トイレの場合は、従来のトイレよりかなり少ない水で流せるでしょう。
家族が多く1日に何度もトイレを使うというご家庭や商業施設などは、節水トイレの導入が最も効率的な節水方法になるかもしれません。
給湯器も同様です。古い給湯器は水漏れを起こしやすくなります。
水漏れが起これば、それだけ水道料金がはね上がるでしょう。
何もしていないのに急に水道料金が上がったという場合は、給湯器の故障を疑ってください。
もし、給湯器の故障で水が漏れていた場合は、申請すればその分の水道料金が戻ってくるはずです。

2-6.節水は心の余裕が大切

節水は、余裕を持って行うことが大切です。
水の料金は1リットル1円未満。無駄遣いはよくありませんが、わずか数秒のむだ使いに目を光らせているようでは、長続きしません。
また、前述したようにペットボトルに水を入れてお風呂やトイレタンクに入れておく節水方法は、浴槽やタンクを痛める恐れがあります。
肩の力を抜いて、楽しんで節約を続けられるようにしましょう。
また、いくら節約になるからといって公園などの水道を勝手に使ってはいけません。

3.次世代型給湯器とは?

この項では、光熱費を抑える次世代型給湯器についてご紹介します。
従来型の給湯器と何が違うのでしょうか?

3-1.次世代型給湯器とはどんな給湯器?

次世代型給湯器とは、エコジョーズ、エコキュート、エネファームなど電気やガス以外に排ガスなどを利用してお湯を沸かす給湯器です。
エコジョーズはガスが燃料、エコキュートは電気が燃料になりますが排熱を利用する点では共通しています。
エネファームはガスでお湯を沸かしながら発生した水素で電気を作るという給湯器と発電機が一緒になった、最も新しいタイプの給湯器です。

3-2.給湯器の仕組みと節水できる金額

次世代型給湯器は、本来は捨ててしまうはずだった排熱を利用してお湯を沸かします。
ですから、光熱費が節約できるのと同時に床暖房などにも給湯器を利用できるのです。
効率的にお湯が沸かせれば、節水にもなるでしょう。
どのくらい節水できるのかはそれまでのお湯の使用量によっても異なりますが、年間にして2~3000円の節約になることが多いようです。

3-3.次世代型給湯器の種類

次世代型給湯器は、排熱を利用してお湯を沸かす種類として、エコキュート、エコジョーズがあります。
特に、エコキュートは貯湯機能がついていますからより節水効果があるでしょう。
エコキュートは貯湯タンクが必要な分値段が高く、工事費用を含めて45万円~75万円程度。
エコジョーズは貯湯タンクが必要ないので、20万~40万円です。
ただし、エコジョーズは使う度にお湯を沸かすので、エコキュートよりは節水効果が薄いでしょう。
エネファームの場合は50万円~75万円ほどします。
やはり最新型の発電機能を備えた給湯器は設置費用も安くはありません。
ただし、自治体から補助金が出たり電気料金やガス料金がお得になるプランに加入できたりします。

3-5.次世代型給湯器の導入方法と注意点

次世代型給湯器は、従来型の給湯器に比べると設備が大きいです。
特に、お湯をためる貯湯タンクが必要なエコキュートは、給湯器を設置する場所が広めに必要になるでしょう。
また、特別な配線工事が必要なこともあります。
そのため、ガス会社や電力会社の直営ショップや、信頼できる住宅設備機器会社に工事を依頼しましょう。
大がかりな工事になるので、家のリフォームをする際に一緒に頼む、というケースも少なくありません。
また、マンションは給湯器の型が決まっているので、導入が難しいケースもあるのです。

4.節水にかんするよくある質問

Q.がんばって節約しても、これ以上水道料金が下がらない。どうしてですか?

A.基礎料金の範囲内ですと、それ以上下がりません。

Q.次世代型給湯器を導入したいのですが、明らかな節水効果は期待できますか?

A.節水効果は貯湯式のエコキュートが最も高いでしょう。
貯湯式とは電気料金が安い深夜にお湯を沸かし、タンクにためておく方法です。
ですから、一度に沸かすお湯の量は決まっていて、それ以上の水道料はかかりません。
そのほかは沸かす度にお湯を使います。
ただし、光熱費は明らかに安くなるでしょう。

Q.お風呂はシャワーにした方が節水できますか?

A.2人までならシャワーの方が安いようですが、それ以上家族がいる場合は浴槽にお湯をためるのとそう変わりません。
寒い冬などはシャワーを使う時間が長くなりますので、浴槽にお湯をためた方がよい場合もあります。

Q.節水コマ、節水シャワーヘッドは自分で取りつけられるでしょうか?

A.はい、簡単に取りつけられます。

Q.水道料金が安い時間帯はあるのでしょうか?

A.電気やガスと違い、水道料金は24時間同じ値段です。

まとめ

いかがでしたか?今回は水道代を節約する方法についていろいろとご紹介しました。
数百円の節約ならば、水道の使い方を見直すだけでも大丈夫でしょう。
しかし、それ以上の節水をしたい場合は、トイレや給湯器を見直した方がよい場合も多いのです。
特に、次世代型給湯器を導入すると光熱費の節約費にもなるでしょう。