メガネの正しい洗い方とは?皮脂や化粧品汚れには中性洗剤が効果的

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

メガネは、自己流のお手入れ方法では思わぬトラブルが起きてしまいます。
触っていないのにレンズが汚れてしまう・拭いてもなかなかきれいにならない・キズがついてしまったなどの悩みが多いものです。
メガネは、フレームとレンズを加工した繊細なもの。お手入れも慎重に行わなければ、歪(ゆが)みやキズが発生する原因にもつながります。メガネが長持ちするためにも、正しいお手入れ方法を知っておくことが大切でしょう。
今回は、メガネの汚れやお手入れ方法についてご紹介します。また、お手入れのときに注意すべきことなども知っておくようにしてください。

  1. メガネの汚れとは? 
  2. レンズの洗い方
  3. フレームの洗い方
  4. メガネをお手入れで注意すべきこと
  5. まとめ

1.メガネの汚れとは?

いつの間にか汚れが付着してしまうメガネ。汚れの原因となっているのはどのようなものなのでしょうか?汚れをそのまま放置しておくと、視界も悪くなってしまいます。汚れの性質を知り、お手入れの参考にしてみてください。

1-1.ほこりや花粉

レンズに付着しやすいのは、空気中に浮遊しているほこりや花粉などハウスダストです。ハウスダストは比較的落としやすい汚れですが、目に見えない汚れでもあります。ハウスダストが付着した状態で乾(から)拭きし、レンズにキズがついてしまうこともあるので注意してください。

1-2.化粧品

化粧品など油分を含むものが付着すると、フレームの変形を引き起こすことがあります。レンズの曇りが発生することもあり、通常の洗い方では落としにくい汚れです。 

1-3.汗・涙・皮脂

人間の体には無数の汗腺があります。メガネのフレームは耳の後ろで皮脂や汗が付着しやすく、頑固な汚れになることも少なくありません。メガネをかけていて、自然と滑り落ちるのが気になることもあるはずです。皮脂や汗などが原因になっていることもあるでしょう。
また、レンズに涙が付着し、シミのような汚れが残ることもあります。

12